2017年03月23日 15時00分 公開
特集/連載

HDD復活の理由とは? Seagateは容量ベースで過去最高を記録東芝のHDDにも動きが

ストレージ分野ではベンダーも評論家も専門メディアも「これからはオールフラッシュ、HDDは滅びる」と力説するが、HDDは意外としぶといようだ。

[Carol Sliwa,TechTarget]
Seagateが公開したヘリウム充填型HDDはただ容量を12TBに増やしただけはない

 米国で2017年3月初旬に開催した「Open Compute Project Summit」において、Seagateは12TBのヘリウム充填型業務向けHDDを公開した。この新しい3.5インチ厚サイズのHDDは現在、クラウドプロバイダー向けに評価用として出荷中で、正式出荷は6月に開始する予定だ。

 Seagateによると、同社の技術者が非構造型データの保存をめぐる課題について、大手クラウドプロバイダーやOEM各社と共同で検討した結果、従来のヘリウム充填型業務向けHDDのファームウェアとハードウェアを改良し、容量を50%増加させたという。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...