FinTechが大盛況なのに「女性FinTech創業者の資金調達が進まない」問題活況のFinTech業界に影を落とすジェンダーギャップ【後編】

投資額が大幅に伸びた2021年の英国FinTech業界。一方で男性創業者と女性創業者の調達資金には差があり、FinTech業界が抱えるジェンダーギャップの問題は解決に至っていない。

2022年03月21日 10時00分 公開
[Karl FlindersTechTarget]

関連キーワード

金融


 FinTech(金融とITの融合)の業界団体Innovate Financeの最高経営責任者(CEO)ジャニーン・ハート氏は「英国はもちろん世界全体を見ても、2021年はFinTech業界にとって素晴らしい1年だった」と語る。同社が2022年1月に発表した調査データによると、2021年は2020年と比べて英国および世界でFinTech業界への投資額が大幅に増えた。この事実は「金融サービスに前向きな変革を促す世界レベルのイノベーションと、独創的なアイデアがFinTech業界に生まれていることを示す、何よりの証拠だ」とハート氏は主張する。

 活況を呈する一方、FinTech業界には見逃してはいけない課題がある。それはジェンダーギャップの解消だ。

女性FinTech創業者の資金調達が進まない 解決策は

 英国FinTech業界における2021年の総投資額のうち、女性のFinTech創業者が調達した金額が占める割合はわずか9%だった。金額こそ2020年の3倍以上に増えているが、全体に占める割合は2020年とほぼ同じで、2019年の13%から縮小した。

 FinTech企業TAINA Technologyの創業者のマリア・スコット氏は、女性が率いる企業への投資を男性と同等にするためには「やるべきことがたくさんある」と話す。スコット氏によれば、この問題に対する世の中の認識は高まっている。現時点で重要なのは、「この勢いが失われないようにし、それが女性創業者にとって意味のある後押しにつながるよう、万全を期すことだ」と同氏は話す。

 「私たちは今後もこの問題に取り組み続け、多方面で作戦を仕掛ける必要がある」とスコット氏は主張する。具体的な支援策として同氏は、ロールモデルの提示や継続的な啓発活動、新たなビジネスチャンスの創出などを挙げる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

D2CとD2C Rが「docomo connecting path(コネパス)」計測タグを無料配布
D2CとD2C Rは、Cookieレス環境でもリターゲティング広告やオーディエンス分析が可能な新...

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...