TechTargetジャパン

レポート
その品質管理、「顧客目線」で取り組めていますか?
 今日のモノづくりは、漸進的な品質改善を進めようとすると、実に多様かつ複雑な障壁に直面するようになっている。生産量の多さ、技術的な複雑さ、製品ライフサイクルの短さ、グローバル・サプライヤー・ネットワークの複雑さ、高まり続ける顧客の期待など。 しかし、先...(2017/2/17 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
回答者の92.8%が経験済みの品質問題、設計部門がこれから取るべき対策とは?
 MONOistは2015年4月、モノづくりメディア会員を対象に「品質管理に関する読者調査」を実施した。調査結果からは設計部門における品質管理の課題や、現在の対応策、将来取るべき対応策などの状況が明らかになった。(2016/3/25 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
あなたの設計現場は大丈夫? 84.3%が直面する品質問題、その原因と対策
 「TechFactory」が実施した「設計製造における『品質管理』についての調査」(調査期間:2016年4月25日〜5月23日)では、日ごろ製品設計などに従事する会員/読者を対象に、現在直面している「品質問題」についてやその原因、対応策(今取り組んでいる/将来実施したい...(2016/6/24 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
回答者の92.8%が経験済みの品質問題、設計部門がこれから取るべき対策とは?
 MONOistは2015年4月、モノづくりメディア会員を対象に「品質管理に関する読者調査」を実施した。調査結果からは設計部門における品質管理の課題や、現在の対応策、将来取るべき対応策などの状況が明らかになった(全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員...(2015/5/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
公差に対して高まるプレッシャーに対応する方法とは?
 自動車や航空宇宙産業で生産される部品類の複雑化が進んでいます。品質管理や測定基準を満たす許容値(公差)の高度化・最適化も進んでいます。 さらに、以前はサンプルベースの検査をすることで、ロットのコンプライアンスを評価するだけの簡単なものでしたが、最近は...(2016/12/9 提供:CREAFORM(AMETEKグループ))

製品資料
システムリリース前に脆弱性を徹底的に排除する、「シフトレフト」の導入
 セキュリティに取り組む企業は増えているものの、情報漏えい事件が減らない理由を「攻撃手法の進化」だけのせいにすることはできない。「情報漏えい事件の経路の92%はアプリケーション層が原因である」という報告を目の当たりにすると、アプリケーションから脆弱性を排...(2017/1/31 提供:株式会社アスタリスク・リサーチ)

製品資料
膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法
 昨今のようにデータの量と複雑さが増大し続ける状況では、信頼できるデータ基盤がなければ、日々の意思決定を的確に行うことも、アナリティクスやレポートからビジネス状況を正確に把握することも難しくなる。しかし、スプレッドシート、電子メール、レポート、顧客情報...(2016/12/26 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
「Excelで何とかなる」は大間違い、製造業にありがちな情報システム連携の課題
 多くの製造業は、新興国に生産拠点を設けることで一定の成果を得てきた。しかし、新興国の急激な経済成長に伴い、現地の顧客ニーズの多様化、製造品目の多様化、製造工程の複雑化、現地人件費の上昇などを背景に、そのビジネスモデルは崩れ始めている。 こうした状況か...(2016/11/10 提供:インフォアジャパン株式会社)

レポート
10のQ&Aで知る、モバイルアプリ開発の極意
 モバイルデバイスの急速な普及とともに、企業規模を問わず、モバイルアプリケーションの開発が拡大している。ユーザーとのコミュニケーションを強化する手段として、アプリ開発に取り組んでいるケースも見受けられる。こうした変化に伴い、モバイルアプリのテスト管理と...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
アナリティクス向けのデータ管理、5つのベストプラクティス
 データ・サイエンティストの多くは、モデル開発にかかる時間の50〜80%をデータの準備に費やしている。洞察を導く作業に使えるはずの時間が、それだけ犠牲になっているのだ。 SASでは、高度なアナリティクスの活用と洞察の深化をサポートするためのデータ管理プロセスに...(2016/9/6 提供:SAS Institute Japan株式会社)

講演資料
運用・構成の自動化と従量課金制サービスの組み合わせで倍増する投資対効果
 さまざまな課金形態のサービスが存在する中で、従量課金制はスモールスタートもしやすく便利だ。コストを効率化するには、頻繁に繰り返すタスクを、間違いなく高速にこなす「自動化」で、作業時間を節約する。これは運用負荷の軽減にもつながる重要な点だ。 さらに一歩...(2016/12/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
ボルボ・カーズの製造戦略―独自の柔軟な製造コンセプトを実現するには?
  スウェーデンを本拠とする大手高級車メーカー、ボルボ・カーズは、成熟市場における同社のプレゼンスを引き続き強化しながら、新興市場の将来性に一気に資本投下することを戦略としている。 そのために、中国に新工場を建設し、大規模な投資を行って新型のグローバル...(2016/11/21 提供:シーメンス株式会社)

事例
ハイアールの製品の市場投入期間が15%短縮!? PLMによる新たな開発プロセス
 世界有数の白物家電メーカーであり、中国一のブランド価値を持つHaier(ハイアール) Groupは、技術研究、製造業、商業、金融業に重点を置く多国籍企業へと大きく成長してきた。 Haier Groupの製品群には96のカテゴリ、15,100種類にも及ぶ仕様があり、ビジネスの大きな...(2016/11/21 提供:シーメンス株式会社)

事例
ITサービス刷新の実践的アプローチ13選――ANA、JTBなど先進企業の事例に学ぶ
 事業におけるITの重要性が高まるにつれ、IT部門に課せられる役割にも変化が見られ始めた。従来の課題である「生産性の向上」に加えて、「ビジネス価値の向上」が求められるようになったことが、さまざまな業界でITサービスマネジメント(ITSM)を刷新する流れを生んでい...(2016/6/27 提供:株式会社ユニリタ)

事例
トヨタ向け製品の品質管理を支える、迅速なトレーサビリティ
 「トヨタの北の拠点」として、ハイブリッドトランスアクスル・オートマチックトランスミッション・最新型無段変速機(CVT)やトランスファーを生産しているトヨタ自動車北海道。 同社の技術部では、製品製造において発生した問題の原因究明(トレーサビリティ)のため...(2015/11/13 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

カタログ
【カタログ】統計品質管理 SSQC
【製品概要】SQC(Statistical Quality Control)とはバラツキを数量的に表し、それを比較するなど統計的手法を用いて不良品を出さないように製品をつくることである。SSQCはYDC SONAR(R)のオプション製品であり、各種管理図、工程管理能力指数の算出、推定と検定、規格...(2011/8/31 提供:株式会社ワイ・ディ・シー)

事例
村田製作所の最先端の生産現場を支える「科学的管理」の実践
 村田製作所のDNAには、データによる裏付けを重視する姿勢が深く刻まれている。業界最先端の技術力を電子部品メーカーであり、多種多様な電子部品を扱う同社は、社是の一節にある「科学的管理を実践し」という言葉を道しるべに、データに基づいた生産プロセスの改善活動...(2016/5/24 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
10のQ&Aで知る、モバイルアプリ開発の極意
 モバイルデバイスの急速な普及とともに、企業規模を問わず、モバイルアプリケーションの開発が拡大している。ユーザーとのコミュニケーションを強化する手段として、アプリ開発に取り組んでいるケースも見受けられる。こうした変化に伴い、モバイルアプリのテスト管理と...(2014/7/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
【IoTの具現化事例】スマート・ファクトリーの実現に向けたAirbus社の事例
 Airbus社が未来の工場の実現に向けて試作したスマートツールやIoTの具現化に役立つ組込システム開発プラットフォームを紹介します。【スマートツールによる組み立て作業者の負荷の軽減と品質管理】Airbus社が試作したネジ止めツールの紹介。カメラ付きメガネを用いてネ...(2015/9/1 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

事例
「使い慣れた表は手放さない」、Excel業務から時間とコストの無駄だけなくす方法
 大量のデータ入力に対して優れた操作性を備えたExcel。数式を即座に計算し、多彩な形式でデータを可視化できるなど、その性能は誰もが認めるところだが、近年は「脱Excel」を目指す企業が増えている。その理由の1つがExcel業務に伴う数多くの手作業だ。 手作業の増加に...(2016/9/1 提供:大興電子通信株式会社)

製品資料
デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」
 デジタル化の進展に伴い、IoTやAIを活用した新たなビジネスの創出に取り組む企業が増えている。その一方で、日々の運用に人手を割かれ、新規ビジネスを開拓するための業務システム開発に着手できない──その悩みは、多くのIT部門で共通するものだろう。経営から期待さ...(2017/2/17 提供:日本電気株式会社)

製品資料
生産性はJavaの3倍、ノンコーディングのアプリ開発で成功した19社の事例
 Javaの3倍近い生産性を実現し、マルチデバイス対応のアプリ開発ができるノンコーディング開発ツールの利用が拡大している。ツールの機能の進化とともに、パッケージソフト開発やクラウド環境への移行など、用途も多様化してきた。 例えば、池田糖化工業では、レガシー...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

事例
脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法
 ビジネスプロセスの合理化や自動化、モバイルワーク対応など、業務アプリケーションへの要求はますます高まっている。しかし、開発にかかるコストや時間、ERPやレガシーなシステムとの連携の難しさなど、開発部門の前にはさまざまな課題が立ちはだかっている。 こうし...(2016/12/2 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

技術文書
データ分析の基礎知識――全ては分析用データ管理から始まる
 ビジネスの成功には優れた分析モデルが欠かせない。「そこそこ優れたモデル」なのか、「抜群に優れたモデル」なのかで、得られる結果には大きな差が生まれる。高いレベルの分析モデルを構築するには“汚染されていないデータ”を迅速に準備できる体制を整える必要がある...(2016/11/30 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
事例:ExcelやAccessに代わる業務管理ツールを活用した5社の成功事例、その実態とは
 Microsoft ExcelやMicrosoft Accessで個々の担当者が業務に関する情報を入力し、それらを管理者がまとめて帳票化するという作業は、日常的に実施されている。数名の規模であれば、こうした方法でもさして問題は起きず、手入力によるミスなどもすぐに修正・共有できるが...(2017/1/25 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
事例:業務部門担当者がリアルタイムに進捗把握、分析作業も簡単に(全7社)
 日々蓄積される業務情報を吸い上げ、統合し、進捗状況などをほぼリアルタイムで把握できるようにするソリューションは、さまざまな形で市場に出回っている。しかし、1つの部門や部署が率先して素早く実現するには、高いレベルの専門知識が必要で、構築期間やコストも莫...(2017/1/25 提供:株式会社ジャストシステム)

技術文書
計測器校正のトレーサビリティの重要性と「受託校正サービス」の活用
 近年、校正管理について法や規格の整備が進み、それらの要求事項はより厳格化されてきている。横河レンタ・リース株式会社では、設立当初より品質保証活動を重要視し、計測器の「校正管理」には特に力を注いできた。 本資料では、校正の運用管理に課題を抱えられてい...(2016/11/15 提供:横河レンタ・リース株式会社)

レポート
製造業の情報連携に必要な4つのステップ――自動車業界の課題と対策を解説
 昨今、自動車業界の構造は新興国の低価格市場出現などにより、大きく変化している。完成車メーカーの多くは、海外市場に対応するために現地化を進め、それに伴い部品メーカーも積極的に海外展開を加速している。現在、日本の自動車業界に属する企業の海外売上高比率は...(2016/11/10 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
OSS管理のベストプラクティス――アジャイル開発で自動化すべき5つの重要タスク
 近年、提供されるソフトウェアには、オープンソースコンポーネントとマイクロサービスで組み立てられた複合型製品が増えている。その背景には、ソフトウェア開発におけるスピード、アジリティ、革新性などへの要求の増大がある。 この要求に応えるため、DevOpsとアジャ...(2016/12/26 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

事例
神戸製鋼所 業務部門が使えるBIツール導入、生産管理データのタイムリーな分析を実現
日本を代表する大手鉄鋼メーカーである神戸製鋼所では、2010年、グループ全体の中長期経営ビジョン「KOBELCO Vision G」を策定。これまでも、既存の枠組みにとらわれない攻めの経営姿勢により、鉄鋼、溶接、アルミなどの主力事業だけではなく、機械系事業、電力卸供給、不...(2016/12/22 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

Loading