2015年10月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

SSDなどのフラッシュストレージを業界団体SNIAメンバーが解説読めば分かる! フラッシュストレージの基本 (1/3)

最近、普及が進む「フラッシュストレージ」。さらに深く理解するため、その種類や普及の背景、導入効果などの基本的解説をお届けする。

[ティントリジャパン合同会社,SNIA日本支部 正会員]

フラッシュストレージとは

photo オールフラッシュアレイは国内でも普及が進むとみられる(TechTargetジャパン「市場調査で分かった、オールフラッシュストレージの導入状況とその使い所」より)《クリックで拡大》

 従来、ITシステムではHDD(磁気ディスク)を主体としたストレージシステムが多く用いられてきました。HDDは技術革新により、データ容量の面では記録密度を向上させ、日々増大するデータの要求に対応してきました。一方、性能面では最も高速なもので15000rpm(毎分1万5000回転)と十数年の間ほとんど向上していません。大容量のHDDではリビルドに1日以上かかり、その間は性能低下を招くなど、I/O性能や故障率などが課題となっています。

 こうした中、不揮発の半導体メモリであるNANDフラッシュメモリを用いたストレージ装置(SSDなど)およびその装置を用いたストレージシステムが、ITシステムにおいて従来のHDDの課題を解決し、さらなる価値を提供する手段として注目されています。本稿では、主にNANDフラッシュメモリから構成されるSSD(ソリッドステートドライブ)などを用いた企業ITシステムのストレージシステムを「フラッシュストレージ」と称し、その特性や種類、利用形態、技術動向、注意点と導入のポイントなどを解説します。

フラッシュストレージの特性

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...