2019年10月31日 05時00分 公開
特集/連載

「Infrastructure as Code」の速さはもろ刃の剣、便利さの影にあるリスクとは自動化するにしても、人的リソースは必要

「Infrastructure as Code」によってデータセンターは大きく変わる可能性がある。だが運用上の混乱を避けるためには、徹底的にドキュメントを残しテスト環境を確保する必要がある。

[Brian Kirsch,TechTarget]
画像

 データセンターの各要素を仮想化し、ソフトウェアで構成可能にする「ソフトウェア定義データセンター」(SDDC)の登場により、従来のデータセンターで使われていた多くのテクノロジーが不要になった。たくさんのラックやハードウェアやケーブルが、統合型インフラの「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)と仮想化ソフトウェアに置き換わっている。ネットワーク、ストレージ、サーバ、サーバリソースを、安全で自動化された方法で利用可能にするSDDCは、DevOps(開発と運用の融合)の在り方やIT部門の役割を大きく変える可能性がある。

 「Infrastructure as Code」(IaC:コードによるインフラの構成管理)は、IT部門の運用チームと開発チームがソフトウェアを使って、インフラリソースのプロビジョニング(利用可能な状態にすること)と管理を自動的に実行する。IaCによってIT部門は俊敏性を高め、ビジネスニーズに応えるスピードをさらに上げることができる。その結果、ターンアラウンドタイム(命令を出してから処理が完了するまでの時間)を短縮できる。これは、顧客の獲得にも維持にも効果がある。

 どんなものでも課題やリスクが伴う。IaCも例外ではなく、大きな課題やリスクが幾つかある。

IaCのリスクの評価

ITmedia マーケティング新着記事

news022.jpg

中国向けマーケティング インバウンド“蒸発”をどう乗り越える?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news063.jpg

iOS 14新機能「App Clip」を自社ビジネスに活用する方法
Appleの最新OS「iOS 14」に搭載された新機能の一つ「App Clip」を自社ビジネスに活用する...

news047.jpg

読書「好き」59.7% 新聞「読まない」67.3%――日本財団が「読む・書く」をテーマに18歳意識調査
日本財団は「読む・書く」をテーマに30回目の18歳意識調査を実施しました。