2020年01月31日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドのネットワーク構築で検討すべき「クラウド性能監視ツール」選びの勘所クラウド接続用ネットワークの基礎【前編】

クラウドを利用するためのネットワーク構築時には、クラウドの性能への影響を監視することが重要だ。こうした作業を効率化する「クラウド性能監視ツール」を適切に検討するには、どのような観点を持つべきか。

[Michaela Goss,TechTarget]

 企業のITチームは、クラウド利用を本格的に検討する前に、自社のビジネスやネットワークの準備が整っているかどうかを確認する必要がある。特にオンプレミスとクラウド、クラウドと他のクラウドの間を接続するネットワーク(以下、クラウド接続用ネットワーク)を構築する際は、さまざまな要素を検討しなければならない。

 クラウドという言葉は「パブリッククラウド」「プライベートクラウド」「ハイブリッドクラウド」「マルチクラウド」といったさまざまな形態を含んでいる。クラウド接続用ネットワークの形態も多様で、規模も異なる。クラウドの形態の違いが、クラウド接続用ネットワークを検討する際の鍵になる。管理ツールを提供するベンダーの違いなど、クラウドの形態以外にも検討しなければならない要素もある。

 企業がクラウド接続用ネットワークを構築する際、IT担当者が知っておくべき基本的な事項を本連載で解説する。

状況が見えにくいクラウドの性能監視

 クラウド接続用ネットワークを構築する際に注視すべきなのが、データ伝送速度やアプリケーションの応答速度といったクラウドの性能への影響だ。クラウドの性能を適切に監視するためには、まずはクラウドのアーキテクチャによる違いを知っておく必要がある。

 ITコンサルティング会社West Gate Networksのプレジデントを務めるアンドルー・フローリッヒ氏は、クラウドそのもののアーキテクチャはパブリッククラウド(ベンダーのインフラを部分的に専有する「ホスティング型プライベートクラウド」を含む)と、オンプレミスのインフラにプライベートクラウドを構築する「オンプレミス型プライベートクラウド」の2種類に大別できると説明する。

ベンダーによって異なるクラウド性能監視ツール

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。