Linuxとコンテナを受け入れるMicrosoft、Windows管理者は頭を抱えることに?「Windows Server 2016」を控え、激変する技術環境(1/3 ページ)

「Windows Server 2016」で搭載するコンテナ機能は、システム管理担当にどのような影響を与えるのだろうか。4人の専門家に聞いてみた。

2016年04月25日 12時00分 公開
[Tom WalatTechTarget]
「Nano Server」の動作イメージ(Microsoftの発表リリースから)《クリックで拡大》

 最近のMicrosoftの進化を受け、古くからMicrosoftの「Windows」のシステム管理を担当している人は、異種環境をどの程度受け入れられるのか考えていることだろう。Microsoftのアプリケーションの新しい仮想化方法「Windowsコンテナ」が登場し、「Linux」仮想マシンがクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」で動作するようになった。また、今後リリース予定の機能を最小限に絞り込んだサーバOS「Microsoft Nano Server」はグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)がなく、Microsoftのコマンドライン実行環境「Windows PowerShell」の機能が必要になる。このように、少しずつではあるが従来のクライアントサーバアーキテクチャは消滅する道を歩み始めている。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

Cookie廃止で広告主とデータプロバイダ、媒体社にこれから起きることとその対策
連載の最後に、サードパーティーCookie廃止が広告主と媒体社それぞれに与える影響と今後...

news100.jpg

メタバース生活者定点調査2023 メタバース利用経験は横ばいでも認知は向上
博報堂DYホールディングスによる「メタバース生活者定点調査2023」の結果です。メタバー...

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...