2019年08月19日 05時00分 公開
特集/連載

5G時代には「コマンドライン」でのネットワーク管理スキルは無駄になる?必要なスキルはどう変わるのか

5Gはセキュリティ、アプライアンス、ソフトウェアなどネットワーク分野に広く影響し、ネットワーク管理者に求められるスキルを変える可能性がある。それを認識できているだろうか。

[John Fruehe,TechTarget]
画像

 「5G」(第5世代移動体通信システム)への移行が目前に迫っている。「3G」(第3世代移動体通信システム)が登場したとき、企業の間でモバイルデバイス用のネットワークインフラとしての採用が広がった。その後、「LTE」(Long Term Evolution)を含む「4G」(第4世代移動体通信システム)が登場し、さらに高速な通信が可能になった。3Gと4Gが企業のネットワークインフラとして一般化したことで明らかになったことがある。通信事業者のネットワークエンジニアとユーザー企業のネットワーク管理者が必要とするスキルには、共通する部分が少なくないことだ。

 今、5Gへの移行が始まろうとしている。2020年または2021年までに、通信事業者のほとんどが5Gの商用サービスの提供を開始し、2024年までに5Gは企業が利用するモバイルネットワークの主流になるだろう。

 5Gは主に通信事業者が用いるテクノロジーであり、企業のデータセンターのネットワーク管理者が必要とするスキルに直接的な変化をもたらすものではない。ただし目を向ける必要があるのは、5Gはクラウド形式のアプリケーションやモバイルアプリケーションに大きな影響を与える可能性がある点だ。これに伴い、企業がネットワーク管理者に求めるスキルも変わる可能性がある。

ネットワーク管理者に必要なスキル

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...