自動車レースとクラウドをつなぐPorsche独自ハイブリッドクラウドの中身Porscheがレースに使うハイブリッドクラウド【第3回】

電気自動車のレース「フォーミュラE」で、Porscheのチームは走行する車体が生み出すデータを利用する。Porscheがそのために活用する仕組みとは。

2023年05月02日 05時15分 公開
[Antony AdsheadTechTarget]

 TAG Heuer Porsche Formula E Team(以下、Porsche Formula E Team)は、電気自動車のフォーミュラ1(F1)と呼ばれる自動車レース「ABB FIA Formula E World Championship」(以下、フォーミュラE)の出場チームの一つだ。同チームは、ハイブリッドクラウド(オンプレミスインフラとクラウドサービスを併用する構成)を構築してデータを管理している。

ハイブリッドクラウドを使い分ける仕組み

 Porsche Formula E Teamは、データをクラウドサービスで管理するために以下を利用している。

  • Microsoftのクラウドサービス群「Microsoft Azure」
  • Microsoft Azureのオブジェクトストレージサービス「Azure Blob Storage」
  • ストレージベンダーNetAppのストレージOS「ONTAP」をクラウドサービスで稼働させる「Cloud Volumes ONTAP」

 同チームがハイブリッドクラウドでデータを管理する際に役立っているのが、NetAppのソフトウェア「Global File Cache」(GFC)だ。GFCは、さまざまな場所に分散しているファイルサーバをクラウドサービスに集約し、一元管理する機能を持つ。

 データは基本的にクラウドサービスに格納される一方で、頻繁にアクセスするデータはレース会場のストレージに保存される。レース会場のストレージにないデータを使いたい場合は、クラウドサービスからデータを呼び出すことができる。自動車メーカーDr. Ing. h.c. F. Porsche(以下、Porsche)でモータースポーツ分野におけるIT責任者を務めるフリーデマン・クルツ氏は、この仕組みを「ハイブリッドクラウドなのにシームレスだ」と述べる。


 第4回は、限られた時間、人員、予算の中でデータ管理を最適化していくための方法をPorscheの事例で掘り下げる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...