TechTargetジャパン

製品資料
サーバ容量節約だけではない、メールアーカイブで「監査能力が向上」
 「電子帳簿保存法 第10条」や「関税法 第94条」などでは、電子取引にかかわる記録の保存が義務化され、電子メールの保存も必要となる。また米国企業との取引でトラブルが発生した場合「e-ディスカバリー法」において電子情報の証拠開示手続きが取られることがあり、そこ...(2015/10/16 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

講演資料
「Compliance Vault」メールアーカイブソリューションセミナー開催資料
CTCSPおよびMirapointジャパン主催によるセミナー資料。メールアーカイブが必要とされている社会的背景から、市場の動向と共に本製品の位置付け、機能概要が分かりやすい内容で説明されている。米国では、メールアーカイブ市場は2008年度後半にもメールソフトウェア市場を...(2007/2/23 提供:CTCエスピー株式会社)

製品資料
保留になってしまった当社の「メールアーカイブ案件」、再開させるその秘訣は?
 法令順守や内部統制を背景にメールアーカイブの重要性は認知されたが、一昨年のリーマンショックもあり導入までに至ってない。しかし、メールアーカイブ案件が保留になっている理由は導入コスト等の予算的問題だけでなく、メールの送受信経路の変更までも必要になる複雑...(2010/9/22 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
国内のニュースとユーザー事例にみるメールアーカイブの重要性
 昨今、電子メールの保存(アーカイブ)に対する需要が拡大している。なぜメールアーカイブが必要になるのか? 本資料においては、ビジネスの継続性にかかわるメールアーカイブの必要性・重要性を国内のニュースやユーザー事例にもとづいて解説するとともに、バックアッ...(2009/5/18 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

講演資料
電子メールのアーカイブがバックアップより優れる理由
 なぜメールアーカイブが必要なのか。またメールアーカイブが必要になった背景、メールアーカイブとバックアップの違いはとは何か――。本ホワイトペーパーでは、メールアーカイブとバックアップの違いを解説するとともにメールアーカイブの利便性を説明する。 加えて...(2009/1/5 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

製品資料
コンプライアンスの第一歩は「メールアーカイブ」 〜SRAが「MailDepot」を提案する理由〜
 コンプライアンスの観点からメール保存の重要性が増している昨今、明確な目的を持ってメールアーカイブの導入を検討されるお客様が増えてきた。メール管理者には、重要メールの紛失・改ざん防止、情報漏えい対策、メール送受信の異常検知が求められてる。メールアーカイ...(2010/9/1 提供:株式会社SRA)

事例
Office 365事例:すかいらーくが行きついたクラウドメールのセキュリティ強化策
 ガスト、ジョナサン、バーミヤンなどのレストラン店舗を全国展開するすかいらーくグループ。クラウドサービスの利用に積極的な同グループは、国内企業としては早くからOffice 365を導入して、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策を強化してきた。 しかし、その後...(2016/11/8 提供:株式会社クオリティア)

事例
Office 365&Google Appsへメールセキュリティを追加する際に考慮すべきポイントとは?
 日本年金機構における情報漏えい事件を例に出すまでもなく、メールセキュリティをいかに高めるかは企業のIT部門にとって重要な課題となっている。しかしメールセキュリティを万全にしようとすると、さまざまなツールが必要になる。ウイルスチェックにはじまり、誤送信の...(2016/2/1 提供:ケイティケイ株式会社)

製品資料
Office 365連携製品を徹底活用――4事例で分かるコスト削減/業務改善効果
 既に多くの企業が導入し、コスト削減や業務効率化、ワークスタイル変革などに活用しているOffice 365。ある程度の成果を上げている企業ほど見落としやすいことだが、これらの効果はOffice 365連携製品によってさらに大きなものとなる。 その成功例の1つが、ダイレクト...(2016/11/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Office 365のメールセキュリティ「6つの落とし穴」
 Office 365はビジネスソリューションに強くスタンダードともいえるマイクロソフトのサービスということもあり、セキュリティは標準機能で十分と考えているユーザーも多い。しかし、いざ利用を開始すると、メールセキュリティの面で不安を覚えるケースが増加している。 ...(2015/10/19 提供:株式会社クオリティア)

製品資料
攻撃者はどうやってマイナンバーを盗むのか? 手口別の対策方法
 2016年からマイナンバーが本格稼働しているものの、まだ企業にとっては扱い方に慣れていない状況だ。これは言い換えれば、攻撃者にとってマイナンバーは格好の攻撃目標であり、企業にとっては大きな懸念材料だということになる。 標的型攻撃、内部不正による情報漏えい...(2016/8/9 提供:日本電気株式会社)

製品資料
ネットワーク分離環境下でのファイル授受、行政機関並みの安全さで行うには?
 USBメモリや無料オンラインストレージなどで行われる社内外での大容量ファイルのやりとりが、ウイルス感染や情報漏えいの原因となるケースは非常に多い。そのため、多くの企業や組織がこれらの利用を禁止するだけでなく、メンバーが勝手に使用することによるマルウェア...(2016/8/1 提供:株式会社プロット)

製品資料
急増するデータに高性能はいらない? 低予算時代に選びたい多目的ストレージ
 オフィスツールの高性能化とモバイル化、IoT/ビッグデータ/AI活用の進展、さらにはDR(災害復旧)に対する意識の高まりなどによって、企業の扱うデータ量は増える一方だ。しかし、それに対応できる十分な予算が用意されることはほとんどない。 この課題を解決するた...(2016/7/7 提供:クラウディアン株式会社)

事例
グリーの積極的な新規事業展開を支えるクラウドの積極的利活用法
 インターネットメディア事業を展開して10周年を迎えるグリーは、セキュリティ強化と利便性向上をテーマに早くからクラウドファーストでハイブリッドクラウドを運用している。メール環境は、大震災を契機にをオンプレミスからパブリッククラウドに切り替え、Google Apps...(2014/11/19 提供:株式会社HDE)

製品資料
メールを「取りあえずバックアップ」では得られないアーカイブの利点
 昨今、電子メールの保存(アーカイブ)に対する需要が拡大している。なぜメールアーカイブが必要になるのか? メールのバックアップとの違いは何か? バックアップで実現できないこととは何か? 本資料においては、ビジネスの継続性にかかわるメールアーカイブの必要...(2009/3/18 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

製品資料
終わりのないセキュリティ対策をアウトソースすべき「5つの理由」
 1分間に発生するマルウェアが307件を超えるといわれる中、6割以上の組織ではそうしたサイバー攻撃の発見までに数週間かかっているという調査結果もある。セキュリティ対策の重要性が増す一方で、自社でセキュリティ機器を購入・運用した場合には、機器の初期設定や障害...(2016/3/11 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

製品資料
模擬メール訓練で、標的型攻撃への“免疫力”を高める
 標的型攻撃は不正なメールを使ってユーザーを欺き、システムに侵入して重要情報を盗むなど、あらゆる混乱の火種を広げていく。これらは決して愉快犯的なものだけではなく、第三者から依頼を受けた“ビジネス”として高度かつ複雑に、専門的な攻撃が実行される。これに対...(2015/10/5 提供:株式会社プロット)

製品資料
「セキュリティ対策の矛盾点」パブリッククラウドを本当に守るためには
 クラウド総研の調査によれば、パブリッククラウドを利用する企業の7割が「セキュリティ対策は十分」だと回答している。しかしその一方で、既に2割の企業がパブリッククラウド上でセキュリティ被害を受けたと回答している。 対策済みとして挙げられたセキュリティ対策の...(2015/8/14 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

Webキャスト
Google Appsのセキュリティ対策、標準機能だけで満足していませんか?
 情報漏えいにつながりかねないメールの誤送信は、企業全体で取り組むべき課題だ。ビジネス利用も増えつつあるGoogle Apps(Gmail)だが、セキュリティ機能は完全とはいえない。メール誤送信対策として、送信メールの一時保存(30秒)や添付忘れの注意喚起ポップアップな...(2014/12/19 提供:株式会社トランスウエア)

事例
東京センチュリーリースが、金融業界のセキュリティ要件をクリアしてクラウド活用できた理由
 リースやファイナンス、オート事業などの多彩なサービスを国内だけでなく、アジア、ASEANで積極展開する東京センチュリーリース。セキュリティに関して厳格、保守的な金融業界では、クラウド採用にはまだまだ消極的だ。だが、合併を契機に新メールインフラの整備を迫ら...(2014/11/19 提供:株式会社HDE)

技術文書
セキュリティとコンプライアンスの機能補完に着目、Microsoft Office 365活用のヒント
 IT資産の保守、運用コストの削減や業務の生産性向上の観点から、クラウド型のコミュニケーション、コラボレーションサービスとして、Microsoft Office 365を利用する企業は増えている。高い堅牢性を誇るサービスである一方で、コンテンツのアーカイブ機能の問題やパフォ...(2015/5/25 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
そのメールアーカイブは5年分のメール保管に耐えられるだろうか?
 ビジネスに必須のコミュニケーションツールである電子メールは、情報漏えいの重大なリスク要因でもある。情報漏えいを抑制し内部統制を実現するためには、日々大量に送受信されるすべての電子メールを長期間保管し、必要な時に迅速に取り出して適切に対応することが求め...(2010/1/18 提供:三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社)

その他
電子メールの発展と法規制、そこから見えるメールアーカイブの必要性
新たなメールセキュリティとしてニーズが高まるメールアーカイブだが、その背景には法規制との関係がある。メールアーカイブは、スパム・ウィルス対策とは異なる「メール保存」という観点から如何に企業の保全を確保するのか?新会社法や日本版SOX法など、様々な法規制に...(2006/12/19 提供:ミラポイントジャパン株式会社)

事例
エン・ジャパンのタブレット×Micorosoft Office 365によるワークスタイル変革を支えるクラウドセキュリティ
 求人情報サイト「エン転職」運営などネットでの人材採用サービスを手がけるエン・ジャパン。同社では、2012年に営業社員全員にタブレットを配布し、メールや日報提出を社外から行うなど営業業務の効率化を図った。あわせて構築・運用コストと負荷削減のため、メール環境...(2014/4/1 提供:株式会社HDE)

製品資料
サーバやライセンス不要、月額9000円から利用できる仮想サーバ
 仮想サーバ導入は、サーバ統合によるコスト削減や、サーバのリードタイム短縮、検証・開発プロセスの効率化、システムのマイグレーション、リプレース、ストレージ移行も容易になるなど大きなメリットがあるが、導入コストや運用など中小規模での利用では懸念も多い。 ...(2015/2/25 提供:株式会社TOSYS)

製品資料
Google Apps、Office 365メールのセキュアなアーカイブをクラウドで実現
 Google Apps、Office 365などのクラウド型のメールサービスに移行する企業が増えているが、既存の環境でこれまで同様のセキュリティ対策が実施できているだろうか。内部統制やコンプライアンス対応で、メール情報管理が重要視されており、企業はこれまで以上にコストを...(2014/1/27 提供:株式会社トランスウエア)

製品資料
フィルタリングで不正、不適切なコンテンツからユーザーを守れ
 インターネットへの常時接続が当たり前となった今日のビジネス現場では、オンラインリソースやアプリケーション活用が必要不可欠になっている。だが、生産性の低下、帯域幅の浪費などのデメリットも伴っている。この対策として、コンテンツフィルタリングを行い、不要な...(2015/1/23 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

技術文書
これで完璧、Microsoft Office 2013展開ガイドブック
 本ドキュメントは、IT管理者を対象に、Office 2013を展開する方法について詳しく説明したガイドブックだ。ボリュームライセンス認証から、クライアントPCへのセットアップ、他言語での展開方法まで手順とともに細かく解説する。解説には、ポイントをまとめた「メモ」や...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
BYOD対策も抜かりなし――「クラウド×スマートデバイス」導入企業が語る成功のノウハウ
 ワークスタイルの変化や業務効率向上のため、ビジネスの現場でスマートデバイスをクラウド環境で利用するケースが増えている。社外からでもメール確認や業務が行える利便性に加え、データがクラウドにあるため、災害時のバックアップとしても有効だ。なかでも利用頻度の...(2014/4/1 提供:株式会社HDE)

レポート
内部不正はもはや防ぎ切れない。では、どう対策すればいいのか?
 企業の情報セキュリティ対策の強化にもかかわらず、内部関係者の不正行為による情報漏えいは後を絶たない。2014年7月の通信教育大手企業で起きた大規模な漏えい事件は、世間を震撼させた。情報を盗んだ容疑者は内部関係者で、数百万円の借金があり、盗んだ情報を売却し...(2014/12/1 提供:株式会社オーク情報システム)

Loading