2022年09月28日 08時15分 公開
特集/連載

日本も韓国も悩む「自動化で失業」よりも深刻な“あの問題”とは?自動化が変えるAPAC主要5カ国の雇用情勢【後編】

日本を含むAPAC主要5カ国では、自動化が雇用に大きな影響を及ぼすとForrester Researchは指摘する。ただし雇用を左右する要因は自動化だけではない。各国で異なる事情を整理する。

[Aaron TanTechTarget]

関連キーワード

業務改善 | 業務効率


 調査会社Forrester Researchは2022年8月、調査レポート「Future Of Jobs Forecast, 2020 To 2040(India, China, South Korea, Australia, and Japan)」を公開。APAC(アジア太平洋地域)に属する5カ国の経済大国である日本、インド、中国、韓国、オーストラリアでは、2040年までに計6300万人分の雇用が失われるとの予測を示した。主な原因としてForresterは、物理的なロボット技術による自動化による影響を挙げる。ただし詳細な事情は各国で異なるという。

自動化よりも深刻な“あの問題”も APAC主要5カ国の悩み

 雇用の減少について、各国は異なる課題に直面している。Forresterが調査レポートで取り上げた内容を整理しよう。

  • 日本
    • 少子化と労働人口の高齢化に伴い、2020年から2040年までに労働人口が19%減少する見通しだ。2020年から2050年までに労働人口はほぼ3分の1になるとみられる。
  • インド
    • 今後20年間で1億6000万人が新たに労働者になり、労働人口は2040年までに11億人に達する見通しだ。労働市場に新規参入する労働者のために雇用を創出することが、主要な優先課題となる。
  • 中国
    • 2040年までに労働人口が11%減少し、雇用の7%が自動化によって失われる見通しだ。だがIT業界の雇用増加が喪失分を上回り、2040年までに380万人分の新規雇用が生まれるとみられる。
  • 韓国
    • 日本と同様に労働人口の高齢化に直面している。2040年までに労働人口が23%減少する見通しだ。
  • オーストラリア
    • 業務を自動化して生産性を高め、人件費を削減する動きが加速している。2040年までに自動化によって雇用が11%失われる見通しだ。

 コンサルティング分野や科学分野の仕事は、自動化が難しい傾向にある。これらの分野はむしろ雇用が伸びる可能性があるとForresterはみる。

 APAC主要5カ国は、上述の通り固有の課題に直面している。一方で「『女性の雇用拡大』といった普遍的な重点分野への取り組みが、労働人口の減少を補うのに役立つ」と、Forresterでプリンシパルフォーキャストアナリストを務めるマイケル・オグレイディ氏は話す。「STEM」(科学、技術、工学、数学)教育への投資やIT人材の育成、フリーランスワーカーの権利保護も、極めて重要になるとオグレイディ氏は考えている。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...