2019年06月21日 05時00分 公開
特集/連載

収益増をどうやって成し遂げたのかAmazonには貢がない――小売大手がAWSではなく「Google Cloud」を選んだ理由

小売大手のKrogerにとって、同社の顧客が利用する検索エンジンのシステムを「Google Cloud Platform」に移行させることは簡単ではなかった。迅速にこれを成し遂げられたのは正しい計画と適切な人材があったからだ。

[Chris Kanaracus,TechTarget]
画像

 小売チェーン店を展開するKrogerは、同社のWebサイトとモバイルアプリケーションの検索エンジンをオンプレミスから「Google Cloud Platform」(GCP)へ移行した。GCPへの移行とともに、同社はインターネットショッピングを含むデジタルビジネスの収益増を狙っていた。

 Krogerはこれまで、さまざまなオープンソースのテクノロジーを駆使して、オンプレミスで検索エンジンを運用していたという。使用していたのは統合開発環境「Spring Tool Suite」、ビッグデータ処理ツール「Apache Kafka」、検索システム「Apache Solr」、分散データベース管理システム「Apache Cassandra」などだ。2019年4月初旬に開催されたGoogleの年次カンファレンス「Google Cloud Next '19」の講演で、Krogerのエンジニアリングマネジャーを務めるジェフ・ヘクト氏が説明した。

 米国最大手のスーパーマーケットチェーンであるKrogerは、2018年度の売上高が1212億ドルに上る。同社が展開する約2800店舗には、一日に約1400万人が足を運ぶ。Krogerの検索エンジンは、こうした顧客のショッピングを支援するだけでなく、顧客の行動履歴を基にした貴重な洞察を生み出している。その洞察が、同社の製品需要予測につながる。

KrogerがGCPへの移行で狙ったもの

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...