TechTargetジャパン

製品資料
機密データや動画ストリーミングの共有もオンラインストレージが支える
 オンラインストレージの普及に伴い、「社外秘文書や業務マニュアル、研修・教育動画といったファイルを実際に相手へ渡さずに、その内容の共有や配信を行えないか」という新たなニーズが生まれている。 企業間のファイル共有が進むにつれて、安全性への配慮は一層欠かせ...(2016/3/1 提供:日本ワムネット株式会社)

レポート
「UEFA EURO 2016」の裏舞台、ネットワーク史上最大規模のDDoS攻撃の行方は?
 国際的なサッカーイベントとしては、FIFA World Cup 2014に次ぐ規模で開催されたUEFA EURO 2016。そのストリーミング配信は、1000万人超のユニークビジターが視聴し、合計トラフィックは148.1PBにも及んだ。 これはライブストリーミングコンテンツの1万7234年分の量に...(2016/10/3 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

技術文書
計測システムを構築するための完全ガイド 〜10の選定ポイント〜
最適な計測システムを構築するためには、その目的に応じた最適なツールを組み合わせる必要がある。本資料「計測システムを構築するための完全ガイド」では、それぞれのツールについて「10の選定ポイント」としてまとめた。【10の選定ポイント】・センサ・DAQデバイス・バ...(2016/12/8 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

事例
アクセス集中による応答時間の遅延を解消、拡張性と運用コスト削減を両立するサーバ選び
 香港を拠点に展開するSLLIN Consultantsが提供する音楽ストリーミングアプリ「Hands in the Air(HITA)」は、x86サーバ上のLinux環境で運用されていた。しかし、同時接続ユーザーが300を超えるとシステムが対応できなくなり、許容できないレベルまで応答時間が長くなる...(2016/3/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
脅威検知を迅速化、セキュリティ分析のための「コールドストレージ」構築法
 サイバー犯罪は頻度と巧妙化の両面で成長を続け、脅威への対応の遅れが招く被害も年を追うごとに増大している。そのため、これらのリスクを最小化するセキュリティ対策には、「自動化」と「リアルタイム性」が要求されるようになった。 そこで、ルーター、スイッチ、We...(2016/8/31 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
IoTの次なる活用法――データストリームのリアルタイム分析とは?
 センサーの小型化とワイヤレスなどコミュニケーション機能の向上により、IoTの普及はさらに進んだ。現在、多くの企業は、センサーから送られたデータを蓄積してから分析することに重きを置いているが、今後はデータを保存する以前のデータストリームを分析することが重...(2016/11/30 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
顧客に読まれる製品・サービス資料の作り方――既存コンテンツも丸ごと活用
 現在の多様化が進んだ市場では、自社の製品やサービスを素早く、効果的に顧客に伝えることがビジネス成功の鍵となる。そのため、電子カタログなどの活用が進んでいるが、十分なノウハウがないことから、自社サイトでPDF資料を配布する程度にとどまる企業も多い。 しか...(2016/10/11 提供:株式会社電算)

技術文書
センサ計測の基本をしっかり押さえて、IoTに貢献を。【センサ計測の基本─エンジニアのツールボックス】
 本資料では、IoTに欠かせないセンサ計測について、NIのSC Expressや9219をはじめとするハードウェアや、LabVIEWソフトウェアを使った計測・解析方法を紹介しています。【温度計測】熱電対の正しい理解や計測時の考慮すべき項目、RTDやサーミスタの計測について解説して...(2016/12/12 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由――ビッグデータ分析に向けた基本戦略
 ビッグデータ時代の分析モデルとして、多くの企業でデータ主導型ビジネスへの移行が進んでいる。この流れの中、ビッグデータ処理に最適な分析基盤として「Apache Hadoop」が注目されているが、そのオンプレミス導入には技術的・経済的に大きな負担が伴う。 特に社内で...(2017/1/19 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

技術文書
読込時間を大幅短縮、HTTP/2活用の基礎知識――ECC対応版サーバ証明書はこう使う
 Webブラウジングを高速化するプロトコルとして、HTTP/2が脚光を浴びている。Webサイトの運営者は、ユーザーに快適な閲覧環境を提供でき、特にECサイトなどでは訪問者の離脱防止効果が期待できる他、リピーターの獲得にも期待が高まる。 Webブラウザとサーバの両方で対...(2017/1/17 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

講演資料
IoTから価値を導くための分析プラットフォームと、支える技術
 IoTでは、分析以前にデータの準備が肝心だ。例えば、銀行の顧客分析の場合、職業・年齢など個人の属性だけでなく、世帯構成員の収入・資産や相続関係も含めて立体的に分析できる情報が重要となる。こうしたデータ準備(Data Preparation)の段階では、その関係性や意味...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
なぜネットワークは遅延するのか? 確認すべき5つのポイント
 ネットワークパフォーマンス管理で重要になるのは、アプリケーションごとの利用状況の可視化が十分にできるかどうかである。どのアプリケーションが、どこで、誰に使われ、どのネットワークが、どの程度利用されているかといった、全体的な傾向を把握できなければ、パフ...(2016/12/19 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

レポート
データおよび分析の「具体的な利益」とは? 実証的な比較研究で驚きの差
 データおよび分析がビジネスに与える変化に関心を持つ企業が増えているが、その具体的な価値についてはさまざまな議論が存在する。例えば、超巨大インターネット企業のような手法で、一般企業が同様の利益を得られるのかといった問いにはどのように答えるべきだろうか。(2016/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿
 パブリッククラウドの利用が一般的になり、今やクラウドの使い勝手を自社インフラのも期待するようになってきた。例えば迅速なサービス立ち上げ、柔軟な拡張性、低コストで高パフォーマンス、ユーザーセルフサービスで利用できることなどだ。 一方、インフラを運用する...(2016/12/6 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
NoSQLデータベース製品導入戦略ガイド
 世の中には大量のデータが存在する。だがその多くは、複雑なクエリ言語を伴う重量級のリレーショナルデータベースに保存する必要はない。本稿ではNoSQLデータストアという新しいカテゴリーと、それがどう使われているかについて解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構...(2016/11/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
自動車業界におけるHadoop活用、データサプライチェーンで得られる付加価値とは
 IoTはさまざまな工業製品や家電製品、そして工場などの生産現場などに新しい付加価値を提供する技術として期待されている。しかし、こうした付加価値を最大化するには、センサーから流れてくるデータフローを効率的に集約し、リアルタイムな分析を可能にする基盤が欠か...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

製品資料
ビッグテータ分析の進化をコスト削減とともに実現する「データレイクの効用」
 データレイクは、Apache Hadoopの新しい機能として開発された「YARN」というアーキテクチャと関連性が深い。YARNは多種多様なワークロードを分散処理する司令塔として、構造化・非構造化を問わず、常にシステム内に流れ込んでくる、あるいはERPやCRMなどで蓄積されてい...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

レポート
Hadoop/Sparkと相性の良い製品は? ビッグデータ分析基盤の正しい選び方
 大規模な分散処理も低コストに実現するフレームワーク「Apache Hadoop」により、分散処理によるビッグデータ分析が本格的に普及し始めた。銀行におけるきめ細かな顧客コミュニケーションや、運転データのリアルタイム分析による事故防止サービス、生活者の価値観などに...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
基礎解説:Hadoop/Spark環境の効果を最大化するプラットフォームの条件
 オープンソースの分散コンピューティングミドルウェア「Hadoop」は、スケーラビリティや耐障害性などに優れていることで、データ分析基盤のデファクトスタンダードになっている。しかし、レイテンシの高さや、繰り返し処理などで時間がかかることが課題になってきた。 ...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
「データを移動させない」処理原理──最新ビッグデータ基盤の採用技術を読み解こう
 企業の成否の鍵は、最適な情報を遅れずに入手し、適切な意思決定を行えるかどうかにある。しかし、不安定な状況下で起こり得るイベントを予測し、トレンドを把握し、最善の方法を選択するためには、数十億件ものデータを正確に分析しなければならない。 そのため、その...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
「“データ分析専用”はだてじゃない」 Netezza+SPSSで何ができるか?
 ビッグデータ時代の到来により、企業が新しい価値を生み出し、競争力を高める上でデータ分析力の有無が問われるようになった。そのためには、大量のデータを蓄積し、活用するためのシステム基盤および統計分析やデータマイニングの技術が重要になる。 本資料は、Netezz...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
これからのビッグデータ活用の話をしよう──適材適所の分析テクノロジーの選び方
 ビッグデータ時代の到来で、データベースを取り巻く新たなテクノロジーが、次々登場している。だが、要件もアーキテクチャもバラバラの数百の業務アプリケーションに1つの技術で対応するのは不可能だ。要件とアーキテクチャをパターン化できれば、実装すべきテクノロジ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
社会とともにIBM、ストリームコンピューティングとともにIoT
 デバイスやセンサーだけでなく家電やクルマなどさまざまなモノがつながるIoT(Internet of Things)が急速な展開を見せる中、これらの大量のトラフィックを効率的・効果的に扱うMQTTプロトコルが注目を集めている。本コンテンツでは、IoTやM2M(Machine-to-Machine)に...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
【5G事例に学ぶ!】世界記録を樹立したブリストル大とルンド大の「5G周波数利用効率」とは?
 あらゆるものが繋がるIoT時代の到来とともに、複雑に高度化するワイヤレス技術において変革が加速する。商用化し実装を実現するためには、試作機を用いた運用環境に近い状態での検証が欠かせない。 5G実現のためあらゆる試作が行われる中、英ブリストル大学とスウェー...(2016/9/2 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
先進企業のビジネス戦略をリードするCFOはテクノロジーをどう使うのか?
 近年、CFO(最高財務責任者)に対して、他部門の競争力強化のための先見性、洞察力が求められている。クラウドコンピューティングなどによる、リアルタイムのデータ活用により、ITコストが予測可能となり、経理部門がIT予算やプロジェクトのマネジメントに関する高度な...(2016/10/27 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
オンライン行動調査:表示の遅さに寛容なデジタル世代が見返りに求めるものは?
 近年、Webサイトのデザインは、スマートフォンをより多く使うデジタル世代を意識せずには成立しなくなっている。そのため、多くの企業が「モバイルファースト」という言葉を使うようになったが、そこにはデジタル世代のオンライン行動に関する大きな誤解がある。 日本...(2016/10/24 提供:ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社)

製品資料
小売業者のHadoop活用術、より少ない投資で効率的なビッグデータ分析をする方法
 Apache Hadoopは大規模なデータを並列分散処理するオープンなフレームワークで、一般的なビッグデータ分析では多くのユーザーが活用している。近年、このフレームワークにYARN(Yet Another Resource Negotiator)などの機能が加わり、複数の並列分散処理を同時に行える...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

製品資料
データセンター運用の自動化とセキュリティを両立するポリシー検証法
 近年、データセンターに構成管理ツール、IaaSプラットフォーム、Webサービスなどを利用しながら、必要なハードウェアまたはソフトウェアの構成を自動管理する企業が増えている。その結果、ネットワーク管理者はコストパフォーマンスに優れたデータセンターを容易に運用...(2016/10/11 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
ビッグデータ分析の本当のメリットを引き出すアプローチとは?
 ビッグデータの本当のメリットは、従来のトランザクションデータと新しいカテゴリーのデータを統合することで得られる。従来のトランザクションデータはもともと構造化されており、分析が容易なデータだといえる。しかし、Webサイトの訪問記録、ATMやキオスク端末の利用...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Ethernetとコネクテッド・ワールド
 ウェアラブル機器や家庭用サーモスタットなどのIoTアプリケーションへの短距離インターフェイスとしては無線プロトコルを利用するのが一般的ですが、基盤となるネットワーク・インフラストラクチャでは今もEthernetテクノロジが欠かせません。ネットワークに接続したす...(2016/9/15 提供:日本シノプシス合同会社)

Loading