期待の「20TB超えHDD」が扱いにくい“問題児”に変わるときまた新しくなるHDD【後編】

1台のHDDでより多くのデータ量を保管できるようになるのはコストの点で利点が見込める。だが利点の裏には、何らかの懸念点が存在することもある。HDDベンダーが重視し始めたHDDの設計とは。

2023年04月07日 05時00分 公開
[Adam ArmstrongTechTarget]

 HDDの主要ベンダーの2社、Western DigitalとSeagate Technologyは、HDD内部の“ある設計”を重視し始めている。背景にあるのは、容量増大が今後も続く見込みであることだ。既に容量20TBを超えるHDDは珍しくなくなっている。扱うデータ容量が大きくなることで、どのような問題が発生してしまうのか。

「大容量化するHDD」が“問題児”に変わる謎

 HDDベンダーは、磁気ヘッドを制御するアクチュエーターを2つ搭載する「デュアルアクチュエーター」の設計を取り入れ始めた。デュアルアクチュエーター搭載のHDDを拡充させてきたSeagate Technologyに続いて、Western Digitalは2023年に入ってから情報を公開したデータセンター向けHDD「Ultrastar DC HS760」(写真)に、デュアルアクチュエーターを搭載した。

写真 写真 Western Digitalのデータセンター向けHDD「Ultrastar DC HS760」(出典:Western Digitalの公式Webページ)《クリックで拡大》

 デュアルアクチュエーター搭載のHDDでは、2つの独立したアクチュエーターが同時にデータを読み書きする。そのため、アクチュエーターを1つしか搭載しないHDDに比べてデータの読み書きが高速化するという分かりやすい利点が見込める。

 調査会社IDCのアナリストであるエド・バーンズ氏は、デュアルアクチュエーターは「将来のストレージ市場に大きな恩恵をもたらす可能性がある」と指摘する。企業が保有するデータ量は増大する傾向にあり、読み書きやデータ転送の性能を向上させなければ、必要なデータを正常に扱えなくなってしまう懸念があるからだ。

 容量の増加を見据えると、複数のアクチュエーターを利用するマルチアクチュエーターの技術は極めて重要になる。「シングルアクチュエーターでは、大容量のHDDが保管する全てのデータに素早くアクセスできない可能性がある」(バーンズ氏)

 調査会社Coughlin Associatesのプレジデント、トム・カフリン氏も、デュアルアクチュエーターの必要性が今後より高まるという点に同意する。特にカフリン氏が懸念するのは、HDDには寿命があり、寿命が来るHDDは交換しなければならない点だ。

 HDDが大容量になるほど、ストレージのリビルド(再構築)には時間がかかる。デュアルアクチュエーターを使えばリビルドの時間が短縮することが期待できるため、カフリン氏は「HDDが寿命を迎えて、データの読み書きができなくなる事態に陥るリスクを低減できる」と見込む。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...