導入経験者が語る「新しいサーバレス監視ツール」の魅力と弱点とはX-RayとCloudWatchだけでは不足する場合も(1/2 ページ)

サーバレス監視ツールはほんの数年で目覚ましい進歩を遂げてきた。だが、サーバレスインフラを包括的に可視化する機能は依然強く待ち望まれている。

2018年08月30日 05時00分 公開
[Beth PariseauTechTarget]

関連キーワード

Amazon Web Services | API | DevOps


画像 包括的な監視の需要が高まっている。

 New Relic、AppDynamics、Dynatraceなどのベンダーが提供するアプリケーションパフォーマンス監視(APM)ツールは、Amazon Web Service(AWS)の「Amazon CloudWatch」(以下、CloudWatch)を使って「AWS Lambda」(以下、Lambda)環境でサーバレス監視ログとメトリクスを集める。企業のサーバレスユーザーは、CloudWatchのログを、「Splunk」や「Sumo Logic」などのログ監視ツールにエクスポートすることもある。

 このようなツールはメモリ使用量など、システムレベルのデータを重視する傾向があるが、システムレベル以外にも、要求率やネットワークの細かい遅延など、重要度の高いメトリクスもある。

 「私の経験では、手始めに使ってみるにはCloudWatchのメトリクスが優れている」と話すのは、英国のスポーツストリーミング配信サービス企業DAZNのプリンシパルエンジニアを務めるヤン・ツイ氏だ。サーバレスシステムに関する独立コンサルタント兼トレーニングスペシャリストでもある同氏は、テレビゲーム開発企業Space Ape Gamesやソーシャルネットワーク企業のYublなど、さまざまな企業でサーバレスシステムを運用環境に導入した経験がある。「多数の関数を利用する複雑な運用環境で実行すると、Amazonが提供するサポートでは対応できない部分がある」と同氏は続ける。

コードのインストルメンテーションを行う特殊なサーバレス監視ツール

 サーバレス監視ツールは、個別の関数やインフラのリソースを監視するだけではなく「アプリケーションを形成する方法を明らかにする」データを探すことに注力する。こうしたツールは、通常、関数にコードを注入し、監視データをダッシュボードやメトリクス収集用APIに送信する。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...