2016年01月27日 15時00分 公開
特集/連載

激動の2015年を経てこれだけ読めば大丈夫、ストレージベンダー主要12社の行方 (1/2)

EMCとDellは2016年、総額670億ドルに上る合併のプレッシャーに直面することになる。他のストレージベンダーにとっても、販売減や分割などの厳しい環境の中、極めて重要な年になる。

[Dave Raffo,TechTarget]
EMCのジョー・トゥッチ氏(左)と、Dell マイケル・デル氏(右)(出典:Dell)《クリックで拡大》

 騒々しかった2015年が過ぎて、2016年を迎えるとともに、データストレージベンダーは強いプレッシャーにさらされている。

 世界のネットワークストレージ販売は減速し、クラウドがオンプレミスの挑戦を受け、公共市場は不透明さを増しつつあるなど、業界全体が不確実な時代を迎えようとしている。

 しかし、2、3の大手企業を含む十数社のストレージベンダーにとって、2016年は特に重要な年になるだろう。

合併と分割:EMC&Dell、Veritas、HPE

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。