API公開で必要なタスクは? 開発者/提供者視点で解説基礎から分かるAPI管理【第3回】

自社サービスの市場価値向上を目的にAPI開発およびAPI公開をする際、どのようなタスクが必要なのか、API提供者の観点で解説する。

2018年07月23日 05時00分 公開
[岡野隆也]

関連キーワード

API | Amazon | Google | SDK | アプリケーション開発


 第2回「APIとは何か? Web APIとの違い、利用者のタスクを解説」では、API利用者の観点から、Web APIの概要、Web APIを自社サービスに組み込む際の留意点および実施すべきタスクについて紹介した。第3回ではAPI提供者の観点で、自社サービスの市場価値向上を目的にAPIの開発および公開をする際にどのようなタスクが必要なのかについて述べる。

API開発および公開のために必要なタスク

 API開発および公開をする際、既存サービスにAPIを実装するパターン、新規サービスにAPIを実装するパターンが考えられる。ここでは上記2つのパターンで共通的に実施すべきタスクと、個々のパターンごとに実施すべきタスクを説明する。

共通で必要なタスク

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...