TechTargetジャパン

製品資料
大幅に強化された実力を確認、Windows Server 2012 R2のファイルサービス機能
 「Windows Server 2012 R2」はファイルサービス機能を大幅に強化している。企業にとって増え続けるデータを効率的に格納し、一元的に管理することは重要な課題だが、同時に悩みの種でもある。なぜなら、データ管理の効率化は重要だが、高機能のストレージソリューション...(2015/6/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
Azure IaaS化の前に読んでおきたいファイルサーバ復習ガイド
 Microsoft Azureの日本データセンターのオープンに伴い、ファイルサーバのAzure IaaS化を検討している企業も多いのではないだろうか。だが、単にファイルサーバをIaaSに移動するだけで終わってしまうのではなく、この機会にファイルサーバの機能について改めて確認して...(2014/4/21 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
徹底検証:中小規模向けサーバ仮想化/VDI基盤は本当に使えるか?
 サーバ仮想化やデスクトップ仮想化を検討している中堅・中小企業にとって、大企業向けの仮想化基盤の導入はコスト面でのハードルが高い。しかし、「中小規模向け」をうたう製品の機能や性能面に不安を感じている企業は少なくないのではないだろうか。そうした不安に対す...(2014/8/7 提供:SCSK株式会社)

レポート
「SMB企業のストレージ環境」に関するアンケート調査リポート
■調査概要目的:SMB企業のストレージ環境の現状を調査するため方法:Webによるアンケート調査対象:従業員数1000人以下の企業・組織に属するTechTargetジャパン会員調査期間:2012年2月22日(火)〜3月7日(火)総回答数:160件※回答の比率(%)は小数点第1位を四捨五...(2012/3/19 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
もはや必須ツール? 進化したユニファイドコミュニケーション「UCaaS」の選び方
 従業員の働き方を変えて生産性を向上させるために、ワークスタイル変革を実践する企業が近年増えている。ワークスタイル変革の第一歩として、企業は、デスク中心の働き方から、働く場所を自由に選べる働き方へ変わろうとしている。その働き方を実現する製品として、次世...(2016/11/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
普及が進むデスクトップ仮想化(VDI)、オープンで標準化された技術によるリファレンスアーキテクチャとは
 デスクトップ仮想化(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)は、事業継続性の向上、セキュリティ強化、クライアント端末の運用管理の負荷軽減、ワークスタイル変革(在宅勤務やリモートアクセスによる従業員の生産性向上)など、ビジネスに大きなメリットをもたらす。(2015/11/18 提供:デル株式会社)

技術文書
6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵
 次世代データセンターに求められているものとしては、サイロ化の解消、アプリケーションやワークロードのインフラ統合、全体自動管理などが挙げられる。これらがイノベーションを支え、競争力をもたらす鍵になると期待されている。 しかし単一の基盤を共有する環境では...(2016/12/6 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
Cisco製品保守のサービス品質・コスト課題を解決する方法
 ビジネス活動では不可欠のネットワーク、サーバ、ストレージ。Cisco製品は多くの企業で重要なインフラとなっている。そのような中、保守サービスに課題を抱える企業も多い。 地方拠点での対応に時間がかかる、24時間365日均一なサービスレベルではない、障害時には自社...(2016/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月16日号:Windows Server 2016のココが凄い
 Computer Weekly日本語版 11月16日号は、以下の記事で構成されています。■もう未来の技術ではない──銀行・政府機関で進むブロックチェーン導入■盗聴の可能性? 英国で閣僚のスマートウォッチ禁止令■競合他者も驚いた、ダンキンドーナツのデータアナリティクス戦...(2016/11/16 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
個人情報流出件数が多い業界ランキング、セキュリティ脅威の傾向と対策
 サイバー犯罪の手口の巧妙化が進む中、情報セキュリティ技術とのイタチごっこが続いている。個人を狙ったフィッシングから、組織を狙って巧妙に仕掛けられる標的型攻撃、さらにはIoTデバイスへの攻撃まで、攻撃者は価値のある情報や金銭を得られそうな対象であれば何で...(2016/11/10 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
技術者への「次世代ファイアウォール」入門
 企業ネットワークに押し寄せる新しいセキュリティ脅威の標的は、「ファイアウォール対応」アプリケーションやアプリケーション層の脆弱性に及び、従来のファイアウォールでは企業ネットワークを十分に保護できなくなっている。単一機能のアプライアンスの組み合わせは...(2016/10/12 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
オンプレミスで構築する「グローバルファイル共有システム」
 国内外に複数の拠点を持つユーザーの多くは、拠点ごとにファイルサーバを導入する必要があり、データが分散することによるセキュリティリスクと、バックアップや災害対策などデータ保護のためのコストや運用の負担を余儀なくされていた。 SCSKは、このような課題に対し...(2016/10/7 提供:SCSK株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月5日号:ビッグデータでよみがえるレンブラント
 Computer Weekly日本語版 10月5日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftが発見「暗号化データを復号せずに操作する方法」■深刻な脆弱性まみれの大手メーカー自動車、Wi-Fi経由で乗っ取られる恐れ■2016年第2四半期のスマートフォン市場停滞の原因は「iPhon...(2016/10/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly フラッシュストレージ市場総まとめ 2016
 データ分析など特定用途で従来使われてきたフレッシュストレージの市場が拡大している。技術革新や供給の拡大によって容量当たりの価格が下落し、HDDと変わらない製品も登場。基幹システムなど幅広い用途で使われるケースが多くなってきた。 当コンテンツはフラッシュ...(2016/9/23 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月20日号:本気を出したGoogleはAWSに勝てるのか?
 Computer Weekly日本語版 9月20日号は、以下の記事で構成されています。■AWS対Microsoft対Google──決算報告書に隠されたクラウド戦争の優劣■Windows Mobileを切り捨てたMicrosoftはどこに向かっているのか?■列指向ストレージエンジン「Apache Kudu」とは何か■Go...(2016/9/20 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
クラウド型データセンターのアプリ性能を高める「マルチテナント機能」とは?
 オンプレミスからクラウド型データセンターへのシステムの移行は、運用の効率化、演算環境の柔軟性・適応能力の向上、IT基盤の整理統合を促す。専用インフラから共有インフラへの転換によって生まれるデータセンターTCOの削減効果もそのメリットの1つだ。 ここで鍵とな...(2016/8/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
システム環境に合わせて選ぶオールフラッシュ、効率的な運用に向けた評価基準
 オールフラッシュストレージの導入では、アプリケーション環境ごとに製品の評価基準が異なる。例えばさまざまな業務システムインフラを共有する仮想環境では、統合的なデータ管理ができるかどうかがポイントになるし、ハイブリッドも含めたクラウド環境では、きめ細かな...(2016/9/9 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
低コストで高度な標的型攻撃対策、クラウド型サンドボックスでどこまでできる?
 巧みな方法でユーザー自身にウイルスを実行させ、企業からさまざまな情報を盗み出そうとする「標的型攻撃」。同僚や取引先、顧客、公的機関などからのメールを偽装する手口が巧妙になっており、被害に気付かずにいるケースも少なくない。 企業側もエンドポイントのセキ...(2016/9/6 提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly フラッシュストレージ市場総まとめ 2016
 今や激戦区となったフラッシュストレージ市場。2016年はどのような製品が登場し、さらにどのような進化を遂げるのか。2016年のフラッシュストレージ市場を解説した3つの記事をまとめた。 本PDFは以下の2つの記事で構成されている。■6大サプライヤーの2016年オールフラ...(2016/8/9 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ストレージの基礎解説――オブジェクトストレージの活用法と効果
 モバイルの普及に伴い商業、製造業、研究調査、個人の日常活動などで生成される非構造化データ(テキスト、画像、さらにはセンサー情報など)の量は爆発的に増加している。こうしたデータの急増が、IT基盤運用において大きな負荷となっている。また、データを扱うストレ...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
大規模システムの防御力が最適コストで、今こそ中小システムに備えるべきUTM
 セキュリティ脅威への統合的な対策を実施するUTMは、かつて大企業向けとして認識されていたが、近年、中小規模の企業でも需要が増加している。大企業の厚い防御の壁を避け、守りの薄いシステムを攻撃者が狙うようになってきたからだ。 UTMのメリットは、アンチウイルス...(2016/5/9 提供:チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社)

事例
東京大学ほかがVPNを活用し実現、ハッカソンイベントで選ばれたサービスは?
 東京大学にて2015年7月に、IoTをテーマにした「スマートライフハッカソン」が開催された。エンジニアなどが参加して短期間で開発を行い、アイデアを競い合うこのイベントを裏で支えたのがVPNだ。 イベントでは、会場の東京大学をオフィス、大阪のデモ会場を自宅に見立...(2016/7/1 提供:ニフティ株式会社)

講演資料
ストレージ選びの新常識――オールフラッシュの能力を引き出す最適化とは
 ビジネスの変化を加速させるストレージ基盤に、オールフラッシュアレイを選ぶ企業が増えている。しかし、ドライブ性能が向上したことで、ストレージのコントローラーが新たなボトルネックとなる点や、書き込み回数の上限があるため、無駄な書き込みを削減する必要がある...(2016/5/10 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
「パブリックとプライベート」、最適なハイブリッド比率を求めるための指針とは?
 調査会社451 Researchは、9カ国/8つの業界におけるテクノロジーおよびビジネスの意思決定者1155人を対象に、2016年以降のクラウド投資に関する調査を行った。それによると、多くの企業がさまざまなワークロードで「オンプレミスのプライベートクラウド」を使おうとして...(2016/6/29 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
無線LAN導入検討の実態調査――コスト削減からビジネスプロセスの革新ツールへ
 さまざまなモバイルデバイスをWi-Fiにつなぎ業務を行うことは、もはや日常的な風景となっている。モバイル利用が活発化することで、無線LANは従来の有線ネットワークの補完ではなく、ワークスタイルの変化に対応するための必須インフラに位置付けられるようになった。 ...(2016/6/27 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
オールフラッシュストレージ導入ガイド――新米担当者の疑問もこれで解消
 近年、ストレージのパフォーマンス改善方法として注目されているオールフラッシュストレージだが、多くの担当者にとっては経験のないシステムである。価格が下がってきたことで導入を検討する企業が増えているが、導入後の運用を想定した製品選びをすることは思った以上...(2016/6/27 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
ゼロデイ脆弱性トップ5──危険にさらされた期間とパッチ適用までの日数は?
 本書は、毎年発行されている脅威レポートの最新版『シマンテックウェブサイトセキュリティ脅威レポート 2015』だ。2014年に収集、分析されたサイバー攻撃、サイバー犯罪のデータに基づき、標的型攻撃、情報漏えいに関する最新動向を示している。特に以下の項目はランキ...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
5億5200万件の個人情報が流出──2014年版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 このホワイトペーパーは、シマンテックが毎年発行している『Webサイトセキュリティ脅威レポート』の2014年版である。「2013年のセキュリティタイムライン」「数字で見る2013年」といった独自の視点のレポートをはじめ、2013年のWebサイトセキュリティ脅威に関する以下の...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
急増するデータが招く可用性低下、「5つの課題」を解消する方法とは?
 企業が扱うデータは1年で30〜50%増加するといわれている。これは、5年後にデータ量が2.8〜5.06倍になることを意味するが、現時点でこのペースの増加に対応できる環境を備える企業は少ない。そのため、多くの企業において、将来的な可用性の確保に向けた投資が始まって...(2016/6/20 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

製品資料
駆除だけでは終わらないランサムウェア――最後の備えは「確実な復元」
 企業や組織のシステムに侵入し、重要情報を暗号化したり、画面をロックしたりするランサムウェア。ファイルやシステムを“人質”にして、解除のための“身代金”を要求するランサムウェアの被害は着実に拡大しており、対策を急ぐ企業が増えている。 対策の基本は、セキ...(2016/6/8 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

Loading