TechTargetジャパン

製品資料
機密データや動画ストリーミングの共有もオンラインストレージが支える
 オンラインストレージの普及に伴い、「社外秘文書や業務マニュアル、研修・教育動画といったファイルを実際に相手へ渡さずに、その内容の共有や配信を行えないか」という新たなニーズが生まれている。 企業間のファイル共有が進むにつれて、安全性への配慮は一層欠かせ...(2016/3/1 提供:日本ワムネット株式会社)

事例
アクセス集中による応答時間の遅延を解消、拡張性と運用コスト削減を両立するサーバ選び
 香港を拠点に展開するSLLIN Consultantsが提供する音楽ストリーミングアプリ「Hands in the Air(HITA)」は、x86サーバ上のLinux環境で運用されていた。しかし、同時接続ユーザーが300を超えるとシステムが対応できなくなり、許容できないレベルまで応答時間が長くなる...(2016/3/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
IoTの次なる活用法――データストリームのリアルタイム分析とは?
 センサーの小型化とワイヤレスなどコミュニケーション機能の向上により、IoTの普及はさらに進んだ。現在、多くの企業は、センサーから送られたデータを蓄積してから分析することに重きを置いているが、今後はデータを保存する以前のデータストリームを分析することが重...(2016/4/25 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
ネットワークパフォーマンスの問題を解決する「5つのポイント」
 ネットワークパフォーマンス管理で重要になるのは、アプリケーションごとの利用状況の可視化が十分にできるかどうかである。どのアプリケーションが、どこで、誰に使われ、どのネットワークが、どの程度利用されているかといった、全体的な傾向を把握できなければ、パフ...(2016/6/10 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月7日号:ネットワークスローダウンの処方箋
 Computer Weekly日本語版 10月7日号は、以下の記事で構成されています。■真の狙いは? Googleが保有特許を無償譲渡するプログラムを開始 Googleが、保有する特許をテクノロジー企業50社に無償譲渡すると発表。この大盤振る舞いにはもちろん裏がある。Googleの真の目...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

技術文書
IoT を支えるエッジコンピューティングとNFVインフラストラクチャとは
 Internet of Thingsは確実にやってきます。そしてそれをビジネスに活用することで優位性を保つことが必要になるでしょう。これまで考えもしなかったようなパートナーとのコラボレーションとセキュアなデータやインフラストラクチャーの活用がIoTの実現には必要となるの...(2016/5/30 提供:レッドハット株式会社)

講演資料
Windows 10への移行を機に考えるPC環境の運用管理――3つの更新オプションの使い方
 マイクロソフトが2016年3月に発表した、Skylake搭載デバイスの「Windows 7/8.1」サポートポリシーの変更で、2017年7月17日のサポート終了予定が2018年7月17日まで延長された。この発表にほっと胸をなで下ろしたIT担当者も多かったはずだ。しかし、「Windows 10」への移...(2016/4/25 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月25日号:ビジネス化するランサムウェア
 Computer Weekly日本語版 5月25日号は、以下の記事で構成されています。■ランサムウェアにファイルを暗号化されてしまった2つの組織の分かれ道■「Windowsの操作に最も便利なPowerShell」製ランサムウェアの脅威■1150万文書から関係性を洗い出せ――「パナマ文書」解...(2016/5/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「IBM Watson IoT Platform」で実現するコグニティブコンピューティングの開発とは?
 コグニティブ(認知的)テクノロジー「IBM Watson」でIoTのデータを解析する「IBM Watson IoT Platform」は、機械学習、自然言語処理、テキスト解析、画像および動画の解析という4つのAPIと関連サービスを提供する。コグニティブコンピューティングシステムは膨大なデー...(2016/5/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
取引先への大容量ファイル転送や拠点間のデータ同期、ファイル転送の悩みを解決
 あらゆるデータが大容量化する中、長引くファイル転送時間が業務停滞やコスト増大の原因となりつつある。拠点や取引先との大容量ファイル転送、ドライバやファームウェアの配布、災害対策といったシーンで、転送時間の短縮、ネットワークの信頼性向上などの課題解決が急...(2016/4/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
“IoT懐疑論”を吹き飛ばすリアルな成功事例、鍵は予測分析
 「モノのインターネット」(IoT)は最もホットな技術領域の1つで、産業分野でも工程を合理化し、競争力を向上するために、IoT技術とデータ分析を活用する動きが活発になってきている。コンセプトが優先されて実用性を疑問視する向きもあるIoTだが産業分野ではIoTのメリ...(2016/2/12 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
センサ計測がわかる!センサの理論や選び方、センサ計測のノウハウ
 IoT(モノのインターネット)の実現へ向け、さまざまな装置・機器にセンサが取り付けられ、ますますニーズが増えているセンサ計測。本資料では、温度、歪み・負荷・応力、圧力、音響/振動などのセンサ計測について、基本的な理論から、適切なセンサの選び方、計測システ...(2015/11/27 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
VM約500台のデータ保護は何分でできる? 仮想マシンのバックアップ高速化対策
 仮想環境に移行したデータセンターでは、バックアップ、アーカイブ、レポーティングといった一連のデータ保護をより効率的に行う必要がある。組織内のデータ活用を進めるためには、仮想環境下でも多くのデータを短時間に移動することが求められるからだ。 従来のコンピ...(2016/4/21 提供:CommVault Systems Japan)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月20日号:多くの企業がやっているセキュリティミステイク
 Computer Weekly日本語版 4月20日号は、以下の記事で構成されています。■世界24カ国の上級管理職1140人に聞いた、サーバ仮想化の現実■誰がどの場面で使うのか? ユースケースで生まれ変わるデスクトップPC■グラフ型DB「Neo4j」によるレコメンデーションエンジン開...(2016/4/20 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
IoTから価値を導くための分析プラットフォームと、支える技術
 IoTでは、分析以前にデータの準備が肝心だ。例えば、銀行の顧客分析の場合、職業・年齢など個人の属性だけでなく、世帯構成員の収入・資産や相続関係も含めて立体的に分析できる情報が重要となる。こうしたデータ準備(Data Preparation)の段階では、その関係性や意味...(2015/12/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
デジタルエクスペリエンスのチャンスは1度きり、ユーザーを振り向かせる7つのヒント
 Webサイトやその関連サービスで不愉快な思いをしたユーザーは、再びその企業のサイトを利用することはない。この「不愉快な思い」というのは、明確にトラブルとなったものだけでなく、「使いづらい」「分かりにくい」「コンテンツに魅力がない」などの定性的な評価も含...(2016/2/1 提供:タクトシステムズ株式会社)

技術文書
Windows 10移行戦略ガイド
 Windows 10の登場によって、Microsoftのビジネスモデルと企業のデスクトップ戦略は大きく変わった。企業はこの新しいOSにどうアプローチするべきなのか? Windows 10時代のデスクトップ戦略、管理方法、そしてユーザー用アプリケーションの展開方法を大きく変える企業...(2016/1/27 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
実導入事例で判明、10年先も使い続けることができる「SDSの条件」
 ストレージに格納されたデータの管理が、なぜビジネスに大きく影響するのか。それは、増え続けるデータ量とそれらに必要なハードウェアの増加スピードが、ITスタッフの増員スピードを大幅に上回るからだ。このまま放置していると、環境がレガシーかクラウドかを問わず...(2015/12/18 提供:ファルコンストア・ジャパン株式会社)

事例
IoTの普及をリードする「オンライン状態監視」- 予期せぬ設備障害を防ぎ、ビジネス機会の損失を無くす
 重要設備の稼働停止によるビジネス機会の損失を防ぐために、設備保全は極めて重要である。一方、保全作業の大半は定期巡回による計測作業であることから、保全コスト削減の妨げになっている。その解決策が、IoTの概念をベースにした「オンライン状態監視」であり、いち...(2015/12/15 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

事例
大手通信サービス会社がコンテンツ配信基盤を刷新、その背景と効果を探る
 クラウドへの移行が進むにつれ、仮想技術の利用による効率的なITインフラの構築は、企業の事業運営において不可欠なものとなりつつある。一方、サーバ仮想化は進んだものの、ネットワークの仮想化はこれからだという企業は多い。 本ホワイトペーパーは、大手通信サービ...(2015/12/3 提供:シスコシステムズ合同会社)

講演資料
ものづくりの現場で生かすアナリティクス、4つの事例からひも解く
 製造業のビッグデータ活用を取り巻く背景には、送電網、交通、都市管制、天然資源、工場設備、交通機関、自動車、建機、船舶などのインテリジェント化がある。これらの機器から発信される膨大なデータを、センサーやメーターを介して取り込み、解析し、その結果を可視化...(2015/12/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ビッグデータ分析を強化する新たなプラットフォーム、もう1つの選択肢とは?
 ビッグデータ活用の最も大事なポイントは、膨大なデータからいかにして「価値」ある洞察、戦略や目標を見いだすかにある。住所や年齢、性別などの「構造化された」データだけでなく、電子メールやWebトラフィック、ソーシャルメディアやブログのフィードといった「非構...(2015/11/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
そのモバイル開発体制は大丈夫? モバイルアプリ開発のアプローチを再確認
 2017年までに顧客対応向けのアプリケーションは、100%モバイルファーストで開発されるという予測もある。ビジネスのスピード感が増し、IoT(Internet of Things)環境が進む中、必要なときに素早く情報にアクセスし、その場で簡単にデータや情報を確認したり、入力でき...(2015/12/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
必読書:最適な計測システムを構築するために(入門編)
今日の市場には、あらゆる自然現象の計測に向けた多種多様なセンサが出回っています。温度計測センサのなかで一般的なものとしては、熱電対、サーミスタ、RTD(Resistance Temperature Detectors:測温抵抗体)があげられます。さらに、これらのセンサより少し特殊である...(2014/10/1 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
CATV業界におけるシェア拡大の鍵を握る「PONを使ったMSOネットワークの再構築」
 複数のケーブルテレビ局を統括運営するMSO事業者にとって、FTTHなどの光ファイバーによるネットワーク再構築は、コストであると同時に、新たなビジネスチャンスを生み出す大きなカギとなる。なぜなら、従来のホームユーザーに対して、より高速で大容量のサービスを提供...(2015/11/18 提供:日本アルカテル・ルーセント株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly Webサイトにつきつけられる再生可能エネルギー問題
 環境保護団体グリーンピースは毎年、各種サービスプロバイダーの再生可能エネルギー導入状況を監視してリポートを発表している。ユーザーは、サービスの選定条件にサービスプロバイダーの環境保護への取り組みを取り入れるべきなのか? 本PDFは以下の3つの記事で構成さ...(2015/11/11 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
中国ネット事情は別世界、水先案内人となるネットワークパートナーを見つける条件
 中国は巨大な成長市場であり、ネットビジネスを展開しようというライバル企業も多い。しかし中国には、独特の留意しておくべきポイントが多数ある。中国本土のネットワークは広大な国土のためにもともと脆弱な面があり、さらに当局が全土でネットコンテンツを監視、場合...(2015/11/4 提供:株式会社シーディーネットワークス・ジャパン)

製品資料
メール添付できない大容量データの正しい取り扱い方
 取引先とファイルをやりとりする場合、データが大容量だとメール添付が制限されることがある。その際、Web上にある無料のファイル転送サービスを使うのが手軽で便利なのだが、やはりセキュリティが気になる。機密情報や個人情報であれば、万が一のことがあってはならな...(2015/10/9 提供:富士フイルムイメージングシステムズ株式会社)

技術文書
3D製品定義データの取り込みと再利用を可能にする「JTフォーマット」とは?
 3D製品情報の可視化を軽量なデータフォーマットで提供できるJTフォーマットが国際標準化機構(ISO)に承認された。 このJTフォーマットとは一体どういうもので、どういう仕様なのか。本連載ではJTフォーマットの仕様や開発の狙い、定義や構造などを取り上げる。(1) JT...(2015/8/31 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
システム担当者として今こそ知っておきたい、CDNサービスの比較ポイント(2015年版)
 CDN(Content Delivery Network)は、その登場から15年がたち、今では多くの企業が利用している。Webサーバの高速化およびピーク対策がWebを通じたビジネスの進展に大きく影響することが明白だからだ。しかし、15年前と現在ではインターネットを取り巻く環境は大きく変...(2015/6/17 提供:株式会社Jストリーム)

Loading