「NLP」(神経言語プログラミング)はデータ分析にどう役立つのか?“今どきのデータ分析”を支える技術【第3回】

人の心理を読み解く「神経言語プログラミング」(NLP)が、データ分析をより簡単に、より効率的にする可能性があるという。NLPはデータ分析にどう寄与するのか。

2022年05月11日 05時00分 公開
[Lisa MorganTechTarget]

 人の思考、行動パターンをモデリングする手法「神経言語プログラミング」(NLP:Neuro-Linguistic Programming)を取り入れるデータ分析ツールが登場している。NLPは、データ分析の専門家ではない「市民データサイエンティスト」でもデータ分析を可能にする可能性がある。

“人の心理”を読み解く「NLP」が「データ分析」にどう役立つのか

 QlikTech International(Qlikの名称で事業展開)で製品マーケティングディレクターを務めるアナンド・ラオ氏によると、NLPはエンドユーザーの意図を理解し、検索文字列を解析して分析に関するクエリ(データ操作要求)を解釈する。データウェアハウス(DWH)へのクエリにもNLPを活用可能だ。NLPにより、アナリストはSQLなどのデータベース操作言語を使わずに、DWHにデータや計算を要求できるようになる。

 NLPは、データ分析のさまざまなタスクの自動化に貢献し得る。ラオ氏によるとNLPは、DWHの運用に必要な以下のプロセスの自動化に役立つ可能性がある。

  • データモデルの作成とインポート
  • データの型(種類)の判別
  • データの検証
  • データ品質に関する規則の順守
  • DWHやデータマートの作成

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...

news132.jpg

「Apple炎上」から何を学ぶか?(無料eBook)
Appleが新しい「iPad Pro」の広告用に公開した「Crush!」が世界中で大炎上したのは記憶に...

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...