2016年07月01日 07時00分 公開
特集/連載

人類だけではもう無理──複雑怪奇なネットワークを「無線LAN分析」で制御するそれはもう人智を超えた領域(1/2 ページ)

無線LANの状況分析は、モバイル端末とエンタープライズネットワークの両方で管理方法に変化をもたらす。IT部門は分析結果を活用してネットワークのパフォーマンスを最適化し、問題をリアルタイムで解決できる。

[Craig Mathias,TechTarget]

人類を支える「分析」は実際なにをしている

オフィスでも無線LANの利用が多くなってきた。しかし、電波干渉など導入機器が増えると転送効率は急激に悪化してしまう

 無線LANは、今、膨大なデータ転送が引き起こす問題に直面している。だが、幸いにも解決策が存在する。それが「無線LAN分析」だ。

 職場で携帯端末を利用するユーザーが増え続ける中で、無線LANネットワークはかつてなく普及し、重要な存在となった。だが無線LAN接続デバイスの導入規模が大きくなれば、IT部門が需要のパターンを予測し、問題の発生を検知し、そうしたネットワークを最適な状態で管理することは難しくなる。

 IT業界、特にネットワークの分野で「分析」という用語が広まっているのには理由がある。現代の情報システムは、ミッションクリティカルでありながら極めて複雑になったので、ネットワーク管理者が管理画面のステータスページを見ただけで、モバイルアプリケーションへの対応状況や安定性、性能の問題にセキュリティ問題など全てを把握することはもはや期待できない。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...