2016年05月25日 15時00分 公開
特集/連載

「とんでもない数の企業」がひしめくSD-WAN市場、2020年までの爆発的成長は約束されている?新規参入ベンダーが相次ぐ急成長分野

ネットワーク専門家が注目している「SD-WAN市場の再編」「APIとSDN」「次期米大統領に望むサイバーセキュリティ政策」という3つのトピックを紹介する。

[Eamon McCarthy Earls,TechTarget]
VeloCloud VeloCloudはSD-WANを提供するベンダーの1つ(画像は「2015年に最も注目されるSDNテクノロジー『SD-WAN』、導入本格化はいつ?」より)《クリックで拡大》

 IT担当者およびITベンダーのコミュニティーである『Packet Pushers』に寄稿するブロガーのドルー・コンリーマリー氏は、SD-WAN(Software Defined WAN)市場の再編について考察し、この市場には「とんでもない数の企業」がひしめいていると指摘した。同氏は当初から、この市場のベンダーは最終的には、主要な4〜5社しか残らないだろうと見ていたという。しかし、ネットワーク技術の総合イベント「Interop 2016」でベンダーと話した後、コンリーマリー氏は、「再編が起こるかどうかは疑問だ」と考えるようになったという。SD-WAN市場が2020年には、60億ドル規模に拡大すると推計されているからだ。「2015〜2020年の年平均成長率は90%に上る」と同氏は付け加え、ベンダーは、SD-WAN市場で長く存続できそうだと述べた。

ITmedia マーケティング新着記事

news064.jpg

「ナラティブカンパニー」だけがなぜ生き残るのか
「物語的共創構造」を意味するナラティブ(narrative)は企業視点のストーリー(story)...

news130.jpg

学生・若手社会人の7割以上が「クリエイティビティ」を重視――アドビ調査
「就職活動・若手社会人に必要なクリエイティブスキルに関する調査」の結果です。

news065.jpg

これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティ...