2016年04月25日 12時00分 公開
特集/連載

Linuxとコンテナを受け入れるMicrosoft、Windows管理者は頭を抱えることに?「Windows Server 2016」を控え、激変する技術環境(1/3 ページ)

「Windows Server 2016」で搭載するコンテナ機能は、システム管理担当にどのような影響を与えるのだろうか。4人の専門家に聞いてみた。

[Tom Walat,TechTarget]
「Nano Server」の動作イメージ(Microsoftの発表リリースから)《クリックで拡大》

 最近のMicrosoftの進化を受け、古くからMicrosoftの「Windows」のシステム管理を担当している人は、異種環境をどの程度受け入れられるのか考えていることだろう。Microsoftのアプリケーションの新しい仮想化方法「Windowsコンテナ」が登場し、「Linux」仮想マシンがクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」で動作するようになった。また、今後リリース予定の機能を最小限に絞り込んだサーバOS「Microsoft Nano Server」はグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)がなく、Microsoftのコマンドライン実行環境「Windows PowerShell」の機能が必要になる。このように、少しずつではあるが従来のクライアントサーバアーキテクチャは消滅する道を歩み始めている。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...