TechTargetジャパン

製品資料
ソーシャルやIoTデータを瞬時に分析、「ストリーミング分析」を成功させる秘訣
 SNSやIoT、モバイルデバイスより刻々と生成されるデータからリアルタイムに洞察を導き出す「ストリーミングアナリティクス」。情報の鮮度を落とさず、データ量が膨大になりすぎないうちに処理するためには、評価・集約・相関・分析という工程でデータを迅速に処理できる...(2017/6/15 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
顧客に最適なプランを通話中に生成――提案の受け入れを10倍にした分析手法とは
 IoTの普及によりデータの生成量が飛躍的に増加しているが、分析に時間がかかればデータの“鮮度”が失われてしまう。そこで、データから迅速に洞察を導き出す新たなアプローチ「ストリーミングアナリティクス」が注目されている。データを生成時・伝送時にリアルタイム...(2017/10/13 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
顧客に最適なプランを通話中に生成――提案の受け入れを10倍にした分析手法とは
 IoTの普及によりデータの生成量が飛躍的に増加しているが、分析に時間がかかればデータの“鮮度”が失われてしまう。そこで、データから迅速に洞察を導き出す新たなアプローチ「ストリーミングアナリティクス」が注目されている。データを生成時・伝送時にリアルタイム...(2017/10/13 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
ビッグデータを基に瞬時に意思決定――リアルタイム分析に必要な機能とは
 ビジネスに関するデータの生成量は急増しており、保管してから把握・分析したのではタイムリーな意思決定が困難になりつつある。マーケットや自社の業務などにおけるイベントを発生と同時にモニタリングし、意思決定に十分なインテリジェンスを瞬時に導き出す能力が必要...(2017/7/3 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
「UEFA EURO 2016」の裏舞台、ネットワーク史上最大規模のDDoS攻撃の行方は?
 国際的なサッカーイベントとしては、FIFA World Cup 2014に次ぐ規模で開催されたUEFA EURO 2016。そのストリーミング配信は、1000万人超のユニークビジターが視聴し、合計トラフィックは148.1PBにも及んだ。 これはライブストリーミングコンテンツの1万7234年分の量に...(2017/2/8 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

製品資料
機密データや動画ストリーミングの共有もオンラインストレージが支える
 オンラインストレージの普及に伴い、「社外秘文書や業務マニュアル、研修・教育動画といったファイルを実際に相手へ渡さずに、その内容の共有や配信を行えないか」という新たなニーズが生まれている。 企業間のファイル共有が進むにつれて、安全性への配慮は一層欠かせ...(2016/3/1 提供:日本ワムネット株式会社)

技術文書
IoTの次なる活用法――データストリームのリアルタイム分析とは?
 センサーの小型化とワイヤレスなどコミュニケーション機能の向上により、IoTの普及はさらに進んだ。現在、多くの企業は、センサーから送られたデータを蓄積してから分析することに重きを置いているが、今後はデータを保存する以前のデータストリームを分析することが重...(2017/7/3 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
計測システムを構築するための完全ガイド 〜10の選定ポイント〜
最適な計測システムを構築するためには、その目的に応じた最適なツールを組み合わせる必要がある。本資料「計測システムを構築するための完全ガイド」では、それぞれのツールについて「10の選定ポイント」としてまとめた。【10の選定ポイント】・センサ・DAQデバイス・バ...(2016/12/8 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
ディープラーニングには「GPU」か「FPGA」か? 画像処理の高速化で大きな差
 機械学習に大きな進化をもたらした「ディープラーニング」。その中核を成すニューラルネットワークの技術には、動画などの処理に優れた再帰型(RNN)と静止画などの処理に優れた畳み込み型(CNN)がある。近年、機械学習の分野でGPU(Graphics Processing Unit)の導入...(2017/10/2 提供:インテル株式会社)

Webキャスト
「Spark」を動画で徹底解説、高速ビッグデータ分析環境を簡単に構築する方法
 これまでビッグデータ分析技術といえば「Apache Hadoop」が利用されてきたが、処理速度には課題があった。そこで、インメモリ技術による高速処理を特徴とし、機械学習ではHadoopの10〜100倍という速度を誇る「Apache Spark」を採用する企業が増えている。 利用が進む背...(2017/2/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「vSphere 6.5」の新機能を徹底解説、次世代仮想化基盤の真の実力とは?
 「vSphere 6.5」は、インフラやアプリケーションのパフォーマンス、運用性を最大化できる仮想化基盤として定評を得ている。その設計は、シンプルなユーザー環境、包括的なセキュリティ、ユニバーサルプラットフォームを主眼としており、自動化と管理、新旧アプリケーシ...(2017/10/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
“ムーアの法則”以後の世界とは? コンピューティング基盤の未来を読む
 現在、デジタルテクノロジーの進化速度は予測不可能なレベルにまで到達している。数多くの新たなテクノロジーやパラダイムが登場し、未来のコンピューティングプラットフォームは誰にも予想することができない。モバイルデバイスやIoTの普及により蓄積されるデータ量は...(2017/9/20 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
業界ごとに見る「創造的破壊」の現実――ビジネスの変化はどう進むのか?
 現在、あらゆる分野のビジネスにおいてデジタル化の波が押し寄せている。世界中の企業でデジタルディスラプション(デジタルによる創造的破壊)が起こっており、ビジネスモデルやビジネスプロセス、製品やサービスなどが一変してしまうケースも少なくない。 デジタルデ...(2017/9/20 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
「ビッグデータ分析」実践ガイド:導入と活用を成功させるプランニング
 ビッグデータ技術は日々進化し続けており、最近ではIoTデバイスなどからの膨大なデータストリームをリアルタイムに処理して予測分析を行う、といったことも可能になってきた。これにより最新の情報を駆使して、より迅速なビジネス展開を実現できる。 しかし、こうした...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

事例
アクセス集中による応答時間の遅延を解消、拡張性と運用コスト削減を両立するサーバ選び
 香港を拠点に展開するSLLIN Consultantsが提供する音楽ストリーミングアプリ「Hands in the Air(HITA)」は、x86サーバ上のLinux環境で運用されていた。しかし、同時接続ユーザーが300を超えるとシステムが対応できなくなり、許容できないレベルまで応答時間が長くなる...(2016/3/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
クラウドの3つの実装モデルはどう選ぶ? 最適なワークロード配置の見極め方
 クラウドの導入に際して、多くの企業が運用効率やTCO、パフォーマンスなどを慎重に検討する。その一方で、プライベート、パブリック、ハイブリッドの3種類の実装モデルと、配置するワークロードの特性の親和性については、十分な検討がなされていないのが現状だ。 だが...(2017/9/8 提供:インテル株式会社)

事例
NVIDIAが実証!設計時間を半減し、賢くスマートな設計を実現する高位合成
鮮明で高度なグラフィックス機能を搭載した携帯端末の普及に伴い、ビジュアルコンピューティングの重要性が高まっている。この分野の第一人者、NVIDIAが提供するTegra SoCの新製品Tegra X1は、強力なNVIDIA Maxwellアーキテクチャと256GPUコア、64ビットCPU、比類のない4K...(2017/9/1 提供:メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社)

レポート
iPhoneの容量不足を解決するテクニック10選
 PC並みのストレージを持つようになったiPhoneだが、その分アプリや写真、動画のデータ量もどんどん大きくなっている。iOSをアップデートするときや、写真や動画を撮影しているときに、「ストレージの空き領域がありません」と表示されたことはないだろうか。 肝心なと...(2017/8/31 提供:KDDI株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月2日号:2つのオープンソースハードウェアプロジェクト
 Computer Weekly日本語版 8月2日号は、以下の記事で構成されています。■オープンソースハードウェア技術「Open19」と「OCP」の微妙な関係■十分に進化した生体認証は“手に埋め込んだチップ”すら不要になる■未来のボルボ車はAndroid OSが基本機能を制御■Hadoopの父...(2017/8/2 提供:アイティメディア株式会社)

事例
顧客の情報を全方位で把握、マーケティングROIを最大化する統合データ基盤
 顧客の趣味、好み、行動などの情報を戦略的に取得、一元管理して、それを分析することは非常に多くのメリットがある。例えば、分析データをデジタルマーケティング基盤として利用することで、マーケティング施策を最適化したり、顧客の趣味・好みに合わせたサービスを展...(2017/7/20 提供:Cloudera株式会社)

製品資料
脅威検知を迅速化、セキュリティ分析のための「コールドストレージ」構築法
 サイバー犯罪は頻度と巧妙化の両面で成長を続け、脅威への対応の遅れが招く被害も年を追うごとに増大している。そのため、これらのリスクを最小化するセキュリティ対策には、「自動化」と「リアルタイム性」が要求されるようになった。 そこで、ルーター、スイッチ、We...(2016/8/31 提供:レッドハット株式会社)

レポート
Android Wear 2.0はApple Watchに追い付いた?
 スマートウォッチ向け最新OS「Android Wear 2.0」を搭載した新端末「LG Watch Style」と「LG Watch Sport」が2017年2月に米国で発売された。Googleオリジナルのハードウェアブランドから出た製品ではないが、設計段階からGoogleが参加したAndroid Wear 2.0の新機能ショ...(2017/8/31 提供:KDDI株式会社)

レポート
通信速度、サポート、消費者保護、モバイルフォーラム2017で語られたMVNOの課題
 総務省、アナリスト、ジャーナリスト、サービス提供者というさまざまな立場の人間が、MVNOの現状や課題について講演、ディスカッションを行う「モバイルフォーラム2017」が2017年3月16日に開催された。携帯電話回線で見ると、MNO(大手キャリア)よりもMVNOの方が契約数...(2017/8/31 提供:KDDI株式会社)

技術文書
いまさら聞けない「クラウドDNS/ロードバランサー」の基礎知識
 WebサイトやWebアプリケーションをビジネスの中核として展開する企業にとって、Webサイトにアクセスできなかったり、レスポンスが悪かったりすることは致命的な問題となる。そのため、多くの企業がCDNなどを活用して、コンテンツ配信のパフォーマンス最適化と可用性向上...(2017/8/28 提供:株式会社シーディーネットワークス・ジャパン)

レポート
ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴
 企業にとって、社員が私用でインターネットアクセスすることを完全に禁止するのは、現実的にはなかなか難しい。とはいえ、社員のアクセスによってセキュリティにほころびが出る事態も避けたいところだ。機密データの流出だけでなく、コンプライアンス面でも懸念が生じ...(2017/8/14 提供:株式会社シマンテック)

事例
ビッグデータ活用でレコメンド機能を強化、DMM.comを支える高速分析基盤とは?
 2015年10月で1700万人の会員数を突破しているDMM.comグループのシステム構築と運営、Webマーケティングを手掛けているDMM.comラボ。同社は多様化する顧客のニーズに応えるため、ビッグデータを用いてユーザー特性を分析、お薦めの商品を紹介するレコメンド機能や行動分...(2017/7/20 提供:Cloudera株式会社)

技術文書
次期主流となる「NVMe」――ファブリック展開の本命はファイバーチャネル
 かつては、コストや容量、耐久性などの問題を抱えていたフラッシュアレイだが、近年は金融業界を中心にエンタープライズでも極めて高い信頼性と安全性を要求される分野で導入が進んでいる。そこで脚光をあびたのが、これまでのSCSIに代わるフラッシュの性能をさらに生か...(2017/7/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

技術文書
新世代LabVIEWは何が変わるのか――その進化点とLabVIEWが持つ豊富な機能
こうした課題に応えるにはどうすればよいだろうか。その解決策として、過去 30 年、何十万人ものエンジニアや科学者によって、生産性や機能性が向上してきたLabVIEW の実績を基に、共通の開発タスクの最適化というエンジニア固有の機能を組み合わせることで、システム開発...(2017/7/14 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
顧客に読まれる製品・サービス資料の作り方――既存コンテンツも丸ごと活用
 現在の多様化が進んだ市場では、自社の製品やサービスを素早く、効果的に顧客に伝えることがビジネス成功の鍵となる。そのため、電子カタログなどの活用が進んでいるが、十分なノウハウがないことから、自社サイトでPDF資料を配布する程度にとどまる企業も多い。 しか...(2016/10/11 提供:株式会社電算)

技術文書
5GやIoT時代に求められる<ソフトウェア環境>の4つの課題を読み解く!
 5GやインダストリアルIoTなど新たなトレンドに適応する際、技術的にもビジネス的にも安心して革新を進めるためには何が必要になるか?重要な要素のひとつであるソフトウェアにおいて、新しい技術に対応する環境とはどういったものか。30年使われ続ける開発ツール「LabVI...(2017/6/27 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

Loading