2020年01月20日 05時00分 公開
特集/連載

「Wi-Fi 6」の2つの仕様「Wave 1」「Wave 2」の違いは?製品によって搭載機能に違いも

「Wi-Fi 6」は「Wave 1」と「Wave 2」と呼ばれる2つの仕様に分かれる見込みだ。それぞれどのような機能が仕様に含まれるのか。予測を基に解説する。

[Kevin Tolly,TechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | 無線LAN


 無線LANの新規格「IEEE 802.11ax」を基に、業界団体Wi-Fi Allianceが定めた製品認証プログラムの仕様「Wi-Fi 6」は、「Wave 1」「Wave 2」という2つの仕様に分かれる見込みだ。これは前世代の無線LAN規格「IEEE 802.11ac」を基にした製品認証プログラムの仕様「Wi-Fi 5」が「Wave 1」と「Wave 2」の2つに分かれていることと同様だ。

 Wi-Fi 6はWave 2の登場に合わせて、段階的に新たな機能が追加されると考えられる。Wi-Fi 6に準拠した無線LAN機器の導入を検討する企業は、対象の無線LAN機器がどの機能を備えているのかを確認する必要がある。とはいえ2つの仕様に必須の機能が何になるかは、まだ明確ではない。

 無線LAN機器メーカーに問い合わせれば、検討している機器がWave 1とWave 2のどちらに準拠しているのかを確認できるだろう。ただし、それだけで十分ではない。各仕様には必須機能と任意機能があるので、どちらに準拠しているのかを確認しただけでは、どの機能を搭載しているのかを正確に知ることはできないのだ。

 Wi-Fi Allianceが必須機能と任意機能を明確に公表していないため、搭載機能を見極めることは簡単ではない。Wi-Fi Allianceによれば、その情報は会員企業にのみ提供しており、Wi-Fi仕様の準拠機器を購入する企業には直接提示していないという。

Wi-Fi 6のWave 1

 Wi-Fi AllianceによるWi-Fi 6の認証プログラムは2019年9月に開始した。Wi-Fi 6はWi-Fi 5に対して、通信路容量の増加、高密度環境でのパフォーマンス向上、電力消費効率の向上といった点が改善されている。

Wave 1の必須機能

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...