2019年10月31日 05時00分 公開
特集/連載

RPAでは難しくても「AIによる業務自動化」なら実現できることとは?「AI」で進化する自動化技術【後編】

業務自動化システムは人工知能(AI)技術を利用することで、高度な処理が可能になりつつある。具体的にどのような処理ができるようになるのか。

[Kathleen Walch,TechTarget]
画像

 企業はロボティクスプロセスオートメーション(RPA)をはじめとした業務自動化システムによって、職場で発生する単純作業や業務プロセスを自動化できるようになった。さらに業務自動化システムは機械学習をはじめとする人工知能(AI)技術を組み込み、より高度な処理を可能にしつつある。前編「RPAでは満足できない企業に贈る『AIによる業務自動化』のすすめ」に続く本稿は、AI技術を使った業務自動化システムでできることを説明する。

単純なソフトウェアロボットでできること

 どの作業を自動化すべきか見極めるためには、その作業を自動化することで業務プロセス全体を改善できるかどうか、あるいは自動化以前にその作業を残すべきかどうかを見極める必要がある。社内には、業務自動化システムの導入によってすぐに投資効果が出る作業が少なからずある。例えば作業レポートの作成やデータの整理といった反復する単純作業は、RPA製品のソフトウェアロボットに受け渡して自動的に処理することができる。

 業務自動化システムは、部門間で見落とされがちな作業の報告処理に適している。例えばスプレッドシートにデータの不一致がないかどうか検証する責任を1つの部門が担っていて、その不一致の修正を別の部門に引き継ぐとしよう。その場合、業務自動化システムを利用することで、引き継ぎ元の部門が検証から引き継ぎ完了までの手順を簡単に管理できる。

インテリジェントな業務自動化システムでできること

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...