クラウド仮想デスクトップ「Azure Virtual Desktop」“最大の課題”はこれだ「Azure Virtual Desktop」(AVD)のストレージ構築のポイント【第4回】

MicrosoftのDaaS「Azure Virtual Desktop」には導入や運用を困難にする、ストレージ関連の課題がある。その課題とは何か。専門家に話を聞く。

2023年04月07日 05時00分 公開
[Katie FentonTechTarget]

 MicrosoftのDaaS(Desktop as a Service)である「Azure Virtual Desktop」(AVD)には、ユーザー企業の導入を難しくする“ある課題”が存在するという。AVDの導入や管理の解説書『Mastering Azure Virtual Desktop』の著者であるライアン・マンガン氏が、Microsoftやパートナー企業、AVDのユーザー企業に話を聞く中で浮上した、AVDの課題とは何か。

Azure Virtual Desktopが抱える“あのストレージ問題”とは

―― Azure Virtual Desktopについて、今後改善してほしいことはありますか。

マンガン氏 Microsoftとパートナー企業はAVDを拡張し、改善を続けているものの、課題はある。AVDが抱える一番大きな課題はコストだ。

 MicrosoftはAVDをはじめとしたクラウドサービス群「Microsoft Azure」を従量課金制で提供している。そのためAzureのユーザー企業は、システムを使うための初期投資を抑えられる。ただし5年単位で見ると、コストはかなりの額に上る。

 オンプレミスのストレージの方が、常にコストを抑えられるわけではない。しかし特に大容量のクラウドストレージの場合、料金が高くなりがちだ。クラウドベンダーは何らかの形でクラウドストレージの提供に掛かるコストを削減・圧縮し、料金を抑えて、ユーザー企業にとってより使いやすくなるようにしてほしい。

 2023年現在は、世界的に少し厳しい経済情勢だ。もっとユーザー企業が利用しやすい料金になれば、Azureサービス群はさらにユーザー企業で利用が広がると考えられる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...