TechTargetジャパン

技術文書
x86サーバからPower Systemsへ、 Linuxアプリケーションやワークロードの高速化が実現
 OSを任意に組み合わせて稼働する「IBM Power Systems」は、仮想化ソリューション「IBM PowerVM」も統合して、優れた拡張性、柔軟性、堅牢性を実現している。Power Systemsは全てのモデルでLinuxが稼働するが、2012年に発表されたLinux専用サーバは、ビッグデータアナリ...(2015/7/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
x86サーバだけが解ではない――Linuxサーバを活用したくなる10の理由
 現在、あらゆる組織で売り上げ、収益率、顧客サービスの向上に向けてITが活用されている。しかし、企業や政府機関の多くで、実務能力に制約をかけるようなITインフラを採用してしまっているケースが散見される。これは、IT管理者が持っているサーバプラットフォームに対...(2016/6/27 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
アクセス集中による応答時間の遅延を解消、拡張性と運用コスト削減を両立するサーバ選び
 香港を拠点に展開するSLLIN Consultantsが提供する音楽ストリーミングアプリ「Hands in the Air(HITA)」は、x86サーバ上のLinux環境で運用されていた。しかし、同時接続ユーザーが300を超えるとシステムが対応できなくなり、許容できないレベルまで応答時間が長くなる...(2016/3/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ビッグデータ分析を強化する新たなプラットフォーム、もう1つの選択肢とは?
 ビッグデータ活用の最も大事なポイントは、膨大なデータからいかにして「価値」ある洞察、戦略や目標を見いだすかにある。住所や年齢、性別などの「構造化された」データだけでなく、電子メールやWebトラフィック、ソーシャルメディアやブログのフィードといった「非構...(2015/11/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
x86プロセッサにおける最先端電力管理技術
複雑なヘテロジニアスプロセッサは作業負荷がすべてのコアを未使用時に大量の未使用性能の余裕を残す可能性がある。x86プロセッサの高度な電力管理手法は、未使用コアの電力を削減するように設計されるが、その一方、パフォーマンス向上のため各コア間の熱資源(消費電力...(2014/10/21 提供:日本AMD株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月17日号:Amazonはクラウド界のMicrosoftか
 Computer Weekly日本語版 9月17日号は、以下の記事で構成されています。■AmazonがMicrosoft化している5つの兆候 Microsoftはかつて、独占企業として競合企業の敵意を集めていた。今、かつてのMicrosoftのように市場を独占して警戒される存在になりつつあるのがAmazon...(2014/9/17 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
x86サーバを超越した「超高速サーバ」──搭載テクノロジーの全貌に迫る
 ERP、SCM、CRM、BIなど目的ごとに分断されていたITを統合し、業務プロセスをリアルタイムに結び付ける。顧客行動とメタデータから価値のある情報を瞬時に導き出し、ビッグデータ時代をリアルタイムなアクションで勝ち抜く……。「やろうとしても、なかなかできなかった...(2015/2/2 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
「SAP HANA」のスケールアウト、管理のためのセットアップガイド
 「SAP HANA」を導入してデータ分析を高速化した企業は、各部門で個別導入していたBIツールではなく、プラットフォーム化されたSAP HANAで全てのデータ分析を実現しようとする。データ分析に専任の担当者がいる場合は別にして、多くの企業においてデータ分析を行うのは現...(2015/2/13 提供:ノベル株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月5日号:サーバ市場を揺るがすIBM+Lenovo連合
 Computer Weekly日本語版 3月5日号は、以下の記事で構成されています。■IBMのx86サーバ事業を買収したLenovoの対HP、Dell戦略を読む IBMのPC部門に続き、同社のx86サーバ事業を買収したLenovo。x86サーバ市場の覇権を確立するため、Lenovoは次にどう動くのか? HPやD...(2014/3/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
SDSを検討する際、知っておきたい10の真実
 仮想化技術の登場はデータセンターに転機を促し、多くのメリットを提供した。しかし、ストレージの課題に対してはほとんど役に立たず、仮想化がストレージの問題をより大きくしているのではないかと指摘する人もいるくらいだ。現在のストレージシステムは、スケールアウ...(2015/4/13 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

事例
AMD APUを利用したインダストリアル製品事例の紹介
スマートカメラ技術における革新が急速に進み、より高速かつ小型で電力効率の高いビジョンシステムが生み出されている。そうしたビジョンシステムは、ますます高度化しているタスクに対して最適化され、インダストリアル、サイエンス、監視システムに至る広範なアプリケー...(2015/6/15 提供:日本AMD株式会社)

比較資料
「VMware vCloud Air」と「Microsoft Azure」のCPUパフォーマンス比較検証結果を読み解く
 VMwareが提供するパブリッククラウドサービス「VMware vCloud Air(以下、vCloud Air)」は、VMware vSphereを基盤として構築されている。提供しているサービスは、ディザスタリカバリ、専用クラウド、仮想プライベートクラウドの3種類だが、今回は専用クラウドサービス...(2015/4/3 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
実案件でx86サーバーのApache Tomcat/ IBM WebSphereを統合した際のベンチマーク結果と考察
 現在、392社29万人(2102年6月末時点)におよぶ官公庁はじめ大手金融機関や大手製造業を顧客に持つ、eラーニングサービスの先進企業である株式会社システム・テクノロジー・アイでは当初、iStudyのアプリケーション基盤にはx86 Linuxが採用されていました。 このたび...(2012/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
パフォーマンス検証から見るHadoopへの仮想化の適用とx86サーバーとの比較
 ビッグデータの分析で今話題のHadoop。現状、そのHadoopの環境はx86サーバーを横に並べスケールアウトさせるのが通例である。理由はX86サーバー上での仮想化は、パフォーマンスオーバーヘッドが生じるためHadoopでは禁じ手と言われているからである。 IBMは、UNIXのテ...(2012/11/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
重要性が高まるアプリ実装の阻害要因とは? IDC調査から見えた傾向と対策
 ITインフラが抱える主な課題には、個々の要件に逐次対応したことで生じたサイロ化、データ保護機能やディザスタリカバリ製品のレガシー化による安全性の低下、マルチハイパーバイザー環境による複雑化などが挙げられる。従来のインフラ重視、アプリ軽視の姿勢を大きく変...(2016/4/13 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

レポート
クラウド技術がポイント! 基幹データベースを仮想化する方法とは
 導入のしやすさから社内に急増したx86サーバ。しかし、導入時期によってサーバベンダーやプラットフォームがバラバラで、x86サーバで稼働する基幹データベースの管理が大変という声が聞こえてくる。ITコストを削減するために導入したx86サーバであっても、結局はデータ...(2011/1/14 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
次世代データ分析のストレージ基盤はSDSが本命? 非構造化データ急増で再注目
 IoTの発展やスマートデバイスの普及により、企業が収集可能なデータはかつてないほど増大している。しかし、現在のITシステムでは、デジタル技術の進化によってもたらされた膨大なデータの88%は活用できていないという。 だからといって、企業はこれらのデータを不要...(2016/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
従来のストレージと仮想化のミスマッチを避ける「ストレージ構築のポイント」
 従来、企業のデータ格納に外部ネットワークストレージを利用してきたが、多額の設備投資、運用の複雑さが懸念事項となっている。また、近年のストレージアレイもベンダー固有の専門的なスキルが必要で、アプリケーションへの柔軟な対応ができない。結果、高額なアップグ...(2016/3/24 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
パーセプチュアル・コンピューティング、組み込みアプリケーションのための変曲点
パーセプチュアル・コンピューティングは、パスワードの代わりに使用される顔認識や、コンピューターマウスからの入力の代替方法として使用されるジェスチャー解析など、パーソナルコンピューターの機能に適用される。人間との知的対話プロセスを完成するために必要な多く...(2015/10/27 提供:日本AMD株式会社)

技術文書
NoSQLとHadoopの真価を引き出す実践的なアプローチを徹底解説
 増え続ける膨大なデータへの対応には、高速処理が可能なNoSQLとHadoopへの関心が高まっています。しかし、NoSQLにしても、Hadoopにしても万能のテクノロジーではありません。それぞれの特性を踏まえ、適切な対策を講じることが重要です。 IBMが提案するアプライアンス...(2015/3/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月20日号:AppleとMicrosoftのオープンソース戦略
 Computer Weekly日本語版 7月20日号は、以下の記事で構成されています。■AppleとMicrosoftのオープンソース戦略がコミュニティーに支持される理由■2016年、CIOが導入に積極的な技術はモバイルとSDN、そして……■弁護士に学ぶ、オープンソースの法的リスクとその管理...(2016/7/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly アクセス制御の鉄則
 アクセス制御はITセキュリティ対策の基本だ。しかし、これを徹底するのは意外に難しい。企業がやりがちな5つの典型的な失敗と、モバイルを含めたアクセス管理に成功したゲーム会社の事例を紹介する。 本PDFは以下の2つの記事で構成されている。・アクセス制御に関する...(2016/7/13 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2016年1月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年1月号をご紹介。 特集記事では、2015...(2016/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年7月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年7月号をご紹介。 特集記事では、「太...(2016/7/6 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月6日号:第4世代フラッシュストレージの衝撃
 Computer Weekly日本語版 7月6日号は、以下の記事で構成されています。■Facebookのソフトウェア開発者に学ぶオープンソースとの付き合い方■ビッグデータ分析を有益なセキュリティツールにするちょい足しレシピ■もう管理しきれない……と言わせないパッチ管理の5つの...(2016/7/6 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ストレージの基礎解説――オブジェクトストレージの活用法と効果
 モバイルの普及に伴い商業、製造業、研究調査、個人の日常活動などで生成される非構造化データ(テキスト、画像、さらにはセンサー情報など)の量は爆発的に増加している。こうしたデータの急増が、IT基盤運用において大きな負荷となっている。また、データを扱うストレ...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月22日号:ネットワーク市場を激変させるNFV
 Computer Weekly日本語版 6月22日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftが打ち出した「新SharePoint戦略」は時代遅れ■コンシューマーはFacebook銀行&Google銀行を望んでいる?■「オールIPv6は危険!?」──こんなにあるIPv6のセキュリティリスク■「こん...(2016/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ビッグデータをより速くより深く分析するための必須条件とは?
 膨大なデータから新たな価値を生み出すための必須条件とは何か? それはより速く、より深く分析できるIT基盤だ。ビジネスにおけるデータ分析の重要性が増す中、処理能力だけでなく仮想化機能、信頼性、セキュリティにおいて高い能力を備えたシステムが求められている。(2016/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
“止められないシステム”を抱える総合病院のシステム再構築、導入検討の実態とは
■Lenovoがお勧めするWindows 8. 内科、外科、脳神経外科、整形外科、リハビリテーション科など複数の診療科を持ち、救急対応も提供する総合病院のIT環境は、24時間365日ストップさせることが許されない。さらに重要な個人情報を扱うため、セキュリティ要件も厳しいもの...(2015/6/26 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

技術文書
CIOリーダーシップのための戦略導入ガイド
 最高情報責任者(CIO)は、事業の変革を主導し、実現する存在と見なされる必要がある。 本稿では、“顧客の時代”においてITリーダーがビジネステクノロジーとITの課題の両方に重点を置く必要性、ブログとソーシャルメディアを活用して組織内での存在感や影響力を高め...(2016/6/29 提供:アイティメディア株式会社)

Loading