TechTargetジャパン

レポート
その品質管理、「顧客目線」で取り組めていますか?
 今日のモノづくりは、漸進的な品質改善を進めようとすると、実に多様かつ複雑な障壁に直面するようになっている。生産量の多さ、技術的な複雑さ、製品ライフサイクルの短さ、グローバル・サプライヤー・ネットワークの複雑さ、高まり続ける顧客の期待など。 しかし、先...(2017/10/13 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
その品質管理、「顧客目線」で取り組めていますか?
 今日のモノづくりは、漸進的な品質改善を進めようとすると、実に多様かつ複雑な障壁に直面するようになっている。生産量の多さ、技術的な複雑さ、製品ライフサイクルの短さ、グローバル・サプライヤー・ネットワークの複雑さ、高まり続ける顧客の期待など。 しかし、先...(2017/10/13 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
アルパインが短期間にグローバルで業務プロセスを統一、品質管理業務を効率化
 自動車業界に求められる品質管理は年々高度化している。それはサプライヤーも同様だ。自動車関連製品を製造・販売するアルパインは、欧州の自動車企業が求める品質管理レベルに対応するため、品質マネジメントシステム(QMS)の見直しに着手した。 そこで同社が注目し...(2017/7/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

プレミアムコンテンツ
現場の80%以上が品質問題に直面、解決のカギは「標準化」「効率化」「見える化」
 「TechFactory」が実施したアンケート調査「設計開発者のための品質管理」(調査期間:2017年4月24日〜5月8日)では、製品の設計開発などに従事する会員/読者を対象に、日ごろ直面している「品質問題」をテーマに、その原因や対策(今取り組んでいる/将来実施したい)...(2017/6/21 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
回答者の92.8%が経験済みの品質問題、設計部門がこれから取るべき対策とは?
 MONOistは2015年4月、モノづくりメディア会員を対象に「品質管理に関する読者調査」を実施した。調査結果からは設計部門における品質管理の課題や、現在の対応策、将来取るべき対応策などの状況が明らかになった。(2016/3/25 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
あなたの設計現場は大丈夫? 84.3%が直面する品質問題、その原因と対策
 「TechFactory」が実施した「設計製造における『品質管理』についての調査」(調査期間:2016年4月25日〜5月23日)では、日ごろ製品設計などに従事する会員/読者を対象に、現在直面している「品質問題」についてやその原因、対応策(今取り組んでいる/将来実施したい...(2016/6/24 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
回答者の92.8%が経験済みの品質問題、設計部門がこれから取るべき対策とは?
 MONOistは2015年4月、モノづくりメディア会員を対象に「品質管理に関する読者調査」を実施した。調査結果からは設計部門における品質管理の課題や、現在の対応策、将来取るべき対応策などの状況が明らかになった(全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員...(2015/5/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
公差に対して高まるプレッシャーに対応する方法とは?
 自動車や航空宇宙産業で生産される部品類の複雑化が進んでいます。品質管理や測定基準を満たす許容値(公差)の高度化・最適化も進んでいます。 さらに、以前はサンプルベースの検査をすることで、ロットのコンプライアンスを評価するだけの簡単なものでしたが、最近は...(2016/12/9 提供:CREAFORM(AMETEKグループ))

レポート
「第9回 生産システム見える化展」展示会レポート
ものづくりにおけるQCDの革新と改善を対象にした展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが回りきれなかった方などに、ぜひ有効活用していただきたい。(2017/10/10 提供:株式会社アペルザ)

プレミアムコンテンツ
組み込みソフトウェアの「品質」とは何か
「品質」(Quality)は有史以来、重要なキーワードとして、多くの人々によって語られてきた。そして今でも最も重要なキーワードとして、存在し続けている。では、組み込みソフトウェア開発における「品質」とはなんだろうか。その品質は普遍のモノだろうか。それとも時代...(2017/10/4 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法
 昨今のようにデータの量と複雑さが増大し続ける状況では、信頼できるデータ基盤がなければ、日々の意思決定を的確に行うことも、アナリティクスやレポートからビジネス状況を正確に把握することも難しくなる。しかし、スプレッドシート、電子メール、レポート、顧客情報...(2017/5/24 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
変更管理工数を7000時間削減──JTB情報システムのITサービス管理ツール活用法
 システム運用にカスタマイズは付き物だが、現場のリクエストに応えるのはIT部門にとってかなりの負担だ。JTBグループ全体のITを担うJTB情報システムでは、年3500件ものカスタマイズ案件があり、中には対応しきれないケースも出るなど、その負荷が課題となっていた。 そ...(2017/3/7 提供:株式会社ユニリタ)

その他
2016年 動き出したインダストリー4.0 〜第4次産業革命の夜明け〜
Industry4.0・IoTナビVol.2は、FAや電機制御を中心としたものづくりの専門紙オートメーション新聞がまとめた、インダストリー4.0やIoT、スマートファクトリーのムック本。第1号に引き続きインダストリー4.0、IoTのキープレイヤーとされるベッコフオートメーションのイン...(2017/10/17 提供:株式会社アペルザ)

製品資料
「機械学習」で膨大な情報を迅速に活用、ビジネスを進化させる分析手法とは
 テクノロジーの進化は現代のビジネスにおける課題を大きく変化させた。とりわけビジネスの“スピード”は重要な要素となっており、従来のプロセスをより効率化して迅速なビジネスを実現しなければ顧客の求める製品・サービスを提供することは難しくなっている。 目まぐ...(2017/9/21 提供:インテル株式会社)

製品資料
システムリリース前に脆弱性を徹底的に排除する、「シフトレフト」の導入
 セキュリティに取り組む企業は増えているものの、情報漏えい事件が減らない理由を「攻撃手法の進化」だけのせいにすることはできない。「情報漏えい事件の経路の92%はアプリケーション層が原因である」という報告を目の当たりにすると、アプリケーションから脆弱性を排...(2017/1/31 提供:株式会社アスタリスク・リサーチ)

レポート
「第25回 3D&バーチャル リアリティ展(IVR)」展示会レポート
VR・AR、ヘッドマウントディスプレイなど最先端の3D技術や超高精細の映像技術が一堂に出展、その場で体験ができる専門技術展。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加し...(2017/10/3 提供:株式会社アペルザ)

レポート
「第2回 名古屋 機械要素技術展(M-Tech名古屋)」展示会レポート
軸受、ベアリング、ねじなどの機械部品や、金属、樹脂に関する加工技術が一堂に集まる展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが回りきれなかった方などに...(2017/8/22 提供:株式会社アペルザ)

製品資料
保守コスト削減からレガシー機器の延命まで――EOSL保守サービス選びのポイント
 サーバやストレージ、ネットワーク機器などのメーカーサポートは、一般的に約5年程度で終了するといわれている。しかし、リプレース費用などの問題から、このように「EOSL」(End Of Service Life)を迎えた製品を使い続けたいと考える企業は多い。 そこで、選ばれてい...(2017/8/4 提供:アプライドテクノロジー株式会社)

技術文書
IoTプラットフォームの変遷から、IoTの今を知る〜エッジコンピュティングの概念から最新のTSN対応機器まで〜
IIoTを実現するため一貫してプラットフォームを強化してきたナショナルインスツルメンツが、これまでどのような取り組みをしてきたのか?そして、これから何を進めるのか。本資料の前半では、直近のIIoTを取り巻く動向を振り返ることで、計測技術を通したこれからのIIoTの...(2017/7/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
Hadoopを業務部門でも活用、専門家でなくても扱えるデータ統合管理ツール
 ビッグデータを高速に処理できる「Hadoop」の導入企業が増える一方で、そのデータの管理や分析のスキル不足に悩む企業も少なくない。Hadoop環境ではコーディングスキルが要求される場面が多く、業務部門などの一般ユーザーが活用するにはハードルが高いのだ。 そこで...(2017/7/3 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
「Excelで何とかなる」は大間違い、製造業にありがちな情報システム連携の課題
 多くの製造業は、新興国に生産拠点を設けることで一定の成果を得てきた。しかし、新興国の急激な経済成長に伴い、現地の顧客ニーズの多様化、製造品目の多様化、製造工程の複雑化、現地人件費の上昇などを背景に、そのビジネスモデルは崩れ始めている。 こうした状況か...(2016/11/10 提供:インフォアジャパン株式会社)

レポート
10のQ&Aで知る、モバイルアプリ開発の極意
 モバイルデバイスの急速な普及とともに、企業規模を問わず、モバイルアプリケーションの開発が拡大している。ユーザーとのコミュニケーションを強化する手段として、アプリ開発に取り組んでいるケースも見受けられる。こうした変化に伴い、モバイルアプリのテスト管理と...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
データ肥大化を解決する「3つのA」とデータレイクに必須の「4フェーズ」とは
 SNSやIoTの普及で企業の扱うデータが肥大化している。戦略決定にデータ活用は重要だが、その管理運用コストは増え続けているのに投資に見合った効果が得られていないと考えている経営者も増えている。 現実問題として、ストレージの容量は不足し運用負荷が重い状況にあ...(2017/10/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「第20回 組込みシステム 開発技術展」展示会レポート
組込みシステム開発に必要なハードウェア、ソフトウェア、コンポーネントから開発環境までが揃う展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが回りきれなかった...(2017/9/7 提供:株式会社アペルザ)

技術文書
アナリティクス向けのデータ管理、5つのベストプラクティス
 データ・サイエンティストの多くは、モデル開発にかかる時間の50〜80%をデータの準備に費やしている。洞察を導く作業に使えるはずの時間が、それだけ犠牲になっているのだ。 SASでは、高度なアナリティクスの活用と洞察の深化をサポートするためのデータ管理プロセスに...(2016/9/6 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS)」展示会レポート
CAD、CAE、ERP、生産管理システムなどの製造業向けのITソリューションが一堂に集まる展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが回りきれなかった方などに...(2017/9/28 提供:株式会社アペルザ)

レポート
iPadは現場で真価を発揮する! モバイル活用ソリューションカタログ
 製造、物流、医療など、あらゆる産業分野で「iPad」を中心としたモバイルデバイスの現場活用が積極的に行われつつある。手元で最新の情報や作業手順などを閲覧するだけでなく、高価な専用機器の代わりに製造現場で活用されるケースも少なくない。そんなモバイル活用ソリ...(2017/9/1 提供:KDDI株式会社)

技術文書
赤外LEDによる虹彩認証を実装するための留意点
 スマートフォンやタブレットでオンラインショッピングやオンラインバンキング等、機密性の高いアプリケーションの使用増加に伴って、高度なセキュリティー方式が必要とされている。オスラムオプトセミコンダクターズは虹彩認証に対応する高出力な赤外LEDを提供し、不正...(2017/9/1 提供:オスラム株式会社 オプトセミコンダクターズ)

講演資料
運用・構成の自動化と従量課金制サービスの組み合わせで倍増する投資対効果
 さまざまな課金形態のサービスが存在する中で、従量課金制はスモールスタートもしやすく便利だ。コストを効率化するには、頻繁に繰り返すタスクを、間違いなく高速にこなす「自動化」で、作業時間を節約する。これは運用負荷の軽減にもつながる重要な点だ。 さらに一歩...(2016/12/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
ボルボ・カーズの製造戦略―独自の柔軟な製造コンセプトを実現するには?
  スウェーデンを本拠とする大手高級車メーカー、ボルボ・カーズは、成熟市場における同社のプレゼンスを引き続き強化しながら、新興市場の将来性に一気に資本投下することを戦略としている。 そのために、中国に新工場を建設し、大規模な投資を行って新型のグローバル...(2016/11/21 提供:シーメンス株式会社)

Loading