TechTargetジャパン

レポート
目的も用途も異なる全くの別物? 「グループウェアとSFAの違い」とは
 SFA(営業支援システム)の機能を見ると、スケジュール管理機能があり、案件管理機能があり、グループウェアと大差ないように思える。そのため、SFAを導入するより、既存のグループウェアを使って営業強化を図ればよいのではないか、という発想が生まれてくる。 しかし...(2015/6/11 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
グループウェアではSFAの代わりにはならない 失敗しないための3つの視点
 一見しただけではグループウェアとの違いがよく分からない「営業支援システム」(SFA)。その導入段階では、「SFAではなく、グループウェアでもいいのではないか?」という声が上がることも多い。しかし、この両者には根本的な違いがある。 それは「システムとしての位...(2017/10/12 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

レポート
グループウェアに関する読者調査リポート(2012年6月)
 TechTargetジャパンは2012年6月4日から7月2日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象にグループウェアに関するアンケート調査を実施した。調査からは現在利用しているグループウェアの満足度や課題の他、移行を検討しているグループウェア製品/サービスなどが明らかに...(2012/7/6 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「20ユーザー月額3150円」を実現した超低価格グループウェアの全貌
 中堅・中小企業が求めるグループウェアの要件は変化している。短期間導入や低価格はもちろんのこと、複数企業間利用や期間限定利用、そしてスマートフォン対応など、ニーズは日々増え続け、それに対応できる製品進化が求められている。 この資料では、20ユーザー月額31...(2013/4/10 提供:リスモン・ビジネス・ポータル株式会社)

製品資料
「1ユーザー当たり月額150円」の超低価格グループウェア、その機能を大解剖
 日々の業務に欠かせないグループウェアだが、特に中堅・中小企業にとってはその料金体系と使いやすさのバランスは、製品選定の重要な要件となる。無料で試すことができ、低コストで簡単に導入、当日からログインできる。そして初期費用が掛からなければ理想的だ。 この...(2013/9/5 提供:リスモン・ビジネス・ポータル株式会社)

事例
帯域幅を変えずにグループウェアの応答速度を40倍にした物流企業の高速化対策
 遠隔地にある拠点ネットワークを、LAN接続で利用しているかのように運用できるIP-VPNだが、拠点や利用者が増えてくると従来の回線帯域幅のままでは、アプリケーションの活用に支障を来たすことがある。帯域幅の拡大には数千万円のコストが掛かるのが通例で、安易に選択...(2015/4/1 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

事例
iPhoneで社内システムを安全利用、三井物産エレクトロニクスに学ぶモバイル管理
 IoTや産業用組み込みPCなどの事業を展開する三井物産エレクトロニクス。同社は、営業担当者や管理職に「iPhone」と「iPad」を支給し、社外からでもメールやグループウェア、ファイルサーバにアクセスできるようにしている。 そのアクセスを安全に行うために、同社が利...(2017/7/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
中堅・中小企業のグループウェア“クラウド化” ――課題と最適解とは?
 オンプレミス型グループウェアを運用していると、サーバ・インフラの管理、運用工数により、多額のコストが発生する。 一方、クラウド型グループウェアでは、サーバの管理運用は事業者が代行するので、コストがぐんと抑えられる。もし、容量無制限であれば、容量超過に...(2013/7/19 提供:ファーストサーバ株式会社)

事例
「Notesの継続利用が最善」、成田国際空港が5分の1のコストで社内ポータル刷新
 日本の玄関である成田国際空港は、2020年の東京オリンピックに向けた改革の一環として社内システムを刷新した。Microsoft SharePointとIBM Notesでバラバラに構築されていたシステムに対して「使いにくい」という声が多数寄せられるようになったからだ。 旧システムで...(2016/8/30 提供:株式会社大塚商会)

レポート
【比較資料】5つのポイントで徹底比較! 〜必ず成功するグループウェアの選び方〜
 グループウェアの新規導入及び乗り換えを検討されている担当者様必見の比較資料。最新のグループウェアの比較のポイントを詳しく列挙しています。無料のグループウェアから有料の製品まで含めて、企業にあったグループウェアが必ず見つかります。 グループウェアを未導...(2010/6/21 提供:株式会社ソーシャルグループウェア)

製品資料
意外と厄介な「スケジューラ増加」問題、Office 365やDynamics 365をどう連携?
 近年は、多くの企業が「Office 365」のようなグループウェアに加え、SFAやCRMなどを積極的に活用している。しかし、幾つもの製品を導入し、社内で複数のスケジュール管理機能が使われるようになった結果、スケジュールの入力や確認の手間が増え、二重登録などのミスにつ...(2017/6/30 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

製品資料
SIerがワークフロー製品を扱うメリットは? 未経験から始めるパートナーシップ
 システムインテグレーター(SIer)が、ワークフロー製品を扱うことの大きなメリットとして、他のフロントオフィスやバックオフィスへのビジネス展開がある。ワークフロー製品は、ERP、CRM、生産管理、グループウェアなどのシステムと連携できるため、幅広い関連製品の提...(2017/10/2 提供:パナソニック ネットソリューションズ株式会社)

製品資料
汎用ツールか専用ツールか? 年1回のストレスチェックで無駄を出さない製品選び
 労働者のメンタルヘルス不調の予防や改善を目的として2015年12月に施行されたストレスチェック制度。労働者が50人以上の事業所では年1回の実施が義務付けられているため、多くの企業がこの制度への対応に取り組んでいる。 しかし、ストレスチェックでは、診断結果の管...(2016/12/16 提供:インフォグリーン株式会社)

レポート
ガリガリ君の赤城乳業、クラウドでスピード経営へ 老舗の挑戦
 スピード経営を目指す赤城乳業は、業務現場のニーズを部門ごとに精査し、さまざまな検討を重ねた上で、クラウド型グループウェア「Office 365」の導入に踏み切った。導入前に同社が抱えていたという「7つの課題」は、全て解決できたのだろうか。 ITmedia エンタープラ...(2016/8/31 提供:KDDI株式会社)

Webキャスト
モバイルの導入時間を2時間から10分に、マルコメの情報共有はどう変わったのか
 部門を超えたリアルタイムの情報共有を目指す方法として、スマートフォンの全社展開は理想的だ。しかし、そこではデバイスの管理・運用が課題となる。みそを中心とした食品事業を展開するマルコメは、この課題を解消し、全社的にこれまでにない仕事の仕方を創造するべく...(2017/9/5 提供:KDDI株式会社)

製品資料
我慢している方必読 ワークフローシステム選定/乗り換えガイドブック
 多くの企業に普及し、日々活用されているワークフローシステムだが、その運用管理に課題を感じている担当者は少なくない。 そこで本資料では、ワークフローシステムのよくある課題と、課題を解決するためのワークフローシステム選定/乗り換えのポイントを紹介している...(2017/8/10 提供:株式会社エイトレッド)

レポート
中小病院の失敗しないグループウェア選び7つのポイント−簡単チェックリスト付き
 グループウェアの選定は非常に難しい。なぜなら、一見どのグループウェアも基本的な機能は備えており同じように見えるからである。では、その中で最適なものを見つけるにはどうすれば良いのか。 結論から言うと、一般論は存在しない。だが業種を絞れば選定のポイントが...(2013/1/15 提供:株式会社ソーシャルグループウェア)

製品資料
Office 365ユーザーなら押さえておきたい、クラウド&モバイル活用の促進方法
 モバイルデバイスが普及し、クラウドの活用が進む一方で、さまざまな働き方に対応し始めたビジネスの現場では、相反するユーザーニーズと管理者の課題が存在している。 例えば、「最新のグループウェアを使っているのに、 システムがいくつもありログイン/パスワード...(2017/3/30 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
6カ月で複数拠点間のリアルタイムな情報共有を可能にしたクラウド型グループウェア
 神奈川東部ヤクルト販売は、3社合併により企業規模が拡大、営業所が39拠点に増加した。各社で情報共有の仕組みが異なっていたことから、情報伝達のズレが生じ、情報を正確かつ迅速に共有することが課題となっていた同社はグループウェア導入の検討を開始した。 体験版...(2014/5/19 提供:リコージャパン株式会社)

レポート
一長一短ある「Microsoft」と「Cisco」のUCサービス、あなたにピッタリなのはどっち?
 Microsoftのクラウド版グループウェア「Office 365」に含まれているユニファイドコミュニケーション(UC)サービスとCisco SystemsのUCサービスが市場シェアの大半を占めている。 2社のサービスの大きな違いで挙げられるのがコストだ。Office 365のUCサービスを利用す...(2017/4/21 提供:KDDI株式会社)

レポート
IT資産の取捨選択:使い慣れたNotesか、クラウドツールか、判断の基準
 テクノロジーは日進月歩であり、IT資産の刷新はよりよい効果を生むケースが多い。日々の業務を支えるグループウェアについても同様で、例えば「IBM Notes/Domino」は、新しい業務に合わない、コストを削減したい、移行提案を受けたという3つのきっかけで刷新することが...(2016/5/13 提供:コムチュア株式会社)

製品資料
中小企業ほど陥るコミュニケーションの課題――解決の鍵は“おなじみ”のツール
 大企業と比べて従業員数の少ない中堅・中小企業では、社内外のコミュニケーションが対面で行われることが多い。そのため、社内での情報の伝達や共有が円滑に行われ、取引先や顧客との関係も密接なものであるように感じられる。 しかし、何かを伝えたいときに「相手を直...(2017/3/8 提供:KDDI株式会社)

製品資料
現場の情報共有が円滑化、「LINE」を安全・簡単に業務利用する方法
 これまで企業内のコミュニケーションは、メールやグループウェアを中心に行われてきた。しかし、近年はこれらのツールでは「社員間の情報共有がうまくできない」「ショップや支店のスタッフに素早く情報が伝えられない」といった声が聞かれるようになった。 その一方で...(2017/3/8 提供:KDDI株式会社)

レポート
「Office 365」はなぜ使いやすい? MicrosoftのOS全方位外交でさらに便利に
 インターネットの普及に伴い、SaaS(Software as a Service)が広がりを見せている。アプリケーションとサポートをパッケージにして販売していたアプリケーションベンダーも、オンラインサービスや従量制サブスクリプションの提供へとシフトしている。それは、「Office ...(2017/2/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
「第6回IoT/M2M展」「第8回クラウドコンピューティングEXPO 春」展示会レポート
IoT/M2Mシステムを構築するための無線通信技術やセンサーなど、さまざまなアプリケーションや、クラウドコンピューティングに関する製品、サービスが一堂に集まる展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加でき...(2017/9/12 提供:株式会社アペルザ)

製品資料
「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説
 SaaSで提供されるサービスが充実し、企業の利用が拡大している。一方で、電子メール、オフィススイート、ファイル共有、顧客管理、勤怠管理などの用途ごとに異なるクラウドサービスの利用が増えており、新たな課題を生んでいる。 その最たる課題がセキュリティだ。例え...(2017/10/20 提供:サイバネットシステム株式会社)

製品資料
「ハイパーコンパージドインフラ」の気になる最新情報・選定ポイントを大公開
 仮想化基盤の導入・運用においてはさまざまな課題が考えられる。導入までに必要なサイジング・検証にかかる時間やリソース不足、また運用開始後の設計・管理・障害対応の難しさやサーバのパフォーマンス不足、担当エンジニアのリソース不足などが問題となりやすい。 そ...(2017/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
ワークフロー活用ガイド:文書を起点とした業務改善の3つのポイント
 ワークフローシステムは、企業内で発生する文書を適切な形で業務につなぎ、完了までの業務フローの管理を可能にする。つまり文書を起点とした業務にどんなものがあるのかを理解していなければ、適切な製品選びや活用は難しいのだ。 そもそも文書を起点とした業務は大き...(2017/9/28 提供:株式会社エイトレッド)

レポート
Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは
 Microsoftは、2種類のオフィススイートを提供している。1つはパッケージ版の「Office 2016」で、もう1つはクラウド版の「Office 365」だ。これらのオフィススイートから入手できるアプリケーションはほとんど変わらないが、Office 2016とOffice 365は果たしてどのような...(2017/9/14 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
IT担当者のための「Office 365」不安解消ガイド
 多くのIT担当者を悩ませるクラウドへの移行。とりわけ、大企業における「Microsoft Office 365」への一斉移行は難題だ。どんなに入念な準備をしても、誰からも文句が出ないということはまずあり得ないし、わずかな問題から移行プロジェクト全体が影響を受けることもある...(2017/9/14 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Loading