TechTargetジャパン

レポート
その品質管理、「顧客目線」で取り組めていますか?
 今日のモノづくりは、漸進的な品質改善を進めようとすると、実に多様かつ複雑な障壁に直面するようになっている。生産量の多さ、技術的な複雑さ、製品ライフサイクルの短さ、グローバル・サプライヤー・ネットワークの複雑さ、高まり続ける顧客の期待など。 しかし、先...(2017/2/17 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
回答者の92.8%が経験済みの品質問題、設計部門がこれから取るべき対策とは?
 MONOistは2015年4月、モノづくりメディア会員を対象に「品質管理に関する読者調査」を実施した。調査結果からは設計部門における品質管理の課題や、現在の対応策、将来取るべき対応策などの状況が明らかになった。(2016/3/25 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
あなたの設計現場は大丈夫? 84.3%が直面する品質問題、その原因と対策
 「TechFactory」が実施した「設計製造における『品質管理』についての調査」(調査期間:2016年4月25日〜5月23日)では、日ごろ製品設計などに従事する会員/読者を対象に、現在直面している「品質問題」についてやその原因、対応策(今取り組んでいる/将来実施したい...(2016/6/24 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
回答者の92.8%が経験済みの品質問題、設計部門がこれから取るべき対策とは?
 MONOistは2015年4月、モノづくりメディア会員を対象に「品質管理に関する読者調査」を実施した。調査結果からは設計部門における品質管理の課題や、現在の対応策、将来取るべき対応策などの状況が明らかになった(全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員...(2015/5/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
公差に対して高まるプレッシャーに対応する方法とは?
 自動車や航空宇宙産業で生産される部品類の複雑化が進んでいます。品質管理や測定基準を満たす許容値(公差)の高度化・最適化も進んでいます。 さらに、以前はサンプルベースの検査をすることで、ロットのコンプライアンスを評価するだけの簡単なものでしたが、最近は...(2016/12/9 提供:CREAFORM(AMETEKグループ))

製品資料
変更管理工数を7000時間削減──JTB情報システムのITサービス管理ツール活用法
 システム運用にカスタマイズは付き物だが、現場のリクエストに応えるのはIT部門にとってかなりの負担だ。JTBグループ全体のITを担うJTB情報システムでは、年3500件ものカスタマイズ案件があり、中には対応しきれないケースも出るなど、その負荷が課題となっていた。 そ...(2017/3/7 提供:株式会社ユニリタ)

製品資料
システムリリース前に脆弱性を徹底的に排除する、「シフトレフト」の導入
 セキュリティに取り組む企業は増えているものの、情報漏えい事件が減らない理由を「攻撃手法の進化」だけのせいにすることはできない。「情報漏えい事件の経路の92%はアプリケーション層が原因である」という報告を目の当たりにすると、アプリケーションから脆弱性を排...(2017/1/31 提供:株式会社アスタリスク・リサーチ)

製品資料
膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法
 昨今のようにデータの量と複雑さが増大し続ける状況では、信頼できるデータ基盤がなければ、日々の意思決定を的確に行うことも、アナリティクスやレポートからビジネス状況を正確に把握することも難しくなる。しかし、スプレッドシート、電子メール、レポート、顧客情報...(2016/12/26 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
「Excelで何とかなる」は大間違い、製造業にありがちな情報システム連携の課題
 多くの製造業は、新興国に生産拠点を設けることで一定の成果を得てきた。しかし、新興国の急激な経済成長に伴い、現地の顧客ニーズの多様化、製造品目の多様化、製造工程の複雑化、現地人件費の上昇などを背景に、そのビジネスモデルは崩れ始めている。 こうした状況か...(2016/11/10 提供:インフォアジャパン株式会社)

レポート
10のQ&Aで知る、モバイルアプリ開発の極意
 モバイルデバイスの急速な普及とともに、企業規模を問わず、モバイルアプリケーションの開発が拡大している。ユーザーとのコミュニケーションを強化する手段として、アプリ開発に取り組んでいるケースも見受けられる。こうした変化に伴い、モバイルアプリのテスト管理と...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
アナリティクス向けのデータ管理、5つのベストプラクティス
 データ・サイエンティストの多くは、モデル開発にかかる時間の50〜80%をデータの準備に費やしている。洞察を導く作業に使えるはずの時間が、それだけ犠牲になっているのだ。 SASでは、高度なアナリティクスの活用と洞察の深化をサポートするためのデータ管理プロセスに...(2016/9/6 提供:SAS Institute Japan株式会社)

講演資料
運用・構成の自動化と従量課金制サービスの組み合わせで倍増する投資対効果
 さまざまな課金形態のサービスが存在する中で、従量課金制はスモールスタートもしやすく便利だ。コストを効率化するには、頻繁に繰り返すタスクを、間違いなく高速にこなす「自動化」で、作業時間を節約する。これは運用負荷の軽減にもつながる重要な点だ。 さらに一歩...(2016/12/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
ボルボ・カーズの製造戦略―独自の柔軟な製造コンセプトを実現するには?
  スウェーデンを本拠とする大手高級車メーカー、ボルボ・カーズは、成熟市場における同社のプレゼンスを引き続き強化しながら、新興市場の将来性に一気に資本投下することを戦略としている。 そのために、中国に新工場を建設し、大規模な投資を行って新型のグローバル...(2016/11/21 提供:シーメンス株式会社)

事例
ハイアールの製品の市場投入期間が15%短縮!? PLMによる新たな開発プロセス
 世界有数の白物家電メーカーであり、中国一のブランド価値を持つHaier(ハイアール) Groupは、技術研究、製造業、商業、金融業に重点を置く多国籍企業へと大きく成長してきた。 Haier Groupの製品群には96のカテゴリ、15,100種類にも及ぶ仕様があり、ビジネスの大きな...(2016/11/21 提供:シーメンス株式会社)

レポート
第4次産業革命の本質とは何か? 成果を得るにはまず「設計と製造の壁」を破れ
 IoT の真価は、モノにデータの取得機能と通信機能を持たせることで、モノからの情報と人からの情報を組み合わせ、一元的な情報とし、従来は得られなかった知見を得られる仕組みにある。日系製造業でもこうした動きに対し、積極的に取り入れようという動きが広がっている...(2017/3/21 提供:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社)

事例
ITサービス刷新の実践的アプローチ13選――ANA、JTBなど先進企業の事例に学ぶ
 事業におけるITの重要性が高まるにつれ、IT部門に課せられる役割にも変化が見られ始めた。従来の課題である「生産性の向上」に加えて、「ビジネス価値の向上」が求められるようになったことが、さまざまな業界でITサービスマネジメント(ITSM)を刷新する流れを生んでい...(2016/6/27 提供:株式会社ユニリタ)

事例
トヨタ向け製品の品質管理を支える、迅速なトレーサビリティ
 「トヨタの北の拠点」として、ハイブリッドトランスアクスル・オートマチックトランスミッション・最新型無段変速機(CVT)やトランスファーを生産しているトヨタ自動車北海道。 同社の技術部では、製品製造において発生した問題の原因究明(トレーサビリティ)のため...(2015/11/13 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

カタログ
【カタログ】統計品質管理 SSQC
【製品概要】SQC(Statistical Quality Control)とはバラツキを数量的に表し、それを比較するなど統計的手法を用いて不良品を出さないように製品をつくることである。SSQCはYDC SONAR(R)のオプション製品であり、各種管理図、工程管理能力指数の算出、推定と検定、規格...(2011/8/31 提供:株式会社ワイ・ディ・シー)

レポート
「FACTORY 2017 Spring 東京」展示会レポート
2017年3月9日、10日にザ・プリンスパークタワー東京で開催されたデジタルテクノロジー専門イベント「Cloud Days 東京 2017」。クラウド、ビッグデータ・AI、モバイル・ウエラブル、セキュリティ、IoT、ワークスタイル変革、デジタールマーケティング、スマートファクトリ...(2017/4/12 提供:株式会社アペルザ)

事例
村田製作所の最先端の生産現場を支える「科学的管理」の実践
 村田製作所のDNAには、データによる裏付けを重視する姿勢が深く刻まれている。業界最先端の技術力を電子部品メーカーであり、多種多様な電子部品を扱う同社は、社是の一節にある「科学的管理を実践し」という言葉を道しるべに、データに基づいた生産プロセスの改善活動...(2016/5/24 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
10のQ&Aで知る、モバイルアプリ開発の極意
 モバイルデバイスの急速な普及とともに、企業規模を問わず、モバイルアプリケーションの開発が拡大している。ユーザーとのコミュニケーションを強化する手段として、アプリ開発に取り組んでいるケースも見受けられる。こうした変化に伴い、モバイルアプリのテスト管理と...(2014/7/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「二次電池・太陽電池」展示会レポート
二次電池・キャパシタや、太陽電池・太陽光発電システムの研究開発・製造に必要なあらゆる技術、 部品や材料、装置などの最新技術が集まる展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有...(2017/4/27 提供:株式会社アペルザ)

レポート
これで失敗しない! モバイルバッテリーの賢い選び方
 スマートフォンを外出先で頻繁に使うビジネスパーソンにとって、気になるのがバッテリー切れだ。「大容量バッテリー」「省エネ」をうたうスマートフォンも増えつつあるものの、ノートPCやタブレット並みのバッテリーの持ちを期待するのは難しい。GPSを利用した位置情報...(2017/4/17 提供:KDDI株式会社)

事例
iPhoneで社内システムを安全利用、三井物産エレクトロニクスに学ぶモバイル管理
 IoTや産業用組み込みPCなどの事業を展開する三井物産エレクトロニクス。同社は、営業担当者や管理職に「iPhone」と「iPad」を支給し、社外からでもメールやグループウェア、ファイルサーバにアクセスできるようにしている。 そのアクセスを安全に行うために、同社が利...(2017/4/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
【IoTの具現化事例】スマート・ファクトリーの実現に向けたAirbus社の事例
 Airbus社が未来の工場の実現に向けて試作したスマートツールやIoTの具現化に役立つ組込システム開発プラットフォームを紹介します。【スマートツールによる組み立て作業者の負荷の軽減と品質管理】Airbus社が試作したネジ止めツールの紹介。カメラ付きメガネを用いてネ...(2015/9/1 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
撮影と同時に解析を実行、「AIカメラ」で広がる映像監視システムの活用法
 以前は防犯目的で設置されることが多かった監視カメラだが、近年は入退館管理や労務管理、販促活動、子どもの見守りなどへと用途が拡大している。それに伴い、高精細な映像データに基づく判定や分析、複数人の同時閲覧やマルチデバイスに対応した監視システムが求められ...(2017/3/31 提供:丸紅無線通信株式会社)

レポート
「ワークスタイル変革」の実践で分かった、日本企業の生産性が低い本当の理由
 近年、国を挙げて「ワークスタイル変革」が叫ばれる背景には、日本企業の生産性が欧米と比べて低下していることが挙げられる。これに関しては「労働時間の差」が議論されることも多いが、日米の就業者の年平均労働時間は、それほど大きくはないという。 それでは、「10...(2017/3/31 提供:株式会社ユニリタ)

製品資料
シャドーIT対策は大丈夫? 企業向けクラウドファイルサーバ導入のポイント
 企業では、ファイルの保管や受け渡し、共同作業のプラットフォームなどにクラウドを利用することが当り前になっている。一方で、会社からの許可を得ていないシャドーITに起因する情報漏えいなどの危険性も問題になっている。 こうした課題に対処できる、企業向けクラウ...(2017/3/30 提供:株式会社サテライトオフィス)

レポート
IoTで挑戦する「つながる工場」事例、生産ラインの見える化とロボティクス活用
多くの製造現場では、IoTを活用した設備稼動・品質状況把握、ビデオ映像化、温度・湿度測定等で工場の実態の見える化や経験に頼っていた作業の標準化など、工場全体での生産性向上に取り組んでおり、IoTによる現場の見える化や予防保全が必要不可欠となってきている。海外...(2017/3/1 提供:ウイングアーク1st株式会社)

事例
工業用バーコードリーダ読み取り入門ガイド〜基礎知識からリーダの選び方まで〜
「工業用バーコードリーダ読み取り入門」は、一次元バーコードや二次元マトリックスコードの種類や特徴から、コードのマーキング方法、バーコードリーダの種類とそのメリット・デメリットや選び方、用語集、ユーザー事例まで幅広い内容で構成。また、バーコードリーダ選定...(2017/2/28 提供:コグネックス株式会社)

Loading