2019年06月12日 05時00分 公開
特集/連載

IBM Q System Oneも登場「量子コンピュータ」に乗り遅れないためにCIOは何をすべきか

量子コンピュータの本格的な実用化は先の話だが、研究は進んでいる。量子コンピュータの現況と商用利用が可能になる時期、活用が期待される分野、企業のCIO(最高情報責任者)がすべきことを説明する。

[Linda Tucci,TechTarget]
画像

 量子コンピュータの現状について、ユーザー企業の最高情報責任者(CIO)は把握しておくべきだろうか。「それはCIOがどの業界に身を置いているかによるところが非常に大きい」と、新興技術に詳しいForrester Researchのアナリスト、ブライアン・ホプキンズ氏は語る。

 最初に量子コンピュータの大きな展開があるのは、化学と物理の分野になるだろうとホプキンズ氏は考えている。分子を研究している医薬品メーカーや、新しいバッテリー技術に取り組む自動車メーカーなど、分子レベルでの化学を扱う事業は総じて、量子コンピュータに関係する性質を持っている。

 地質に関連した複雑な計算処理が必要な石油会社やガス会社は、量子センシングおよびハイパフォーマンスコンピューティング(HPC:大規模科学技術計算)と、量子力学の関係に関心を持っている。「量子コンピュータが最初に普及するのは、そうした用途になると考えている」(ホプキンズ氏)

 ホプキンズ氏は、将来的にはあらゆる業界が量子コンピュータに関心を持つようになると言う。その理由は最適化にある。可能性のある膨大な数の答えの中から、最適な答えを見つけられる可能性を秘めているのが、量子コンピュータだ。現時点で既にその技術が実現しているという見方もあるが、「これには議論の余地がある」と同氏は注意を促す。

「IBM Q System One」に見る量子コンピュータの現状

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...