2016年08月19日 12時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド時代のアプリケーション移植【前編】コンテナ技術「Docker」がアプリケーション移植を得意とする理由

クラウド間でのアプリケーションの移植をサポートする選択肢として仮想マシンとコンテナがある。どちらが最適なのだろうか。

[Tom Nolle,TechTarget]
Dockerの公式Webサイト《クリックして拡大》

 パブリッククラウドやハイブリッドクラウドを検討しているIT組織にとってのフラストレーションの1つは、ホスティング環境やクラウド事業者が異なると、アプリケーション要件も異なる場合がある点だ。つまりアプリケーションインスタンスの作成に当たって、クラウドごとにインスタンスを作成する必要があるかもしれない。また異なるホスティングニーズを反映するため、デプロイするためのスクリプトとマシンイメージの両方に変更を加えることになりかねない。

 コンテナを使えばクラウド間のアプリケーション移植の問題は解決できるのだろうか。それを探るためには、移植に関してコンテナと仮想マシン(VM)との違いを理解する必要がある。コンテナの導入によって移植の問題を解決できることを確認した上で、コンテナが管理性の強いVMやマシンイメージと比較して移植への対応に関して同程度、あるいは優れているのかどうか検討する必要がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...