2019年04月23日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドアプリ開発の初心者向けガイドクラウドネイティブアプリ開発者なら覚えておきたい「4つの基礎」

クラウドネイティブアプリケーションを開発する際に、検討すべき要素とは何か。基礎となる要素4つと、開発を支援するツールについて説明する。

[Zachary Flower,TechTarget]
画像

 「クラウドネイティブ」という言葉は、開発者がスケーラビリティといったクラウドの性質を念頭に置いてアプリケーションを設計、開発、提供することを意味する。クラウドネイティブのアプリケーション開発には一般的に、マイクロサービスやコンテナが関連付けられる。これはクラウドネイティブアプリケーションが、最新の開発手法に沿って作成されることが多いためだ。

 従来のウオーターフォール型ソフトウェアの開発ライフサイクルとは対照的に、クラウドネイティブアプリケーションはもっとアジャイルな手法で開発されることが多い。自動化されたデリバリーパイプラインを通じて、アプリケーションの運用環境は頻繁に変更され、インフラはコードレベルで管理されるようになった。

クラウドネイティブアプリケーションの4つの要素

ITmedia マーケティング新着記事

news090.jpg

ABEJA永淵恭子氏のモットーは「一石二鳥」、マーケティング施策の効果を最大化するために
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news081.jpg

経営者になって分かった「真のマーケティング」――空の松村大貴氏に聞く
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news036.jpg

消費税率引き上げに関する企業の意識、実施の是非は拮抗――帝国データバンク調査
帝国データバンクは「消費税率引き上げに対する企業の意識調査」を実施しました。