2022年02月18日 05時00分 公開
ニュース

Automation AnywhereがFortressIQを買収 RPA大手から「プロセスインテリジェンス」ベンダーへTechTarget発 世界のITニュース

業務プロセスの改善や自動化を支援するプロセスインテリジェンスの分野で、RPA各社が買収を活発化させている。Automation AnywhereによるFortressIQ買収の話題に関連して、業界再編が進むRPA業界の動向を解説する。

[Esther Ajao,TechTarget]

関連キーワード

Microsoft(マイクロソフト)


 RPA(ロボティックプロセスオートメーション)ベンダーのAutomation Anywhereは2021年12月、プロセスディスカバリー製品ベンダーであるFortressIQを買収する正式契約を締結したと発表した。プロセスディスカバリーとは、業務プロセスの中で自動化が可能なステップを特定する技術や手法を指す。なおAutomation AnywhereとFortressIQは、買収にかかる費用を開示していない。

RPA企業の注目を集める「プロセスインテリジェンス」とは

 独立系RPAベンダーとしてUiPathと並ぶ有力企業と見なされているのがAutomation Anywhereだ。同社は人工知能(AI)技術を搭載したビジネスプロセス自動化ツール「デジタルワーカー」を提供している。デジタルワーカーは、特定のタスクを自動化するだけでなく、特定の職務に関連する一連の作業を自動化する。

 Automation AnywhereはFortressIQの買収によって、AI技術を搭載したクラウドRPAシステム「Automation 360」を進化させようとしている。具体的には、プロセスディスカバリー機能やインテリジェンス機能を強化することで、ユーザー企業があらゆるシステムやアプリケーションでAutomation 360を活用できるようにする。ユーザー企業がこのツールを使えば、どの業務プロセスが自動化できるか、もしくは自動化すべきなのかを迅速に特定できるようになる。

 「FortressIQは(Automation Anywhere製品の)RPAの力をブーストさせる」と、Automation Anywhereの最高執行責任者(COO)であるマイク・ミクッチ氏は話す。「プロセスディスカバリー機能を活用し、自動化の対象となる業務プロセスを新たに特定してRPAに取り込むことで、真の効率化を効果的に実現できる」(ミクッチ氏)

 RPAを補完する技術に「プロセスインテリジェンス」がある。プロセスインテリジェンスとは、業務システムのイベントログを基に業務プロセスを分析して改善する「プロセスマイニング」と、プロセスディスカバリーを組み合わせたものだ。Automation Anywhereはプロセスインテリジェンスの具体的な機能として、FortressIQの買収で得たプロセスディスカバリー機能を生かすとみられる。

 大手RPAベンダーが株式公開前にプロセスインテリジェンスを自社のポートフォリオに加えるケースがある。Automation Anywhereの競合であるUiPathも2019年10月、米ニューヨーク証券取引所への上場前にプロセスマイニングベンダーのProcessGoldを買収した。Kryon Systemsをはじめとする他のRPAベンダーも、自社のRPAツールにプロセスインテリジェンス機能を搭載している。

FortressIQの興味深いポジション

 FortressIQは今回の買収において興味深いポジションにいる。同社はワークフロー自動化ツール「Power Automate」を持つMicrosoftや、Automation Anywhereと競合するRPAベンダーBlue Prismと技術提携している。ユーザーコミュニティーサイトに投稿された内容や報道によると、Blue PrismはプライベートエクイティファンドのVista Equity Partners Managementに買収される可能性がある。2020年にはMicrosoftがRPAベンダーのSoftomotiveを買収し、Power Automateのユーザーにローコードシステムを提供できるようになった。

 「Automation AnywhereがFortressIQを買収して一つの会社になると、MicrosoftやBlue Prismとのパートナーシップの優先順位は下がる可能性が高い」と話すのは、業務自動化とAI技術に特化したコンサルティング企業RPA2AI Researchのアナリスト、カシュヤップ・コムペラ氏だ。Power AutomateやBlue Prism製品のユーザーは、プロセスプランニングのための長期的な戦略を立てる必要があるとコムペラ氏は指摘する。

 FortressIQの創業者兼CEOであるパンカジ・チャウドリー氏は「他社とのパートナーシップも素晴らしいものだが、Automation Anywhereに買収されたことでユーザー企業にさらなる価値を提供できる」と述べる。ユーザー企業が求めているのは、自動化できる業務プロセスの発見から業務自動化の実現までを一手に引き受けることのできる企業であり、パートナーシップだけでは難しいとチャウドリー氏は考えている。

TechTarget発 世界のITニュース

新製品・新サービスや調査結果、セキュリティインシデントなど、米国TechTargetが発信する世界のITニュースをタイムリーにお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...