2014年02月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

中小企業が知っておきたい運用管理/資産管理ツールの選定ポイント【第3回】中小企業で求められるPC管理 失敗しないために大切な視点とは

中小企業における運用管理/資産管理ツールの選定ポイントを解説。第1回は運用管理/資産管理ツールの全体像、第2回は注目すべき動向に触れた。第3回はPCを対象とした運用管理/資産管理ツールを取り上げる。

[岩上由高,ノークリサーチ]

 運用管理/資産管理ツールの守備範囲は非常に広い。そのため、「自分が着目している内容が全体像のどの位置にあるのか?」を常に意識しておくことが大切だ。前回(ジョブ管理ツールとハードウェア同梱ツールでできる賢いサーバ管理術)と同様に「役割」(「監視する」「設定する」「統合する」)および「対象」(「PC」「サーバ」「ネットワーク」)の観点から整理した図1を確認しておこう。

zuhan001.png 図1:運用管理/資産管理ツールの守備範囲

PCを対象とした運用管理/資産管理は情報漏えい防止の色彩が強い

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...