2014年09月06日 08時00分 公開
特集/連載

徹底レビュー:Amazonスマホ「Fire Phone」の“撮ったものがすぐ買える機能”は本当に安全か画像認識機能「Firefly」などのセキュリティを検証

撮影した製品を自動認識する機能など、先駆的な機能を多数備えた米Amazon.comのスマートフォン「Fire Phone」。便利さの裏に、セキュリティの問題が潜んではいないか。徹底検証する。

[Lisa Phifer,TechTarget]

 米Amazon.comの「Fire Phone」(国内未提供)は、企業ユーザーの関心を喚起する可能性を秘めている。だがその輝かしい外観の下に、セキュリティの問題は隠れていないのだろうか。本稿では、Fire Phoneのセキュリティ機能とその欠点をレビューする。

 編集注:本稿は、Amazonが新たに発表した情報(Fire PhoneへのWPA2-Enterpriseのサポート、ペアレンタルコントロールのサポート、モバイルアプリ制御機能の追加)に基づいて更新した。

 企業は米Amazonの「Kindle Fire」タブレットに適応しようとしているところだ。それを狙い澄ましたかのように、同社の新製品「Fire Phone」は発売された。米AT&Tとの間で独占契約を結んでいるFire PhoneについてAmazonはこう宣伝している。企業ユーザーに適していて、米Googleの「Android」よりも使いやすく、「Google Play」と違って適量のアプリが用意されている。だが、第1世代のFire Phoneがセキュリティチームの悩みの種になることは明らかだ。それには幾つかの理由がある。

 本稿では、Fire Phoneのセキュリティ機能とそこから推測されることについてレビューする。Fire Phoneに備えて準備している企業の情報セキュリティチームの一助となれば幸いだ。

Fire Phoneのセキュリティ機能

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...