TechTargetジャパン

講演資料
Azure IaaS化の前に読んでおきたいファイルサーバ復習ガイド
 Microsoft Azureの日本データセンターのオープンに伴い、ファイルサーバのAzure IaaS化を検討している企業も多いのではないだろうか。だが、単にファイルサーバをIaaSに移動するだけで終わってしまうのではなく、この機会にファイルサーバの機能について改めて確認して...(2015/1/14 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
中堅企業のペーパーレス事情――なぜ私たちは、まだ紙に振り回されているのか
 多くの企業では、ペーパーレスの価値を認識しているにもかかわらず、さまざまな理由で後回しにされ、「ペーパーレスオフィス」はなかなか実現しない。だからといってペーパーレス化を諦めてしまうと、これからもさまざまな場面で不便を強いられることは想像に難くない。(2017/3/30 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
大幅に強化された実力を確認、Windows Server 2012 R2のファイルサービス機能
 「Windows Server 2012 R2」はファイルサービス機能を大幅に強化している。企業にとって増え続けるデータを効率的に格納し、一元的に管理することは重要な課題だが、同時に悩みの種でもある。なぜなら、データ管理の効率化は重要だが、高機能のストレージソリューション...(2015/6/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
徹底検証:中小規模向けサーバ仮想化/VDI基盤は本当に使えるか?
 サーバ仮想化やデスクトップ仮想化を検討している中堅・中小企業にとって、大企業向けの仮想化基盤の導入はコスト面でのハードルが高い。しかし、「中小規模向け」をうたう製品の機能や性能面に不安を感じている企業は少なくないのではないだろうか。そうした不安に対す...(2014/8/7 提供:SCSK株式会社)

レポート
「SMB企業のストレージ環境」に関するアンケート調査リポート
■調査概要目的:SMB企業のストレージ環境の現状を調査するため方法:Webによるアンケート調査対象:従業員数1000人以下の企業・組織に属するTechTargetジャパン会員調査期間:2012年2月22日(火)〜3月7日(火)総回答数:160件※回答の比率(%)は小数点第1位を四捨五...(2012/3/19 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「WannaCry」の分析から見えてきたランサムウェア対策のベストプラクティス
 被害が世界中で一挙に広がったことで、大きな話題となったランサムウェア「WannaCry」。暗号化されてしまったデータの“身代金”として振り込まれた額は、わずか3日間で5万ドルを超えたという。攻撃者が高度な技術を利用できた背景には、米国家安全保障局(NSA)から盗...(2017/6/2 提供:ソフォス株式会社)

製品資料
「ハイパーコンバージド」徹底解説――導入前に知っておきたい重要技術
 優れた仮想化基盤として、拡張性の高いITインフラとして注目されている「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)。オンプレミスで、パブリッククラウドサービスと同等のスピードや運用効率を実現する手法として導入を検討する企業が増えているが、その特徴はまだ十分に...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
調査で見えたアベイラビリティの重要課題――企業はどのように変わるべきか?
 システムに予期せぬダウンタイムが発生することは、企業にとって復旧のコストやビジネス機会の損失、信用の失墜といった損害が生じることを意味する。近年では、ユーザーがシステムに対して24時間365日アクセスできることを期待するようになっているため、その影響はさ...(2017/7/18 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

プレミアムコンテンツ
組み込み機器でもコードを信用するな――IoTセキュリティの「いま」と「対策」
 Kaspersky Labsのセキュリティ関連イベント「Security Analyst Summit(SAS)」が開催された。カリブ海に浮かぶセント・マーチン島のリゾートホテルを舞台に行われたカンファレンスから、「セキュリティポリシーとセキュリティプログラムの重要性」を取り上げた2つのセ...(2017/6/19 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ランサムウェア攻撃はなぜ成功するのか? 手口の分析から見えた9つの対策
 2017年5月12日から世界中で猛威を振るったランサムウェア「WannaCry」は、非常に強い感染力を持ち、国内でも多数の被害を出した。このようなランサムウェア攻撃が成功する背景には、企業のセキュリティを潜り抜けるテクニックを、技術力の低い攻撃者に販売するサービス...(2017/6/2 提供:ソフォス株式会社)

講演資料
ITインフラのコストを最適化、データセンターに最適なハイブリッドITの条件
 データセンターは、従来型の汎用的インフラストラクチャから、プライベートクラウドやグローバルなパブリッククラウド、IoTなど、新しい利用モデルに移行していて、IT利用の適切な組み合せを再定義することが求められている。そこで注目されているのが、オンプレミスと...(2017/5/29 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
Nutanixの新たな選択肢、Cisco UCSで構築するハイパーコンバージドインフラ
 ストレージ、ネットワーク、サーバを個別に用意するレガシーなインフラは、サイロ化による非効率が生じやすく、拡張するためにはシステム全体をリプレースする必要があるなど、管理に手間が掛かることが問題となる。 こうした課題に対処する方法として、サーバ、ストレ...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

技術文書
ラックマウントサーバで構築するハイパーコンバージド――導入手法を徹底解説
 データセンター運用において頭が痛いインフラの複雑化。運用・保守を考えれば、データセンターの構成をシンプルにし、コストやスキルを要求されるSANなしに構築できることが望ましい。 そこで注目されるのが、仮想化環境の最適化や容易なリソース拡張が可能なラックマ...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

レポート
急増する「脅威メール/標的型・ランサムウェア」あらゆる企業に必要な対策は?
 メールを侵入経路とするマルウェアが国内で急増している。2016年第4四半期におけるウイルス・不正プログラムの検出数は、前年同期比で600%以上という急拡大を見せた。さらに中小企業への攻撃が年々増加するなど、サイバー攻撃は規模や業種を問わず拡大しており、あらゆ...(2017/4/21 提供:ファーストサーバ株式会社)

レポート
Webサイトの75%で脆弱性を検出、企業がすぐに着手すべきセキュリティ対策は?
 近年、大規模なサイバー攻撃では、Webサイトの脆弱性を足掛かりにして、企業ネットワークへの侵入などを図るケースが多く見られる。このような攻撃の大部分は、インフラのメンテナンスで防げるはずだが、現実には定期的な作業を怠っている企業が多く、重要データの漏え...(2017/4/17 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
クラウド移行動向調査:移行における重要課題とベストプラクティスは?
 企業におけるクラウドの重要性は年々高まっている。オンプレミスサーバからクラウドへのシステム移行は、既に大きく進んでいるが、そこにはさまざまな目的や手法が存在する。今後、移行を検討する企業にとって、これらの企業の戦略に学ぶことは大きな意味を持つ。 そこ...(2017/3/15 提供:三井情報株式会社)

比較資料
10社「IPS」を詳細比較、不正侵入の防御性能が高い製品は?
 既存のセキュリティシステムをかい潜るように、近年のサイバー攻撃は手口が巧妙化している。対策として挙げられるのが「IPS(不正侵入防御システム)」だ。しかし、多数の製品から選択の決め手に欠く企業は少なくない。 セキュリティ製品を選定する際は、一般的に防御...(2017/2/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
AIがウイルス対策ソフトの限界を超える――未知の脅威を防ぐ技術とは
 かつてセキュリティベンダーの重鎮が「ウイルス対策ソフトが検知できるのは攻撃全体の45%、残りの55%の攻撃は防御できていない」と発言し、話題を集めた。このことが象徴するように、ウイルス対策ソフトに頼った入り口対策は限界を迎えつつある。 そこで導入が増えて...(2017/2/6 提供:富士通株式会社)

講演資料
作ってみようハイパーコンバージドインフラ、Windows Server 2016での作り方
 新世代のIT基盤として期待されるハイパーコンバージドインフラ。サーバ、ストレージ、ネットワークを統合したノードを複数組み合わせて、リソースプールとして一元管理、クラウド基盤として利用できるようにしたものだ。運用管理が格段と容易になるほか、ノードの増設に...(2016/12/12 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
屋外・遠隔地の監視コストを大幅に削減、LAN配線不要の映像監視システム
 工事現場やイベント会場の安全対策から無人施設や店舗の防犯対策まで、さまざまな現場で活用される映像監視システム。近年は、屋外設置や遠隔監視などへのニーズの高まりを受け、アナログカメラからIPカメラへの移行が進んでいる。 しかし、従来型IPカメラの多くは、LA...(2017/3/31 提供:丸紅無線通信株式会社)

レポート
個人情報流出件数が多い業界ランキング、セキュリティ脅威の傾向と対策
 サイバー犯罪の手口の巧妙化が進む中、情報セキュリティ技術とのイタチごっこが続いている。個人を狙ったフィッシングから、組織を狙って巧妙に仕掛けられる標的型攻撃、さらにはIoTデバイスへの攻撃まで、攻撃者は価値のある情報や金銭を得られそうな対象であれば何で...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
セキュリティ対策は「組み込み型」へ──ポイント対策が限界を迎えたわけ
 ほぼ20年間にわたり、ファイアウォールは企業のセキュリティ戦略の中心に据えられてきた。アプライアンスが登場するとすぐに、サービスプロバイダーが次々とファイアウォールの管理サービスの提供を始めた。そして、新たな攻撃に対応するために、電子メールゲートウェイ...(2017/3/7 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

レポート
データを真に利活用する「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ
 過去を検証するために、現在を把握するために、未来を予測するために、さまざまなデータを取得してきた。今、IoT時代が到来して、データの量や種類が爆発状態にある。 そして、取得したデータをビジネス上の資産に変えるためには、データの分析やアプリケーション連携...(2017/2/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」
 中堅・中小企業における事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)への意識が高まり、業務データのバックアップ環境の整備が急速に進んでいる。しかし、その運用で大きな課題に直面するケースも多数見られる。中でも深刻なのが、ダウンタイムと安定性の問題だ。 ESGの調査に...(2017/2/23 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

レポート
もはや必須ツール? 進化したユニファイドコミュニケーション「UCaaS」の選び方
 従業員の働き方を変えて生産性を向上させるために、ワークスタイル変革を実践する企業が近年増えている。ワークスタイル変革の第一歩として、企業は、デスク中心の働き方から、働く場所を自由に選べる働き方へ変わろうとしている。その働き方を実現する製品として、次世...(2016/11/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
普及が進むデスクトップ仮想化(VDI)、オープンで標準化された技術によるリファレンスアーキテクチャとは
 デスクトップ仮想化(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)は、事業継続性の向上、セキュリティ強化、クライアント端末の運用管理の負荷軽減、ワークスタイル変革(在宅勤務やリモートアクセスによる従業員の生産性向上)など、ビジネスに大きなメリットをもたらす。(2015/11/18 提供:デル株式会社)

技術文書
レガシーからの脱却――ハイパーコンバージド完全ガイド
 近年、IT部門にはインフラよりもアプリケーションやサービスに対して時間と予算を割り当てることが求められるようになっている。しかし、そのことがインフラへの要求をさらに高め、問題の増加を招くという皮肉な状況が生じている。 この悪循環を生んでいるのが、ストレ...(2016/12/14 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

技術文書
センサ計測の基本をしっかり押さえて、IoTに貢献を。【センサ計測の基本─エンジニアのツールボックス】
 本資料では、IoTに欠かせないセンサ計測について、NIのSC Expressや9219をはじめとするハードウェアや、LabVIEWソフトウェアを使った計測・解析方法を紹介しています。【温度計測】熱電対の正しい理解や計測時の考慮すべき項目、RTDやサーミスタの計測について解説して...(2016/12/12 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵
 次世代データセンターに求められているものとしては、サイロ化の解消、アプリケーションやワークロードのインフラ統合、全体自動管理などが挙げられる。これらがイノベーションを支え、競争力をもたらす鍵になると期待されている。 しかし単一の基盤を共有する環境では...(2016/12/6 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
Cisco製品保守のサービス品質・コスト課題を解決する方法
 ビジネス活動では不可欠のネットワーク、サーバ、ストレージ。Cisco製品は多くの企業で重要なインフラとなっている。そのような中、保守サービスに課題を抱える企業も多い。 地方拠点での対応に時間がかかる、24時間365日均一なサービスレベルではない、障害時には自社...(2016/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading