TechTargetジャパン

技術文書
これで完璧、Microsoft Office 2013展開ガイドブック
 本ドキュメントは、IT管理者を対象に、Office 2013を展開する方法について詳しく説明したガイドブックだ。ボリュームライセンス認証から、クライアントPCへのセットアップ、他言語での展開方法まで手順とともに細かく解説する。解説には、ポイントをまとめた「メモ」や...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Windows 32ビット/64ビット プラットフォーム用ドライバーインストール
 32ビットと64ビットの両方のプラットフォームにデバイスをインストールする場合、プラットフォームごとにネイティブ ドライバー パッケージを提供する必要があります。ただし、単一の32ビット インストーラーを使用して、いずれのドライバー パッケージでもインストール...(2010/9/11 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
東芝の最新マイコン「TXZファミリー」データーシート【限定公開中】
 東芝の新マイコンファミリー「TXZファミリー」。その特長は、最先端技術を盛り込んだマイコンそのものにとどまらず、ユーザーの“やりたいこと”を具現化するためのソリューション/技術サポートでもこれまでのマイコンと一線を画す、ユーザー目線にこだわった新しいマイ...(2016/8/30 提供:株式会社東芝 ストレージ&デバイスソリューション社)

技術文書
「mbed」を使って初歩から学ぶARMマイコン開発
 ARMプロセッサの中で最もエントリーレベルなマイクロコントローラーの1つ「LPC1114FN28(以下、LPC1114)」を使って、マイコン開発のイロハを学ぶ。 エントリークラスとはいえLPC1114は、32bit CPUコア ARM Cortex-M0を搭載し、豊富な周辺機器(ペリフェラル)を備えて...(2016/5/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
シノプシスDesignWare ARC HS38シリーズ
本稿は、シノプシス社がライセンス供与しているDesignWare ARC HS38シリーズCPUコアについて説明したものです。これらのコアは、32ビットRISCパフォーマンスを必要とする組込みアプリケーション向けに、面積と消費電力を最小限に抑えて同社が開発した最新のCPUです。本稿...(2015/3/9 提供:日本シノプシス合同会社)

レポート
短時間で導入・作動、ハイパーコンバージド製品の導入メリットを比較検証
 ITの運用効率を高めるためにインフラの仮想化が広がる中、仮想マシンの拡大とリソースの使用率の向上は、IT管理者にとって頭の痛い問題だ。複数の管理者がインフラストラクチャの異なる部分を担当すると、インフラのサイロ化が進んでしまう。そこで、注目されるのが、ハ...(2016/9/5 提供:EMCジャパン株式会社)

レポート
HDD暗号化ツールへの不満を全て解消、ユーザーと管理者の負荷をなくす製品選び
 PCの盗難・紛失時に重要データの流出を防ぐ最後の砦となる「HDD暗号化」。実際の運用では、PCのパフォーマンスが低下したり、PCへのログイン操作が2回に増えたりするケースがあり、ユーザーにとっての大きなストレスとなっている。 管理者にとっても、暗号化されていな...(2016/8/25 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

製品資料
そろそろ見直したいマイナンバー業務環境、安全性と利便性は低コストで改善
 既に一巡した感のあるマイナンバー対策だが、運用が定着したことで見えてきた課題もある。セキュリティは強固だが各種システムへのサインオンが不便なケースや、利便性は高いが「なりすまし」行為などへの対策が不十分なケースなど、マイナンバー業務環境に課題を抱える...(2016/7/21 提供:株式会社日立ソリューションズ)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年5月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年5月号をご紹介。 特集記事では、2014...(2016/7/5 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Windows 10の「明」「暗」──“高速起動”と“データ収集”を詳しく見る
 Windows 10の正式公開から1年が過ぎた。ユーザーの評価が厳しかったWindows 8/8.1と比べてWindows 10の評価は高い。2016年8月2日には大規模アップデート「Anniversary Update」を配布してWebブラウザ「Edge」の拡張機能やペン入力機能の改善などを行っている。 ただ...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

事例
モバイル向け製品やサービスの実機検証――新端末の発売ペースに追い付くには?
 モバイル市場の成熟により、ユーザーは製品やサービスを選ぶ際に今まで以上に品質を重視するようになった。その一方で市場の多様化も進んでおり、2015年には国内通信キャリアだけでも80台近くのモバイル端末を市場に投入している。 そのため、モバイル向け製品・サービ...(2016/7/28 提供:株式会社KSK)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年11月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年11月号をご紹介。 特集記事では、201...(2016/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
測定の効率をあげるBenchVueソフトウェア
 BenchVueソフトウェアなら、機器の設定、測定、データ保存、ロギング等の一連の測定作業をPCから操作できるのはもちろん、繰り返し測定などの簡単なテストシーケンスもテストフローアプリケーションを使って実現できる。基本プラットフォームは無償、Proバージョンはラ...(2016/4/25 提供:キーサイト・テクノロジー合同会社)

レポート
分かっていたけど手を付けず、かなり大変な旧式Windowsの「10化」
 これまでも、新しいOSが登場するたびに、旧式版をかたくなに使い続けるユーザーが少なからずいた。新しいバージョンはどうしても不具合を内在してしまうため、問題回避ために長期間にわたって膨大なアップデートを重ねてきた旧式版を使いたいというのは、確かに妥当な考...(2016/5/26 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
IoTの構築におけるオープンソースの役割
 IoT(Internet of Things)の構築は驚異的な速度で進行している。2020年までには、500億台以上のインテリジェント機器がインターネット上で接続され、情報を交換すると予想されている。この“モノ”の群れには、驚くほどの多様性があり、コンピュータからインフラ機器、セ...(2016/3/28 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

技術文書
日本の自動車メーカーの開発を支える「適合プロセス」とは何か
 日本のモノづくりの衰退が叫ばれる中で、自動車産業は世界市場で互角以上に渡り合う強さを維持している。 本資料では、その日本の自動車メーカーの強さを支える「適合プロセス」について解説した連載企画「いまさら聞けない 適合プロセス入門」の、・前編「日本の自動...(2016/3/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
オープンソースの無償3D CAD「FreeCAD」の機能まとめ
 人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回は過去の人気記事から「オープンソースの無償3D CAD「FreeCAD」を使ってみた」をお届けする。 ユーザー登録不要の無償CAD「FreeCAD」はモデリング以外の機能も盛...(2016/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
基礎から始める最新AUTOSAR入門
 AUTOSARとそれを取り巻く環境は刻々と変化している。 本資料では、2011年にMONOistで好評を博したAUTOSARの解説連載「AUTOSARとは?」の筆者が、2015年現在のAUTOSARの仕様や策定状況、関連する最新情報について説明する。(1)AUTOSARとは?/What is AUTOSAR? −2015...(2016/1/12 提供:イータス株式会社)

技術文書
Arduinoで電子工作をはじめよう!全12回連載まとめ
 「アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう」の全連載12回をまとめ読み!【目次】 (1) お手軽モノづくり体験 ――「あったらいいな」をArduinoでカタチにしてみよう! (2) 親子で楽しむ夏休み自由研究 ――2つのLEDで「アニメシアター」を作ろう! (3) 厳しい残暑を「熱中...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

事例
産業用ソフトウェアの不正使用を防げ!知的財産を守る強力なプロテクション
 モノのインターネット(IoT)が普及するにつれ、ソフトウェアの重要性はより高まっている。しかし一方でハッカーや競合他社によるリバースエンジニアリングやハッキングの脅威にさらされ、大切な知的財産が不正コピーされる恐れがある。 2007年の模倣品被害の総額は年...(2015/12/1 提供:日本セーフネット株式会社)

技術文書
普及が進むデスクトップ仮想化(VDI)、オープンで標準化された技術によるリファレンスアーキテクチャとは
 デスクトップ仮想化(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)は、事業継続性の向上、セキュリティ強化、クライアント端末の運用管理の負荷軽減、ワークスタイル変革(在宅勤務やリモートアクセスによる従業員の生産性向上)など、ビジネスに大きなメリットをもたらす。(2015/11/18 提供:デル株式会社)

製品資料
最新サーバとOSに移行、そもそもメリットって何だ?
 2015年のWindows Server 2003サポート終了を控え、最新サーバとOSへの移行を勧める記事を毎日のように目にするが、そもそも移行するメリットはどこにあるのだろうか。 まず、最新サーバは、2003世代の5年前のサーバに比べてCPU性能、最大メモリ容量、最大ハードディス...(2014/10/16 提供:レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論 かつては、WindowsのバージョンアップがPCの買い替え需要を支えてきた。しかし、Windows 10にはPC業界を長期的に成長させる力はなさそうだ...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
デスクトップ型産業用コンピュータ「FA3100SS model 1000」が製造現場や社会インフラに適する3つの理由
このホワイトペーパーでは、社会インフラシステムや産業システム分野で実績のある東芝の産業用コンピュータについて解説しています。近年では、各種監視制御システムをはじめとした社会インフラ分野でも、PCやPCサーバ及びWindowsに代表されるOSをベースとした各種システ...(2015/6/17 提供:株式会社東芝)

技術文書
あらゆる組織に役立つ、「Surface Pro 3」で学ぶWindowsのデバイス展開手法
 数十台、数百台のデバイスにWindows OSをインストールするには、自動化ツールが欠かせない。こうしたツールを使い、アプリケーションやドライバのインストール、Windows Updateの適用といった作業を効率化させるのだ。複数のデバイスにWindows OSや各種設定を配布するこ...(2015/5/18 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
XenDesktopを連携するシスコの仮想ワークスペース基盤導入マニュアル
 デスクトップ仮想化の効果的な導入手法はさまざまあるが、根本的にはさまざまなエンドポイントからのアクセスを可能にする必要がある。それにはエンドユーザーのコンピューティング環境をデータセンター内に設置することが効果的だ。また、真の仮想ワークスペースを実現...(2012/11/5 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
侵入前と侵入後「アプライアンス+エージェント」で標的型攻撃に備える
 標的型攻撃の手法は年々巧妙化している。日本年金機構における情報漏えい事件の詳細が明らかになるにつれ、いかに最新のマルウェア情報や攻撃手法を入手し、迅速にシステムへ適用するかの重要性と、侵入されることを前提とした対策の必要性が認識された。 攻撃に使われ...(2015/8/14 提供:ダウジャパン株式会社)

技術文書
高信頼性のMTP NVM開発: 設計からテストまで
本稿では、SoC設計者が最高の信頼性を備えたNVM IPを選択できるよう、設計からテストに至るすべてのプロセスに関係する主な検討事項として、次の3点について解説します。- 信頼性に関する主な仕様項目- 信頼性向上のための設計手法- キャラクタライズ、クオリフィケーショ...(2015/7/1 提供:日本シノプシス合同会社)

製品資料
DBサーバは「パフォーマンス当たりのコスト」で考える、性能と合理的コストの両立
 ビッグデータ時代におけるDBシステムの重要性はますます高まっている。データ量の増加、蓄積データの広範かつリアルタイムな再利用ニーズの拡大に伴い、高パフォーマンス、高可用性、耐障害性への要求が高まっている。 その解決策の1つとして、Microsoft SQL ServerとS...(2015/8/6 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

技術文書
高度な工学技術計算ができる無償ソフト「FreeMat」をインストールしよう
 運動音痴なスポーツ選手がいないように、エンジニアにとって数学は、好き嫌いは別として、ある程度使いこなせることが必須である。 幸いなことに、最近のコンピュータ技術の進歩により、以前は、紙と鉛筆で計算せざるを得なかったものがエンジニアリングソフトにより...(2015/7/21 提供:アイティメディア株式会社)

Loading