2016年05月25日 15時00分 UPDATE
特集/連載

新規参入ベンダーが相次ぐ急成長分野「とんでもない数の企業」がひしめくSD-WAN市場、2020年までの爆発的成長は約束されている?

ネットワーク専門家が注目している「SD-WAN市場の再編」「APIとSDN」「次期米大統領に望むサイバーセキュリティ政策」という3つのトピックを紹介する。

[Eamon McCarthy Earls,TechTarget]
VeloCloud VeloCloudはSD-WANを提供するベンダーの1つ(画像は「2015年に最も注目されるSDNテクノロジー『SD-WAN』、導入本格化はいつ?」より)《クリックで拡大》

 IT担当者およびITベンダーのコミュニティーである『Packet Pushers』に寄稿するブロガーのドルー・コンリーマリー氏は、SD-WAN(Software Defined WAN)市場の再編について考察し、この市場には「とんでもない数の企業」がひしめいていると指摘した。同氏は当初から、この市場のベンダーは最終的には、主要な4〜5社しか残らないだろうと見ていたという。しかし、ネットワーク技術の総合イベント「Interop 2016」でベンダーと話した後、コンリーマリー氏は、「再編が起こるかどうかは疑問だ」と考えるようになったという。SD-WAN市場が2020年には、60億ドル規模に拡大すると推計されているからだ。「2015〜2020年の年平均成長率は90%に上る」と同氏は付け加え、ベンダーは、SD-WAN市場で長く存続できそうだと述べた。

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。