TechTargetジャパン

技術文書
x86サーバからPower Systemsへ、 Linuxアプリケーションやワークロードの高速化が実現
 OSを任意に組み合わせて稼働する「IBM Power Systems」は、仮想化ソリューション「IBM PowerVM」も統合して、優れた拡張性、柔軟性、堅牢性を実現している。Power Systemsは全てのモデルでLinuxが稼働するが、2012年に発表されたLinux専用サーバは、ビッグデータアナリ...(2015/7/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
x86サーバ vs. Itaniumサーバ、3年間の運用でTCOに驚きの差
 これまでRAS(信頼性、可用性、保守性)の低下と引き換えに、他のシステムよりも低コストを実現する手段と見なされがちだったx86サーバ。新しいx86システムがこのイメージを一掃したことにより、ミッションクリティカルなデータベースソフトウェアなどの移行先としての...(2016/8/17 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

レポート
x86サーバだけが解ではない――Linuxサーバを活用したくなる10の理由
 現在、あらゆる組織で売り上げ、収益率、顧客サービスの向上に向けてITが活用されている。しかし、企業や政府機関の多くで、実務能力に制約をかけるようなITインフラを採用してしまっているケースが散見される。これは、IT管理者が持っているサーバプラットフォームに対...(2016/6/27 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「Windows Server 2016」に最適なHCIは? 新たな分散ストレージ機能を徹底解説
 x86サーバの高性能化が進んだことで、物理サーバ1台あたりの仮想サーバ数やサービス数は増加傾向にある。その結果、従来の仮想化基盤では、SANやNASなどの共有ストレージにこれまで以上のI/Oが集中し、予算内で各仮想マシンの性能を維持することが難しくなってきた。 ...(2017/2/10 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
アクセス集中による応答時間の遅延を解消、拡張性と運用コスト削減を両立するサーバ選び
 香港を拠点に展開するSLLIN Consultantsが提供する音楽ストリーミングアプリ「Hands in the Air(HITA)」は、x86サーバ上のLinux環境で運用されていた。しかし、同時接続ユーザーが300を超えるとシステムが対応できなくなり、許容できないレベルまで応答時間が長くなる...(2016/3/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
SATA SSD 8台相当のIOPSは本当か? x86サーバでNVMe対応SSDの実力を徹底検証
 従来のストレージ製品よりも高い転送速度と低いレイテンシを実現するNVMe対応SSD。サーバ製品の選定で重視される技術の1つだが、実際に導入するためには、パフォーマンスだけでなく信頼性や保守性を含めた十分な検証が求められる。 そこで、XeonプロセッサのE5-2600 v4...(2016/9/12 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

レポート
ビッグデータ分析を強化する新たなプラットフォーム、もう1つの選択肢とは?
 ビッグデータ活用の最も大事なポイントは、膨大なデータからいかにして「価値」ある洞察、戦略や目標を見いだすかにある。住所や年齢、性別などの「構造化された」データだけでなく、電子メールやWebトラフィック、ソーシャルメディアやブログのフィードといった「非構...(2015/11/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
IoT時代のマシンデータ分析プラットフォームに求められるものとは
人だけでなく、自動車や医療機器、住宅設備や交通インフラなど、あらゆるモノがネットワークにつながり、その数は2020 年に500 億個を超えると言われている。“ つながり”から価値を生み出すIoT時代へと大きく舵を切り、あらゆるモノから膨大なマシンデータが生成されるI...(2017/1/25 提供:Splunk Services Japan)

技術文書
x86プロセッサにおける最先端電力管理技術
複雑なヘテロジニアスプロセッサは作業負荷がすべてのコアを未使用時に大量の未使用性能の余裕を残す可能性がある。x86プロセッサの高度な電力管理手法は、未使用コアの電力を削減するように設計されるが、その一方、パフォーマンス向上のため各コア間の熱資源(消費電力...(2014/10/21 提供:日本AMD株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月17日号:Amazonはクラウド界のMicrosoftか
 Computer Weekly日本語版 9月17日号は、以下の記事で構成されています。■AmazonがMicrosoft化している5つの兆候 Microsoftはかつて、独占企業として競合企業の敵意を集めていた。今、かつてのMicrosoftのように市場を独占して警戒される存在になりつつあるのがAmazon...(2014/9/17 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
x86サーバを超越した「超高速サーバ」──搭載テクノロジーの全貌に迫る
 ERP、SCM、CRM、BIなど目的ごとに分断されていたITを統合し、業務プロセスをリアルタイムに結び付ける。顧客行動とメタデータから価値のある情報を瞬時に導き出し、ビッグデータ時代をリアルタイムなアクションで勝ち抜く……。「やろうとしても、なかなかできなかった...(2015/2/2 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
NoSQLとHadoopの真価を引き出す実践的なアプローチを徹底解説
 増え続ける膨大なデータへの対応には、高速処理が可能なNoSQLとHadoopへの関心が高まっています。しかし、NoSQLにしても、Hadoopにしても万能のテクノロジーではありません。それぞれの特性を踏まえ、適切な対策を講じることが重要です。 IBMが提案するアプライアンス...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
「SAP HANA」のスケールアウト、管理のためのセットアップガイド
 「SAP HANA」を導入してデータ分析を高速化した企業は、各部門で個別導入していたBIツールではなく、プラットフォーム化されたSAP HANAで全てのデータ分析を実現しようとする。データ分析に専任の担当者がいる場合は別にして、多くの企業においてデータ分析を行うのは現...(2015/2/13 提供:ノベル株式会社)

比較資料
「ハイパーコンバージド」徹底解説――話題のNutanixを支える技術の全て
 市場が急拡大するハイパーコンバージドインフラ(HCI)。多様な技術・機能の集合体であることから、どの部分に注目すれば、より高いパフォーマンスを引き出せるのか見極めづらい面もある。そこで、主要製品のアーキテクチャや管理ツールなどを解説する。 まず注目した...(2017/2/7 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析でチャンスをつかむ
 企業の行動方針を決定する重要な判断材料として、業務状況の指標の分析は欠かせない。現代は膨大な業務指標データをリアルタイムで処理するが、自力で大規模データを解析するプラットフォームとして「Apache Hadoop」の採用が増えている。 一方、業務指標や経済指標だ...(2017/1/19 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

製品資料
モンタビスタの最新Linux −キャリアグレード・エクスプレス (CGX)
 業界標準であるYoctoの利用によりユーザーは、既存のコードとの互換性を保ちつつ、MontaVista Linux CGXに移行が可能である。 CGXでは主要な組込み向けSoCであるARM、x86、MIPS、PowerPCのアーキテクチャーをサポートするが、近年の組込み開発ではARMの利用が加速して...(2016/11/1 提供:モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社)

製品資料
仮想化/クラウド環境のコスト削減――運用自動化に向けたネットワーク仮想化
 仮想化やクラウドの技術により、サーバ/リソースのデプロイはオンデマンドで容易に実行できるようになった。しかし、システム全体の効率化やコスト削減を進める上では、もう1つ解消しなければならない課題がある。それは、従来型ネットワークが抱える「設定や運用の複...(2017/2/16 提供:SCSK株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月5日号:サーバ市場を揺るがすIBM+Lenovo連合
 Computer Weekly日本語版 3月5日号は、以下の記事で構成されています。■IBMのx86サーバ事業を買収したLenovoの対HP、Dell戦略を読む IBMのPC部門に続き、同社のx86サーバ事業を買収したLenovo。x86サーバ市場の覇権を確立するため、Lenovoは次にどう動くのか? HPやD...(2014/3/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
SDSを検討する際、知っておきたい10の真実
 仮想化技術の登場はデータセンターに転機を促し、多くのメリットを提供した。しかし、ストレージの課題に対してはほとんど役に立たず、仮想化がストレージの問題をより大きくしているのではないかと指摘する人もいるくらいだ。現在のストレージシステムは、スケールアウ...(2015/4/13 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

技術文書
レガシーからの脱却――ハイパーコンバージド完全ガイド
 近年、IT部門にはインフラよりもアプリケーションやサービスに対して時間と予算を割り当てることが求められるようになっている。しかし、そのことがインフラへの要求をさらに高め、問題の増加を招くという皮肉な状況が生じている。 この悪循環を生んでいるのが、ストレ...(2016/12/14 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
次世代アプリの開発環境、オープンソース向けIT基盤を選ぶべき理由とは?
 今日では、オープンソースを軸とした新規プロジェクトは、開発に参加する個人、商業ベンダー、サービスプロバイダー、エンドユーザー企業などの取り組みや協力により、すぐに立ち上げることができるようになった。また、その開発基盤の信頼性も確立されてきており、マイ...(2016/8/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
AMD APUを利用したインダストリアル製品事例の紹介
スマートカメラ技術における革新が急速に進み、より高速かつ小型で電力効率の高いビジョンシステムが生み出されている。そうしたビジョンシステムは、ますます高度化しているタスクに対して最適化され、インダストリアル、サイエンス、監視システムに至る広範なアプリケー...(2015/6/15 提供:日本AMD株式会社)

比較資料
「VMware vCloud Air」と「Microsoft Azure」のCPUパフォーマンス比較検証結果を読み解く
 VMwareが提供するパブリッククラウドサービス「VMware vCloud Air(以下、vCloud Air)」は、VMware vSphereを基盤として構築されている。提供しているサービスは、ディザスタリカバリ、専用クラウド、仮想プライベートクラウドの3種類だが、今回は専用クラウドサービス...(2015/4/3 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
保守期限が切れても「リプレースしない」、IT機器の延命で投資効率を最大化
 IT機器は一般的に、メーカーサポートの終了(EOSL:End of Service Life)に伴い、数年のサイクルで更新が余儀なくされてしまう。しかし、リプレースにはハードウェアの本体費用だけでなく、移行に伴うさまざまなコストや作業負担が掛かってしまい、デメリットも多い。(2017/2/9 提供:株式会社フィールドワン)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月8日号:NVMe over Fabricsに高まる期待
 Computer Weekly日本語版 2月8日号は、以下の記事で構成されています。■なぜPowerShellが危険なのか? 増え続ける悪用の現状■SSD用リモートアクセス仕様「NVMe over Fabrics」に掛かる期待と現実■R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リ...(2017/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「魔法の箱」? 基幹システム・リプレースの考え方が劇的に変わる
 ハードウェア保守契約終了に合わせて、基幹システムを5年ごとにリプレースするケースは多い。そしてOSやミドルウェア、さらにアプリケーションまでも一斉にバージョンアップしなければならず、思いのほか手間もコストも大きくなり、その割に新サービスや新技術へのキャ...(2017/1/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
クラウドとオープン系システムの手薄な運用監視、強化に役立つ2種類のサービス
 稼働監視が徹底されている基幹システムと比較して、業務系および情報系システムは導入だけでなく運用についてもユーザー主体となっていることが多い。そのためIT部門の目が届きにくい傾向があるうえ、パブリッククラウド上に構築して利用されることが増えており、さらに...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
知らないと恥ずかしいITインフラ新定番、「ハイパーコンバージド」の“驚きの正体”
 多くのストレージ担当者が、コンバージドシステムやハイパーコンバージドシステムのトレンドを支持している。用途に合わせた構成済みのシステムを使うことで、仮想マシンのための複雑なストレージの導入作業が楽になる。これによって企業は最適なパフォーマンスや、運用...(2017/2/2 提供:ヴイエムウェア株式会社)

比較資料
その仮想化導入は得してる? 損してる? スグできる直接/間接コスト計算術
 サーバ仮想化やデスクトップ仮想化などの仮想化事例が増える一方で、導入企業からは「一時的なコスト削減にしかならなかった」「想像以上に運用コストが掛かる」という声も聞こえてくる。その多くは、仮想化環境の導入コストにだけ注目して、TCOまで考慮しなかったこと...(2017/2/1 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
フラッシュストレージとSoftware Defined Storageの明日
消費者向けデジタル機器では当たり前となったフラッシュメモリが、企業コンピューティングにおける新たな記憶媒体として注目されている。現在はデータベースなど特定用途向けの利用が目立つが、今後どのように普及していくのだろうか。一方で、「Software Defined Storage...(2016/11/7 提供:アイティメディア株式会社)

Loading