2016年03月08日 15時00分 公開
特集/連載

そこは変だよ、クラウドベースのバックアップ過度の期待は禁物

クラウドバックアップにはメリットがあるものの、その技術が企業などの“組織”にとっていつも都合がいいものとは限らない。オンプレミスのバックアップが信頼できるケースはまだまだある。

[Paul Crocetti,TechTarget]
バックアップの課題(バックアップ読者調査より)《クリックで拡大》

 クラウドベースのバックアップに関する最大のリスクは、これらが従来のデータストレージバックアップより優れているという誤解だ。クラウド技術は広く市場でその立場を確立しているため、クラウドに移行すると、なんでもかんでもサービスと品質が向上すると幻想を抱くユーザーもいる。

 現在問題なく機能している既存のバックアップ製品を廃止するつもりでいる多くの幹部と話をすると、彼らのほとんどはバックアップ機能をクラウドに移行するつもりでいる。このような場合、クラウドバックアップが良好に機能する業務形態もあるが、従来のバックアップ方法で処理するのが適している可能性のある業務形態もあることを忘れてはならない。

クラウドベースのバックアップには以下のような利点がある:

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。