チャットが電子メールをゼロに? 「Slack」「Microsoft Teams」で変わる“未来の仕事”コラボレーションのハブになる

複数人のグループでチャットするチームチャットが注目を浴びている。さまざまなベンダーがサービスをリリースしているが、仕事において定着するのだろうが。

2016年11月24日 08時00分 公開
[Katherine FinnellTechTarget]
2016年11月に発表されたチームチャットアプリケーション「Microsoft Teams」の公式Webサイト《クリックで拡大》

 一般ユーザー向けのチャットサービスが浸透した今、ビジネス向けのチャットサービスが登場し、複数人のグループでチャットする「チームチャット」がユニファイドコミュニケーションの最新トレンドになっている。チームチャットを導入する最大の目的は、従業員の生産性向上と業務ワークフローの合理化だ。

 チームチャットアプリケーションの人気はこの1年で急上昇している。Nemertes Researchが中・大規模企業40社を対象に実施した調査によると、2015年にわずか2%だったチームチャットアプリケーションの利用率は2016年には33%に急増した。

 だがチームチャットアプリケーションが定着するかどうかについて、2人のアナリストの意見は真っ二つに分かれる。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...