2020年02月12日 05時00分 公開
特集/連載

小売業で「5G」は必要か【前編】「5G」よりも「Wi-Fi 6」を好む小売業者 両者の決定的な違いは?

次世代無線ネットワーク規格「5G」。そのメリットを最大限活用できるかどうかは業種によって異なる。小売業者の場合、5Gに対する見方は少々辛口だ。それはなぜなのか。

[Michaela Goss,TechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | ネットワーク


 ITの世界で「5G」(第5世代移動通信システム)が注目を集めている。ただし小売業者は総じて、5Gをもてはやすその動きを特に気に掛けていない。

 確かに幾つかの用途では、5Gの導入によって即時的な効果が得られるだろう。今のところ小売業においては、5Gの機能は過剰だと言わざるを得ない。小売業でも仮想現実(VR)のような高度な機能を要求する用途であれば5Gは有用だと考えられるが、一般的に言って小売業者がすぐに5G導入に着手することはないだろう。小売業にとって十分役に立つ無線ネットワークは他にもあるからだ。

 調査会社Forrester Researchは、小売業の5G利用に関する調査レポート「The CIO's Guide To 5G In The Retail Sector」を発表した。このレポートでは、主席アナリストのダン・ビーラー氏が小売業における5Gの用途を探り、他業種との違いを解説している。

 「既に小売業者は既存技術で優れたアプリケーションやサービスを実現しており、リスクを冒してそれに変更を加えることはないだろう」と、ビーラー氏は同レポートの中で指摘している。「5Gを導入するために必要な、ネットワークインフラへの追加的な投資に関する明確なROI(投資対効果)は見えていない」(同氏)

 ビーラー氏によると、小売業者は5Gを使用することに関心を持ってはいるものの、実際に5Gを導入した小売業者はほとんどない。一部の小売業者は、既存のMPLS(Multi Protocol Label Switching)接続の代替として5Gを選択することもあるだろう。ただし実際に選択されるかどうかは、料金体系とビジネス要件に左右される。

 小売業者のIT担当者は、自社のネットワークとして5Gよりも無線LANを好む可能性があるとビーラー氏は指摘する。全ての小売業者が、5Gならではの高い性能を必要とするとは限らないからだ。

 小売業の用途においては、5Gは変革への意欲をかき立てる魅力的な要素に欠ける。その大きな理由は、移動体通信のネットワーク技術は、室内の通信を担う目的で開発されたわけではないからだ。5Gで使用される電波の中には、「ミリ波」と呼ばれる比較的高い周波数帯の電波がある。ミリ波は直進性が高く、室内にある物体が妨げる可能性がある。

小売業者が5GよりもWi-Fi 6に関心を寄せる理由

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

エコ活動・SDGsへの意識 「フードロス」「廃プラスチック」に高い関心――CCC調査
エコ・環境問題への関心や関連トピックスへの認知度などを調査しています。

news115.jpg

国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で...

news040.jpg

アノニマスリードへの対応からインサイドセールスまで、MAツールを使った体制を構築――ONE COMPATH
20〜40代女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!」を運営す...