2018年05月21日 05時00分 公開
特集/連載

企業向けブロックチェーンを推し進める「Hyperledger Fabric」とはIBM、Oracle、Microsoft、SAPなども取り組む(1/2 ページ)

ブロックチェーンはビットコインから生まれた技術だ。この技術の企業への導入が検討されている。「Hyperledger Fabric」のようなフレームワークは、ブロックチェーンの企業導入を後押しする可能性がある。

[Jack Vaughan,TechTarget]

 ブロックチェーンは、暗号通貨として初めて登場したビットコインを支える技術だが、ビットコインほど大きな話題になったわけではない。ただしビットコインの影響を受け、ブロックチェーン技術が広まっているのは間違いない。「Hyperledger Fabric」などのフレームワークによって、企業向けに導入される時期に来ているのかもしれない。

 大手企業も新興企業もこぞって、この新しい技術をトランザクションとデータの分散に利用しようとしている。ビットコインネットワークと同様、ブロックチェーンはトランザクションの実行方法とデータの処理方法を変える可能性がある。

 B2Bアプリケーションが、ブロックチェーン導入の最初の領域になるかもしれない。IBM Cloudグループのブロックチェーン技術部門でバイスプレジデントを務めるジェリー・クオモ氏によると、B2Bアプリケーションのプロセスは、「ブロックチェーンを使って見直す」のに適しているという。

 この見直しを進めるには、多くの変化が必要になる。だがクオモ氏は、企業向けブロックチェーン技術を利用することで、将来得られるメリットを引き合いに出す。

 「現在は全員がそれぞれ独自に台帳のコピーを保持する。複数のトランザクションが不首尾に終わると、存在する全ての台帳の照合が必要になる」(クオモ氏)

 このような照合は、商取引において非常に手間と時間のかかる作業の1つだ。複数の台帳の内容についてもめ事が起きるのは普通のことだ。「ブロックチェーンでは、全員が同じデータベースを使用することになる」とクオモ氏は言う。事実、全員が同じ台帳を使用する。ただし、それは分散型の台帳になる。

異なる種類の処理

 ビットコインの基盤となるブロックチェーンはP2P(ピアツーピア)ネットワークを作成する。このネットワークでは、ハッシュコードを識別することで暗号化されるデータのブロックが相互に結び付けられる。ユーザーの匿名性は維持されるが、参加者全員がネットワークに格納されたブロックのコンテンツを見ることができる。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...