2007年02月06日 07時00分 公開
特集/連載

ネットワークをインテリジェント化する――対症療法は効果なしロキ・ジョーゲンソンのネットワーク論

オートノミックと言っても、高度な分析をしてくれるわけではない。現状では、ネットの問題解決は結局技術者の肩に掛かっている。

[Loki Jorgenson,TechTarget]

 考える機械という意味での「AI」(Artificial intelligence)という言葉は、すっかり面目を失ってしまった。コンピュータサイエンスが過去数十年にわたり、ありとあらゆる分野にAIを適用しようとした直接的帰結である。これでわれわれは少しは謙虚になるかと思いきや、どうやらそうでもないらしく、「インテリジェンス」という言葉がまたぞろ大げさにもてはやされるようになってきた。今回は、ネットワークとその管理に適用するというものだが、これはまやかしにすぎない。

 確かに、非常に有用な技術も業界リーダー各社によって開発され、先見の明のある企業や先進的なユーザーによって導入されているが、せっかくのこういった成果を狂気じみた宣伝マシンが「ネットワークにおけるインテリジェンス」という言葉で汚そうとしている。

現実を直視する

 まず、自己修復・セルフプロビジョニング型ネットワークは将来的に有望かつ有益であるように見える。しかし現実的に考えてみよう。「オートノミック」(自律型)という言葉は、各システム要素の間の既存の関係を表すルールセットを自動的に処理することを外延的に意味している。とはいえ、これは、アインシュタインが箱の中に入っているというよりも、中でサルがクランクを回しているというのに近い。卑近な例で言えば、呼吸や血圧をつかさどる人間の自律神経系の場合、意識レベルよりも下層で行われる処理に重点が置かれており、われわれの好みや尊厳などは無視されることが多い(例えば失神など)。

 確かに、ネットワーク内での自律的挙動は、どのようなレベルであれ、今日われわれが行っていることから比べると、ほとんど魔法のように見えるだろう。そして「賢い」、「自動的」さらには「意識した」といったような形容詞が当てはまるかもしれない。しかしそれは「インテリジェンス」に匹敵するものではない。

 誇大宣伝は無視するとしても、ほかにも検討すべき現実がある。

 自己修復やセルフプロビジョニングを実現するには、ネットワーク状態の生成と記述に関する技術が大幅に進歩する必要がある。例えば、自動修復メカニズムには、パフォーマンス低下の原因とその場所、そして必要な対策を明確に特定する機能が要求される。そういった機能を提供できる技術は、(まだ)十分に成熟していない。

 二重通信における恐怖のミスマッチを例に取ろう。その典型的なケースが、スイッチのポートに接続されたワークステーションのNICインタフェースがそれぞれ異なる二重通信モードを使用するというものだ。下の図では、ステーションAは交互に送信する半二重通信モード(HD)を使用し、ステーションBは送受信を同時に行う全二重通信モード(FD)を使用している。

figure

 これは、オートネゴシエーションを信用せずに手作業でインタフェースを設定したり、あるいはオートネゴシエーションと手作業による設定を意図的に(しかし間違って)組み合わせた、ほとんどのIPネットワークでよく起きることである。この問題は、修正するのは簡単だが、見つけ出すのは非常に難しい。しかも、あらゆるタイプのアプリケーションに甚大な障害をもたらす。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...