2016年01月03日 08時00分 公開
特集/連載

昇給の鍵は“業務部門の御用聞き”からの脱却――IT部門幹部 報酬調査2015年の管理職報酬に変化はなし(1/2 ページ)

IT部門の上級職は、デジタル化して急速に変化している市場に対応するため、IT戦略の軌道修正に努めている。2015年に変化がなかったのは、管理職の報酬くらいだろう。

[TechTarget]

関連キーワード

Facebook | IT戦略 | Windows 10


 上級のIT担当幹部である最高情報責任者(CIO)や最高技術責任者(CTO)、最高情報セキュリティ責任者(CISO)、IT部門の統括責任者/部長などの2015年の報酬は安定しており、2014年の傾向からほとんど変化が見られない。米TechTargetが北米の上級IT幹部248人を対象に実施した「2015 Annual IT Salary and Careers Survey」のデータによると、上級IT担当幹部の総報酬の中央値は、15万3420ドルだ。これは2014年の総報酬(給与+福利厚生)の中央値15万ドルと2.3%の違いしかない。

 あらゆる業界の企業でデジタルビジネスへと進む顧客と従業員への対応が進んでおり、上級IT幹部は大きな変化に見舞われている。だが、この変化とは裏腹に、IT管理職の報酬は横ばい傾向だ。デジタル革命によって、上級IT幹部の多くが自身の上級IT幹部という役職の在り方について考えることを余儀なくされている。少なくとも、上級IT幹部の高所得層は、うまく現在のビジネスの状況に対応しているようだ(上級IT幹部の基本給は3万6275ドル〜60万ドルと幅がある)。今回の調査では、業務の主眼が「信頼性の高いITサービスを提供すること」から「業績に貢献すること」に移っている状況が明らかになった。

数字で見る管理職の報酬

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。