無線LANのパフォーマンスを無料で改善する“3つのステップ”ネットワークのストレスを解消

無線LAN環境のパフォーマンスを向上させるには、パフォーマンスを低下させる要因を取り除き、設計を見直す必要がある。スループットを改善するコツとは。

2019年06月05日 05時00分 公開
[Amy Larsen DeCarloTechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | 無線LAN | ネットワーク管理


画像

 有線LANを無線LANに置き換えるメリットは大きい。無線LANにはオフィス内のどこでも業務ができる環境を実現するオープン性があり、企業が無線LANを採用する魅力となっている。だがスループット(実環境におけるデータ伝送速度)が低下すると、生産性の高い業務環境を実現する可能性を閉ざし、無線LANの魅力を打ち消してしまう。

 無線LAN環境で通信トラフィックを渋滞させる要因は幾つかある。例えば、無線LAN環境は外部からの影響を受けやすい。処理性能が不足すればスループットは低下する。

 パスワード設定やその他の認証方法など、セキュリティを適切に管理できていないこともパフォーマンスを低下させる要因となる。セキュリティ管理を怠ると、未承認のユーザーに無線LANのネットワークが開かれた状態になる。未承認ユーザーのトラフィックでネットワークの帯域が埋まってしまえばスループットは低下する。

 動画のストリーミングなど容量の大きなアプリケーションの使用もトラフィックを逼迫(ひっぱく)させる原因になる。

 無線LANのパフォーマンスに関する問題は、比較的容易に解決できる場合が少なくない。業務の生産性を向上させるためにスループットを上げたいのであれば、以下に挙げる3つのステップの実践をお勧めする。

ステップ1:パフォーマンスを重視した設計

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...