2019年10月16日 05時00分 公開
特集/連載

「5G」との兼ね合いは「Wi-Fi 6」認証プログラム始動も、オフィスでの導入は限定的? その理由は

「Wi-Fi 6」準拠品の相互運用性を保証する認定プログラムがスタートし、この新規格が広く普及する準備が整った。ただ、企業ユーザーにとっては注意すべき点もある。

[Sean Michael Kerner,TechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | 無線LAN | ギガビット無線LAN


画像

 「Wi-Fi 6」と呼ばれる無線LAN規格が世界的に普及する準備が整った。2019年9月、無線LANの業界団体Wi-Fi Allianceが製品の認証プログラム「Wi-Fi CERTIFIED 6」を正式にスタートさせた。

 この認証プログラムの目的は、Wi-Fi 6の無線LAN仕様に準拠した機器の相互運用性を保証することだ。Wi-Fi 6とは、IEEE(米国電気電子学会)が策定中の無線LAN規格「IEEE 802.11ax」の別称で、Wi-Fi Allianceが定めたものだ。Wi-Fi 6は無線LANのデータ伝送速度の向上や、無線LAN機器の省電力化などのメリットがある。

 「Wi-Fi 6は、間違いなく画期的な技術だ。無線LANのデータ伝送速度や運用効率を高めるだけでなく、より安全な接続を可能にする。新しいマネタイズ(収益化)の道を開くだろう」と、調査会社IHS Markitのアナリスト、エーベル・ネバレス氏は語る。

 ネバレス氏は「Wi-Fi CERTIFIED 6の開始は、Wi-Fi 6に準拠したスマートフォンやルーターを世界中に普及させる上でのマイルストーンになるだろう」と付け加える。Wi-Fi 6は大量のデータを扱うユーザーが待望する無線LAN規格だ。

Wi-Fi CERTIFIED 6の波及効果

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...