2020年03月04日 05時00分 公開
特集/連載

量子コンピュータが「単なるPCの進化系」ではない理由量子コンピュータの用途と課題は?

大手からスタートアップまで、国内外のベンダー各社が研究開発を進める「量子コンピュータ」。その基本的な仕組みと用途、現状の課題を解説する。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

 IT業界で「量子コンピュータ」の実用化に向けた検証が進んでいる。量子コンピュータとは、量子力学の原理を利用して高度な演算処理を可能にするコンピュータだ。IBMの「IBM Q Experience」など、量子コンピュータの高度な演算能力を利用できるクラウドサービスも登場している。

 国内では、量子コンピュータ関連のアプリケーションを開発するスタートアップ(創業間もない企業)が相次いで登場している。2019年7月には、クラウドインテグレーターのテラスカイが、量子コンピュ―タ向けソフトウェアの開発やユーザー企業向け導入支援サービスを手掛ける会社Quemixを設立した。QuemixはIBM製の量子コンピュータ「IBM Q」の利用契約を締結しており、顧客は20量子ビットの実機を利用できるという。量子ビットは、量子コンピュータが扱う情報である「量子情報」(量子力学に基づいて状態が決定する情報)の最小単位だ。その他にもQunaSysやMDRなど、量子コンピュータ関連の幾つかの国内スタートアップが活動している。

 本稿は「テラスカイ デイ 2019」の講演を基に、量子コンピュータを取り巻く状況と、活用が期待できる分野を解説する。

量子コンピュータは「PCの進化系」ではない

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...