TechTargetジャパン

製品資料
メールが確実に届く「4つのノウハウ」、一斉配信の運用負荷を軽減する秘訣
 通販サイトやECサイトなどを運営していると、メルマガやトランザクションメールなどの一斉配信で「メールが届かない」などの問い合わせに悩まされることが多い。こうした場合にまず取るべき対応は、届かない原因を突き止めることだ。その原因は大きく分けて4つある。 ...(2017/10/23 提供:ユミルリンク株式会社)

製品資料
メルマガを正しく届けるルールとは? メール配信をISPごとに最適化する方法
 企業が顧客や会員に対するプッシュ型コミュニケーションを行う上で電子メールは欠かせないが、一斉配信メールを確実に届ける仕組みを自社で構築するのは困難なことでもある。例えば、各ISPにはスパムメール対策があり、アドレス変更や解約などにより無効となったアドレ...(2016/10/18 提供:ユミルリンク株式会社)

製品資料
1000分の1秒レベルの遅延がビジネスを瓦解させる、通信の最適経路選択の重要性
 インターネットを通じて提供されるさまざまなサービスにとって、通信速度の遅延はビジネスに深刻な影響を及ぼす。わずか2秒でユーザーの不満や収益の低下が現れはじめ、レスポンスタイムにシビアなオンラインゲームのプレイヤーでは、たった50msの遅延増加によって2倍も...(2016/3/29 提供:インターナップ・ジャパン株式会社)

レポート
2017上半期脅威動向レポート:「Apache Struts」脆弱性攻撃などの被害状況は?
 本資料は、IBMが全世界8拠点の「セキュリティー・オペレーション・センター(SOC)」で観測した1日当たり200億件という膨大なデータから、主に日本国内の企業で観測された2017年上半期の脅威動向を分析・解説したレポートだ。その中では、セキュリティ脅威動向として以...(2017/10/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
「mbed」を使って初歩から学ぶARMマイコン開発
 ARMプロセッサの中で最もエントリーレベルなマイクロコントローラーの1つ「LPC1114FN28(以下、LPC1114)」を使って、マイコン開発のイロハを学ぶ。 エントリークラスとはいえLPC1114は、32bit CPUコア ARM Cortex-M0を搭載し、豊富な周辺機器(ペリフェラル)を備えて...(2016/5/1 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由
 近年におけるDDoS攻撃では、検知が難しい「少量のトラフィックで攻撃先に大きな影響を与えるDDoS攻撃」が増えている。このような攻撃方法に対して、クラウド型DDoS対策による対処は困難だ。また、仕組み上、クラウド型DDoS対策では、攻撃検知から対策開始までに数十分の...(2017/7/21 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
見過ごされがちなWebセキュリティ、画像の安全な配信はなぜ必要か
 現在Webサイトでは多くの画像が配信中・配信済みであるが、これら画像に対するセキュリティの必要性が高まっている。Webコンテンツはほとんど暗号化されずに配信されてきたが、画像に対する攻撃技法が確立され、多くの画像で改ざんなどの被害が発生している。 一例とし...(2017/9/20 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

製品資料
配信した画像が勝手に置き換えられる――Webセキュリティの意外な弱点
 Webサイトで配信中あるいは配信済みの画像のセキュリティに注目が集まっている。Webコンテンツの大半は、これまで暗号化されずに配信されてきたが、ニュースやブログ記事の画像の改ざんなど、高度な技術による画像の悪用が発生している。 例えば、画像のリクエストをハ...(2017/9/5 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは?
 企業におけるDDoS対策の遅れを懸念する声が増えている。サーバやネットワークインフラへの投資と違い、その必要性と費用対効果の把握が難しいDDoS対策に投資をする経営者が少ないためだ。しかし、攻撃による被害は深刻の度を増している。 2016年にはネットワークカメラ...(2017/7/21 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
「安全で快適なアプリケーション利用」を実現するプラットフォームをどう選ぶ?
 ビジネスアプリケーションのクラウド利用が拡大するとともに、オンプレミスとクラウドの境界を意識させないビジネス基盤へのニーズが高まっている。安全かつ快適にアプリケーションを利用できるという理想像を目指すには、パフォーマンスや拡張性、柔軟性などさまざまな...(2017/10/16 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
メール配信の4つの秘訣――リピート率向上と「カゴ落ち」回避で売り上げアップ
 通信販売やECサイト事業などには欠かせない販促手法である電子メール。さまざまな工夫を凝らしたメールで、大きな成果を上げる企業がある一方で、施策がリピート購入につながらず、「カゴ落ち」する顧客の多さに頭を悩ませている販促担当者も多い。 このような企業では...(2017/10/31 提供:ユミルリンク株式会社)

製品資料
音声処理にも最適、IoT家電を低コストで実現するアプリケーションプロセッサ
 IoT化の機運が高まり、身の回りの家電製品や住宅設備もインターネットにつながるようになったことで、さまざまな機能を備えたものが多くなった。特に、音声認識・合成技術を活用したものは、近年ではますます注目を集めてきている。 家電や住宅設備には、汎用的なマイ...(2017/10/24 提供:東芝デバイス&ストレージ株式会社)

レポート
マルウェア感染でIoT機器がボットネット化 大規模DDoS攻撃の脅威と必要な対処
 IoTデバイスの急増により、ボットネットマルウェアによるDDoS攻撃の脅威も増加している。特に大規模な攻撃が行われた例として知られるのが、「Mirai」マルウェアによりボットネット化されたIoTデバイス群が、大規模なDDoS攻撃を実行したという事例だ。 こうしたIoTデバ...(2017/9/1 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
623GbpsのDDoS攻撃にも対応、「Mirai」ベースの攻撃を緩和した耐障害性設計とは
 IoT機器を踏み台にした大規模な分散型サービス妨害(DDoS)攻撃の脅威が増している。中でも大きな被害を出したことで知られるのが、ボットネットマルウェア「Mirai」だ。2016年には、Miraiを利用した最大で623Gbpsにも及ぶDDoS攻撃が、同一ターゲットに対して数日にわた...(2017/9/1 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

製品資料
中国ビジネスの成否を分ける「ITの課題」――本田技研などが選んだ解決策とは?
 中国におけるIT利用の課題には、具体的にどのようなものが挙げられるのだろうか。大本の中国の国際接続帯域が細く、また国際間通信には専用の接続口を経由する必要があるため、日中間のインターネット通信速度はどうしても遅くなる。 さらに中国に存在する「グレートフ...(2016/8/9 提供:ニフティ株式会社)

技術文書
いまさら聞けない「クラウドDNS/ロードバランサー」の基礎知識
 WebサイトやWebアプリケーションをビジネスの中核として展開する企業にとって、Webサイトにアクセスできなかったり、レスポンスが悪かったりすることは致命的な問題となる。そのため、多くの企業がCDNなどを活用して、コンテンツ配信のパフォーマンス最適化と可用性向上...(2017/8/28 提供:株式会社シーディーネットワークス・ジャパン)

製品資料
中国で日本企業が直面する「ITの課題」――ビジネスの成否を分けるポイントは?
 中国におけるIT利用の課題には、具体的にどのようなものが挙げられるのだろうか。大本の中国の国際接続帯域が細く、また国際間通信には専用の接続口を経由する必要があるため、日中間のインターネット通信速度はどうしても遅くなる。 さらに中国には「金盾」という情報...(2016/6/2 提供:ニフティ株式会社)

レポート
“クラウド3巨人”のサービスだけではダメ? IoTビジネスを成功させるヒント
 全ての機器をIoT(モノのインターネット)によって制御する時代が来ようとしている。IoTが現実のものとなりつつある今、多様で複雑性に富む「モノ」の分野には、温度などを測定するセンサーや、メッセージなどを送信できるCPU、Bluetoothなどのプロトコル経由で通信でき...(2017/8/17 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ITインフラを1クリックで運用管理――データセンターの複雑化を解消する秘訣
 優れたパフォーマンスやシンプル化、拡張性などを実現するハイパーコンバージドインフラ(HCI)。魅力的な製品が出そろってきたが、数値で比較しやすいスペック・価格だけで選定するのは早計だ。HCIを導入するなら、運用管理機能とストレージ機能にも注目したい。 HCI...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
サイバー攻撃調査:2017年に警戒すべき4つのサイバーリスク
 国内外の約600社を対象に行った調査によると、2016年にサイバー攻撃を経験した企業は98%にも上るという。さらに毎日攻撃を受ける企業は13%に及んでおり、日常的にサイバー攻撃にさらされている現状も明らかになった。 サイバー攻撃の41%が身代金要求を目的としてお...(2017/4/4 提供:日本ラドウェア株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化の評価計測、「仮想プロバイダーエッジルーター」の役割
 ソフトウェア定義ネットワーク(SDN:Software Defined Network)およびネットワーク機能仮想化(NFV)の導入においては、通信事業者グレードの高度な要件への適合の基準となる、広く普及した業界ベンチマークが存在しないという課題がある。そうした現状でインテルが...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

技術文書
ISPにおけるSQL Serverホスティングの概要
 インターネットサービスプロバイダー(ISP)とアプリケーションサービスプロバイダー(ASP)は、広範なサービスを顧客に提供します。特に、コンシューマを対象としたWebホスティングサービスは、現在のほとんどすべてのISPにおいて主要なサービスとなっています。 初期...(2010/5/24 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Office 365で避けられない回線負荷、少ない運用負荷で解消するには
 Office 365を導入する上で、見逃しやすいポイントが回線の負荷だ。クラウドサービスであることに加え、情報・データの共有機能が強化されているため、以前よりセッション数が増加し、回線に無視できない負荷が発生するケースが見られる。 解決策としては、プロキシのス...(2017/4/4 提供:テクマトリックス株式会社)

製品資料
「Oracle Cloud」を徹底解説――PaaSとIaaSはどう使い分ける?
 企業システムの構築・運用に必要となるさまざまなサービスを提供する「Oracle Cloud」。クラウドに注力するOracleらしく、その機能は多岐にわたり、その把握も容易ではない。そこで、あらためて同サービスの特徴・機能を確認したい。 Oracle Cloudの大きな特徴は、統一...(2017/4/3 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
脆弱性トップ10──Webサーバで最も多く検出された脆弱性は?
 2014年、セキュリティ関連の最も大きな話題といえば「Heartbleed脆弱性」だろう。これは犯罪者が巧妙だったわけではなく、むしろ人間が作ったソフトウェアの固有の脆弱性だ。それはセキュリティの高度な実装と、より徹底したWebサイトのセキュリティや警戒の必要性を喚...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
徹底解説:技術の移行が進むランサムウェアの動向と対策
 国内での感染被害が広がるランサムウェア。近年の動向を見ると、2015年に猛威を振るった「CryptoWall」の活動が、セキュリティ企業や公的機関の撲滅活動などにより徐々に減少し、「Locky」をはじめとする新型のランサムウェアへの移行が進んでいる。 Lockyは、日本語を...(2017/3/13 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

事例
CRM/DMPとポイント管理を統合、「顧客囲い込み」を実現するマーケティング基盤
 激しい競争が行われている現在のオンラインビジネスでは、獲得した顧客を囲い込むための「リテンションマーケティング」が勝敗を左右する。そのため、Webサイト運営では、一人一人の顧客に最適化したサービスを提供し、顧客満足度を高めることが重要となっている。 従...(2017/3/6 提供:NTTテクノクロス株式会社)

レポート
セキュリティ専門家が震え上がったIoTマルウェア「Mirai」の正体
 ネットワークを介したモノ同士のつながりから、新たな価値を得ようとする「モノのインターネット」(IoT)。一部の製造業が先行していたIoTの取り組みは、その裾野を急速に拡大。今や業種や規模を問わず、さまざまな企業でIoTの可能性を追求する動きが活発化している。(2017/3/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月22日号:3D NANDで飛躍するフラッシュストレージ
 Computer Weekly日本語版 2月22日号は、以下の記事で構成されています。■本当にPCは必要なのか? CIOはクライアント機器を再検討すべし■DNS関連のセキュリティリスクトップ3とその対策■悪質なWebスクレイパーからWebサイトを守る方法■MongoDB導入で航空券発行サー...(2017/2/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
終わることないDoS攻撃、企業が年間で受ける被害のコストは?
 今なお企業に多大な被害を与え続けているDoS(サービス妨害)攻撃。Ponemon Instituteが米国で行った「DoS攻撃の被害コスト」に関する調査によると、テクニカルサポートや生産性の低下などを含む年間平均総被害コストは、約150万ドルに上るという。 この調査は、DoS攻...(2017/2/8 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

Loading