2016年02月07日 07時00分 公開
特集/連載

あなたの知らない「Skype」の進化、有料のサーバ版は何が違う?「for Business」の威力を知る(2/2 ページ)

[Chris Partsenidis,TechTarget]
前のページへ 1|2       

使い勝手はコンシューマー版Skypeと同様

 Skype for Business Serverのクライアントは無料のコンシューマー向けSkypeと同じインタフェースを備えている。連絡先、プレゼンス情報、ボタン、アイコンなどはどれもコンシューマー版と共通だ。

 Skypeのインタフェースは2015年に刷新した。インタフェースの使い勝手が向上し、雑然とした感じを改善している。「クイックアクション」ボタンなどの機能がLyncから新しいSkypeクライアントに移行し、通話、IM、ビデオ会議などの機能を数クリックで利用できる。

 PBXデスクフォンを導入済みの企業は、その電話を使ってSkypeの連絡先リストに登録した相手と通話できる。Skypeクライアントから電話をかけたい相手を選んで発信すれば、Skype for Businessサーバに信号を送る。同サーバがPBXに信号を送ると、ユーザーの回線が開き、デスクフォンを使って通話できる。

 Skype for Businessクライアントでは、ユーザーは電話をかける他、ファイルの共有、音声会議やビデオ会議、デスクトップの共有、IMの送信、他ユーザーのプレゼンス情報をリアルタイムで確認できるなど、多くの機能が利用できる。SkypeクライアントはWindowsとLinuxの他、Androidスマートフォンとタブレット、Appleの「iOS」で用意している。

Skype for Businessと外部サービスを連係する

 Skype for Businessは、インターネットやPSTN(公衆交換電話網)/ISDN、通信事業者など、企業を社外の世界とつなぐためのさまざまな方法を提供する。企業をインターネットと接続し、各種のサービスを提供する役割を果たすのはエッジサーバだ。エッジサービスには以下のようなものがある。

アクセスエッジサービス SIP(Session Initiation Protocol)トラフィックの送受信に使用する

プレゼンスIMプロキシサービス XMPP(eXtensible Messaging and Presence Protocol)プロキシサービスを介して外部ユーザーがプレゼンス情報とIMにアクセスできるようにする

音声ビデオエッジサービス 外部ユーザーによるアプリケーション共有や音声、ビデオ、ファイルの転送をサポートする

Web会議エッジサービス 社内のSkype for Business Serverでホスティングしている会議に外部ユーザーが参加できるようにする

 WANへの導入モデルではもう1つ、リバースプロキシが必須になる。リバースプロキシはエッジサーバと連係し、外部ユーザーが会議のコンテンツをダウンロードしたり、クライアントやデバイスをアップデートしたり、アドレス帳サーバからファイルをダウンロードしたり、URLを使って会議に接続したり、モバイルサービスを提供するフロントエンドサーバを見つけたりできるようにする。

 仲介サーバは、社内VoIPインフラとPSTNネットワークまたはSIPトランク間で信号を変換するためのコンポーネントだ。仲介サーバは通話間のメディアトランスコーディングという重要な役割を担い、Skype for Business Serverが動作しているネットワーク内でSRTP(Secure Real-Time Transport Protocol)の暗号化と復号を実行する。さらに同サーバは通信事業者とのSIP接続やPSTN/ISDNネットワークのゲートウェイとして機能するIP-PBXへのSIP接続を処理する。

 Skype for BusinessをPSTN/ISDNネットワークと接続する必要がある企業は、IP-PBXゲートウェイとともに仲介サーバを使わなければならない。IP-PBXゲートウェイはPSTN/ISDNネットワークの終端として機能し、SIPを使って仲介サーバ経由でSkype for Businessと通信する。

 Skype for Businessには、Microsoftが提供する仕様に準拠し試験要件を満たしている認定ベンダーのリストがある。それ以外のベンダーの製品ではSkype for Businessを使えないというわけではない。ただ余計な手間が掛かることになりかねず、サポートは提供しないということだ。

 Skype for Business Serverは従来とは異なる新しい形のUCソリューションを提供する。数千ユーザー規模の導入をサポートすることで、Skype for BusinessはUCサービスの全く新しい世界的な標準を打ち立てつつある。既にSkypeを使用している企業であれば、ユーザーは恐らくSkype for Businessもすぐに受け入れるだろう。学習時間も確実に最小限で済むはずだ。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...