2014年07月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

MITが考える目標達成のヒント常勝企業が決して軽視しない「デジタル化」「ユーザー」、そして「女性」

2014年の「MIT Sloan CIO Symposium」では、企業にとってチャンスでもあり、脅威でもある「デジタルエンタープライズ」にスポットライトが当てられた。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

関連キーワード

CIO | Dell(デル) | iPad


ik_tt_mit01.jpg

 「デジタルエンタープライズを推進する」というテーマで開催された第11回となる年次シンポジウム「MIT Sloan CIO Symposium」では、「現状維持だけでなく、ビジネス戦略の決定にITを活用するために最高情報責任者(CIO)が果たすべき役割」について議論が交わされた。丸1日にわたって行われた今回のイベントは、「企業の改革を進める一方で、デジタル化に伴うかく乱要因から企業を防護するには、CIOはITをどう活用すべきか」という問題を考える上で有意義なヒントを与えてくれた。

1. 3つの強みを持つ

 「かく乱要因に対する最大の防御は強くなることだ」――米Massachusetts Institute of Technology(マサチューセッツ工科大学)情報システム研究センター(MIT CISR)のピーター・ワイル上席研究員はオープニングパネルでこのように語った。「問題は何に対して強くなるかということだ」

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...