TechTargetジャパン

技術文書
x86サーバからPower Systemsへ、 Linuxアプリケーションやワークロードの高速化が実現
 OSを任意に組み合わせて稼働する「IBM Power Systems」は、仮想化ソリューション「IBM PowerVM」も統合して、優れた拡張性、柔軟性、堅牢性を実現している。Power Systemsは全てのモデルでLinuxが稼働するが、2012年に発表されたLinux専用サーバは、ビッグデータアナリ...(2015/7/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
x86サーバ vs. Itaniumサーバ、3年間の運用でTCOに驚きの差
 これまでRAS(信頼性、可用性、保守性)の低下と引き換えに、他のシステムよりも低コストを実現する手段と見なされがちだったx86サーバ。新しいx86システムがこのイメージを一掃したことにより、ミッションクリティカルなデータベースソフトウェアなどの移行先としての...(2016/8/17 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

レポート
x86サーバだけが解ではない――Linuxサーバを活用したくなる10の理由
 現在、あらゆる組織で売り上げ、収益率、顧客サービスの向上に向けてITが活用されている。しかし、企業や政府機関の多くで、実務能力に制約をかけるようなITインフラを採用してしまっているケースが散見される。これは、IT管理者が持っているサーバプラットフォームに対...(2016/6/27 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
x86サーバで実機検証:Windows Server 2016で構築するハイパーコンバージド
 データセンターに求められる高度なセキュリティ機能を備え、オンプレミスとクラウドのシームレスな連携を実現する「Windows Server 2016」。数々の新機能の中でも特に注目されているのが、OSの標準機能のみでハイパーコンバージドインフラ(HCI)の構築まで行える「記憶...(2017/5/16 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

Webキャスト
次世代x86サーバが切り開くサーバセキュリティの新標準とは?
 急激に進むデジタル変革、被害の拡大が続くサイバー攻撃などを背景として、企業がITプラットフォームに求める条件は、さらに多様かつ高度なものとなっている。このような要求に応えるため、サーバ製品はセキュリティ、アジリティ、経済性の面で大きな進化を遂げてきた。(2017/9/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
「Windows Server 2016」に最適なHCIは? 新たな分散ストレージ機能を徹底解説
 x86サーバの高性能化が進んだことで、物理サーバ1台あたりの仮想サーバ数やサービス数は増加傾向にある。その結果、従来の仮想化基盤では、SANやNASなどの共有ストレージにこれまで以上のI/Oが集中し、予算内で各仮想マシンの性能を維持することが難しくなってきた。 ...(2017/2/10 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
アクセス集中による応答時間の遅延を解消、拡張性と運用コスト削減を両立するサーバ選び
 香港を拠点に展開するSLLIN Consultantsが提供する音楽ストリーミングアプリ「Hands in the Air(HITA)」は、x86サーバ上のLinux環境で運用されていた。しかし、同時接続ユーザーが300を超えるとシステムが対応できなくなり、許容できないレベルまで応答時間が長くなる...(2016/3/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
SATA SSD 8台相当のIOPSは本当か? x86サーバでNVMe対応SSDの実力を徹底検証
 従来のストレージ製品よりも高い転送速度と低いレイテンシを実現するNVMe対応SSD。サーバ製品の選定で重視される技術の1つだが、実際に導入するためには、パフォーマンスだけでなく信頼性や保守性を含めた十分な検証が求められる。 そこで、XeonプロセッサのE5-2600 v4...(2016/9/12 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

事例
ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は?
 OEMの化粧品の開発、製造を行うグローバル企業であるトキワでは、ITシステムのイノベーションを推進するため、先進テクノロジーを採用してきた。しかし、生産、販売、原価の管理システムが稼働するx86サーバは、これからの業務拡大を見据えると限界を迎えていた。 そこ...(2017/7/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ビッグデータ分析を強化する新たなプラットフォーム、もう1つの選択肢とは?
 ビッグデータ活用の最も大事なポイントは、膨大なデータからいかにして「価値」ある洞察、戦略や目標を見いだすかにある。住所や年齢、性別などの「構造化された」データだけでなく、電子メールやWebトラフィック、ソーシャルメディアやブログのフィードといった「非構...(2015/11/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
IoT時代のマシンデータ分析プラットフォームに求められるものとは
人だけでなく、自動車や医療機器、住宅設備や交通インフラなど、あらゆるモノがネットワークにつながり、その数は2020 年に500 億個を超えると言われている。“ つながり”から価値を生み出すIoT時代へと大きく舵を切り、あらゆるモノから膨大なマシンデータが生成されるI...(2017/1/25 提供:Splunk Services Japan)

技術文書
x86プロセッサにおける最先端電力管理技術
複雑なヘテロジニアスプロセッサは作業負荷がすべてのコアを未使用時に大量の未使用性能の余裕を残す可能性がある。x86プロセッサの高度な電力管理手法は、未使用コアの電力を削減するように設計されるが、その一方、パフォーマンス向上のため各コア間の熱資源(消費電力...(2014/10/21 提供:日本AMD株式会社)

製品資料
SDS専門企業だからできる「高性能&低価格HCI」の秘密とは?
 IT環境を迅速に立ち上げる方法として、近年、ハイバーコンバージドインフラ(HCI)の注目度が高まっている。HCIはSDS(Software-Defined Storage)の技術を使い、外部のストレージアプライアンスを用いず、汎用的なx86サーバ上にコンピューティング機能とストレージ機能...(2017/9/25 提供:データコア・ソフトウェア株式会社)

製品資料
着目すべきは導入時のトータルコスト。4つの理由で選ばれるLinuxONE
 サーバの導入/買い換えにおけるTCO削減のアプローチとして、IBMのハイエンドLinuxサーバである「IBM LinuxONE」が注目されている。その4つの技術的な理由は、IBM LinuxONEがメインフレームとオープンシステムのメリットを併せ持つことで実現している。 メインフレーム...(2017/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月17日号:Amazonはクラウド界のMicrosoftか
 Computer Weekly日本語版 9月17日号は、以下の記事で構成されています。■AmazonがMicrosoft化している5つの兆候 Microsoftはかつて、独占企業として競合企業の敵意を集めていた。今、かつてのMicrosoftのように市場を独占して警戒される存在になりつつあるのがAmazon...(2014/9/17 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
次世代ハイパーコンバージドが実現する「Converged 3.0」とは?
 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、「究極にシンプルなITインフラ」を実現する次世代モデルに移行しつつある。次世代HCIは単にストレージをサーバに内蔵させるだけでなく、ラックにあるさまざまな周辺機器まで統合できるようになる。 また、次世代HCIは全てHCIで...(2017/10/6 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
ソフトウェアベースでインフラ刷新、次世代仮想化基盤の3つのメリットとは?
 仮想化とクラウドというソフトウェアベースのソリューションによって、データセンターのインフラは劇的な効率化とコスト削減を果たした。しかし、ストレージやネットワークは依然としてハードウェアに依存しているため、管理やメンテナンスの手間は従来のままになってい...(2017/9/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
x86サーバを超越した「超高速サーバ」──搭載テクノロジーの全貌に迫る
 ERP、SCM、CRM、BIなど目的ごとに分断されていたITを統合し、業務プロセスをリアルタイムに結び付ける。顧客行動とメタデータから価値のある情報を瞬時に導き出し、ビッグデータ時代をリアルタイムなアクションで勝ち抜く……。「やろうとしても、なかなかできなかった...(2015/2/2 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
ネットワーク仮想化のパフォーマンス問題を理解、強化のポイントは?
 通信サービスプロバイダー(CSP)の間では、新サービスの迅速な投入とネットワーク運用コスト削減の両面の視点から、ネットワーク仮想化(NFV)に注目が集まっている。NFVはファイアウォールなどのネットワーク機能を専用ネットワーク機器から標準的なx86サーバ上で動作...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージド完全ガイド――高まるITインフラへの要求と新たな選択肢
 IT部門にとってインフラは手間を割くべき対象ではなく、業務アプリケーションやサービス提供により多くの時間と予算を使うことが求められている。しかし、だからこそインフラへ求められる水準は高まる一方であり、手間はかけられないが解決すべき課題も多いという苦しい...(2017/10/31 提供:株式会社ネットワールド)

技術文書
「SAP HANA」のスケールアウト、管理のためのセットアップガイド
 「SAP HANA」を導入してデータ分析を高速化した企業は、各部門で個別導入していたBIツールではなく、プラットフォーム化されたSAP HANAで全てのデータ分析を実現しようとする。データ分析に専任の担当者がいる場合は別にして、多くの企業においてデータ分析を行うのは現...(2015/2/13 提供:ノベル株式会社)

製品資料
アプリケーション実装の複雑性を解消、多様な要件に応える次世代インフラとは?
 IT技術の進化とともに、データセンターにおけるアプリケーション上の課題は増え続けている。パフォーマンス、可用性、拡張性、管理性能、ITインフラ、仮想化といった要件は、個々のアプリケーションで異なり、全体として最適化することは容易ではない。 特に、マルチハ...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
ITインフラを1クリックで運用管理――データセンターの複雑化を解消する秘訣
 優れたパフォーマンスやシンプル化、拡張性などを実現するハイパーコンバージドインフラ(HCI)。魅力的な製品が出そろってきたが、数値で比較しやすいスペック・価格だけで選定するのは早計だ。HCIを導入するなら、運用管理機能とストレージ機能にも注目したい。 HCI...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
PCIeより2.5倍高速にGPU-CPU接続。NVLink搭載サーバの実力
 近年注目されるディープラーニングは、回答の精度を上げるために極めて高い計算処理性能を必要とするニューラルネットワークを何階層も構築するとともに、各階層の間で処理結果のやりとりが必要になる。このような多段階にわたる膨大な処理を通常のIT環境で実行するには...(2017/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「Oracle Cloud」を徹底解説――PaaSとIaaSはどう使い分ける?
 企業システムの構築・運用に必要となるさまざまなサービスを提供する「Oracle Cloud」。クラウドに注力するOracleらしく、その機能は多岐にわたり、その把握も容易ではない。そこで、あらためて同サービスの特徴・機能を確認したい。 Oracle Cloudの大きな特徴は、統一...(2017/9/8 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
「ハイパーコンバージド」徹底解説――導入前に知っておきたい重要技術
 優れた仮想化基盤として、拡張性の高いITインフラとして注目されている「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)。オンプレミスで、パブリッククラウドサービスと同等のスピードや運用効率を実現する手法として導入を検討する企業が増えているが、その特徴はまだ十分に...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
仮想システムも数クリックで保護、中小企業向け統合バックアップ製品の実力は?
 現代の企業におけるITインフラはハイブリッド環境に移行しており、68%の企業が物理サーバ、仮想サーバ、クラウドサーバを組み合わせて活用しているという。中小規模の企業やSOHOにおいても、仮想インフラはもはや当たり前の存在となっている。 ハイブリッドなITインフ...(2017/10/27 提供:アクロニス・ジャパン株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージドインフラ製品導入戦略ガイド
 ハイパーコンバージェンスは、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせて複数のタスクを実現するための流行語となっている。ハイパーコンバージドシステムを購入するためのヒント、その技術があなたの組織に何をもたらすのか、そして市場がどのように形成されているのか...(2017/10/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
2020年に760億ドルのアナリティクス市場で成功するカギは「最新CPU」の活用
 ビッグデータの活用に対する関心が高まる中、多くの企業がビジネスインテリジェンスとアナリティクスに向けた投資の優先度を上げている。アナリティクス市場は、2020年までに760億ドルという規模に成長するという予測もある。 成長が期待できる一方で、業績に貢献でき...(2017/9/21 提供:インテル株式会社)

製品資料
注目機能を解説、ビジネス変化に強いハイパーコンバージドインフラの見極め方
 求められる機能の多様化・高度化に伴って、ITインフラは複雑化してきた。必要なリソースは予測が困難で、調達には常にリスクを伴う。複雑化した構成は運用者に高度なスキルを求めるとともに、導入期間も長期化しがちだ。さらに異なるベンダー製品を併用すれば、管理や拡...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

Loading