TechTargetジャパン

事例
さくらインターネットが大容量UPSを低コストかつ短期に導入できたわけ
 データセンターとインターネットのバックボーンを構築し、それらを基にしたインターネットサービスを展開するさくらインターネット。同社は北海道石狩市に郊外型大規模データセンターを設立するに当たり、大容量UPS(無停電電源装置)を12セット導入した。 大容量UPSは...(2012/12/17 提供:シュナイダーエレクトリック株式会社)

製品資料
複雑な管理不要! これまでの約3倍のバックアップ時間で安心の電源管理を可能にするUPSとは?
 急な災害時や、電力トラブル時に電源をバックアップするUPS(無停電電源装置)。最近では、サーバ・ストレージ、通信機器などの高性能化、大型化により、停電保持時間の長時間化が望まれている。しかし、長時間化に比例して筐体が大きくなり、設置場所を圧迫する問題が...(2012/11/1 提供:株式会社ユタカ電機製作所)

事例
さくらインターネット石狩データセンターが選んだUPS
 さくらインターネットの石狩データセンターは、北海道の冷涼な気候を利用した外気冷却の採用で注目を集めた。この石狩データセンターでUPS(無停電電源装置)として選ばれたのが、シュナイダーエレクトリックの「Symmetra PX 160kVA」だった。数ある競合製品の中から同...(2012/9/27 提供:シュナイダーエレクトリック株式会社)

講演資料
BCPを真剣に考えるなら・・・東海圏最大級規模のデータセンター
◆TOKAIコミュニケーションズ データセンター(BroadCenter)の概要・場所:東海エリア(東京駅より新幹線と在来線で90分)・建物構造:免震構造、RC(鉄筋)・電力設備:中部電力を使用した電源の2ルート引き込み・非常用発電設備:ガスタービン式、72時間連続可能な燃料...(2011/4/27 提供:株式会社TOKAIコミュニケーションズ)

技術文書
有効電力(W)と皮相電力(VA)の混同について
有効電力(W) と皮相電力(VA)の違い、および、UPS と負荷装置の仕様においてこれらの単位の違いが正しく理解されているかについて紹介する。適切なサイズのUPS を選ぶ際の基準となる単位である有効電力(W)と皮相電力(VA)を正しく区別できていないことが多い。UPS ...(2010/1/1 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

技術文書
拡大する外部ストレージやブレードサーバを支える電源管理手法「1システム1UPS」
サーバの統合や仮想化の進展による外部ストレージの利用環境では、従来に比べ電源対策が複雑化する。従来型のIT機器1台にUPS1台を設置する場合には、システムを安全に停止するためにはサーバ、ストレージ、ネットワークの順での停止(復旧時には逆の手順)を手動操作など...(2009/8/1 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

製品資料
いつもそこにある危機――数分の電源障害が生み出す計り知れない企業の逸失利益
 UPS(無停電電源装置)を導入する際には、システム規模に合った適切なものを選択することが重要だ。特にサーバなど重要な負荷の場合は、「CVCF型常時インバータ方式」と呼ばれるモデルを選びたい。この方式は、入力電圧や周波数の変動に左右されず、常に安定した定電圧...(2009/2/20 提供:サンケン電気株式会社)

事例
地域医療を支える情報共有インフラ、その刷新を可能にした最新ソリューションとは?
 患者に提供する医療サービスの質を向上させる取り組みの1つに、地域の医療連携がある。病院や医院の規模や得意分野に応じて患者を受け入れることで、地域の医療機関の適正化を図る試みである。そこで問題になるのが、患者の容体や治療経緯の情報共有だ。そのための情報...(2009/1/19 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

技術文書
UPS運転方式の技術比較:オンライン方式とラインインタラクティブ方式
 ダブルコンバージョンオンライン方式とラインインタラクティブ方式の運転方式に関する議論は、一般に750VAと5000VAという容量範囲に焦点があてられている。これは、2つの運転方式の機能的利点と経済的な利点が明確ではなく、それぞれの設置環境によって利点も変わるため...(2008/11/19 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

製品資料
高効率UPSでシステムの高可用化&電力費用削減
 インターネットやモバイルネットワーキングが拡大するにつれて、中継点となるデータセンターの拡張が進んでいる。資源保護が叫ばれている昨今、多数のサーバやストレージを抱え、大規模なシステムを24時間連続で運用するデータセンターに対して、機器自体の消費電力抑制...(2008/5/1 提供:サンケン電気株式会社)

技術文書
データセンターの電力容量増強に伴う隠れたコストの削減
拡張性のあるUPSシステムは、容量の追加に伴うコストの発生を防ぎ、データセンター(電算室およびサーバルーム)やネットワークルームのインフラのTCO(Total Cost of Ownership)抑制に貢献する。このホワイトペーパーでは、従来型のUPSシステムを拡張する場合の問題点と...(2008/3/19 提供:株式会社APCジャパン)

技術文書
エネルギー効率の高いデータセンタの構成
 消費電力は、データセンタの一般的な設計基準ではなく、経費として効果的に管理されてもいない。データセンタの稼動期間における電力コストが、UPSなどの電源システムのコストを上回り、IT機器のコストをも上回る場合もあるにもかかわらず、現状は変わっていない。この...(2008/1/19 提供:株式会社APCジャパン)

技術文書
データセンター(サーバルームおよび電算室)の総冷却容量の検討
 このホワイトペーパーでは、空調システムの規模を決定するため、IT機器やUPSなど、データセンター(電算室およびサーバルーム)で使用される機器から発生する発熱量の計算方法について説明する。さらに一般的な計算要素を挙げ、設計の指針を示す。(2007/9/26 提供:株式会社APCジャパン)

技術文書
大規模UPSシステムの効率向上
 従来、UPSシステムの仕様や選択においてはシステムの信頼性のみに焦点を当てることがほとんどだった。しかし現在信頼性とともに、効率がUPS評価の最重要ポイントとなりつつある。 UPSの効率を低下させる2つの大きな要因は、UPSモジュール事態の内部損失と、システムの...(2007/9/26 提供:株式会社APCジャパン)

技術文書
データセンタにおける物理的脅威の監視
 IT環境を監視する方法の変更を促す2つの主な要因は、増加する電力密度ど動的な電力変動である。ブレードサーバは電力密度を大幅に押し上げ、周辺環境の電力と冷却のダイナミクスを劇的に変えてしまった。電力管理のテクノロジのおかげでサーバや通信機器は計算された負...(2007/9/26 提供:株式会社APCジャパン)

技術文書
エネルギー効率の高いデータセンタの構成
消費電力は、データセンタの一般的な設計基準ではなく、経費として効果的に管理されてもいない。データセンタの稼動期間における電力コストが、UPSなどの電源システムのコストを上回り、IT機器のコストをも上回る場合もあるにもかかわらず、現状は変わっていない。このホ...(2007/5/15 提供:株式会社APCジャパン)

技術文書
UPSシステム構成の比較
先進国の総配電システムの信頼度は比較的高いものだが、調査では最高度の商用電源システムでさえ、重要かつノンストップのデータ処理の要求に十分に対応していないことがわかった。 商用電源入力からデータセンターの重要な負荷機器に電力を供給するには、主に5つのUPSシ...(2007/5/15 提供:株式会社APCジャパン)

技術文書
UPSの運転方式
一般にUPSには常時商用方式と常時インバータ(オンライン)方式の2種類のUPSの運転方式だけが存在すると考えられている。しかし、一般に使用されるこの2つの用語は利用可能なUPSの運転方式の多くを正確に説明したものではない。このホワイトペーパーでは、UPSの各種運転方...(2007/2/15 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

技術文書
データセンターの電力容量増強に伴う隠れたコストの削減
拡張性のあるUPSシステムは、容量の追加に伴うコストの発生を防ぎ、データセンター(電算室およびサーバルーム)やネットワークルームのインフラのTCO(Total Cost of Ownership)抑制に貢献する。このホワイトペーパーでは、従来型のUPSシステムを拡張する場合の問題点と...(2006/11/14 提供:株式会社APCジャパン)

技術文書
UPS運転方式の技術比較:オンライン方式とラインインタラクティブ方式
ダブルコンバージョンオンライン方式とラインインタラクティブ方式の運転方式に関する議論は、一般に750VAと5000VAという容量範囲に焦点があてられています。これは、二つの運転方式の機能的利点と経済的な利点が明確ではなく、それぞれの設置環境によって利点も変わるた...(2006/11/14 提供:株式会社APCジャパン)

技術文書
長時間の電源障害時のデータ保全について
長時間の電源障害は、いつでも起こる可能性があります。電源障害が発生してしまうと、保護されていないコンピュータに対しては、必要なシャットダウンを行うことはできません。コンピュータテクノロジの進歩にもかかわらず、電源障害は常にコンピュータやサーバで起こるダ...(2006/8/15 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

技術文書
UPSシステム構成の比較
先進国の総配電システムの信頼度は比較的高いものだが、調査では最高度の商用電源システムでさえ、重要かつノンストップのデータ処理の要求に十分に対応していないことがわかった。商用電源入力からデータセンターの重要な負荷機器に電力を供給するには、主に5つのUPSシス...(2006/2/10 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

技術文書
データセンターの電力容量増強に伴う隠れたコストの削減
既存のUPSシステムの電力容量を増強する際には隠れたコストが発生。そのコストは時として増強によりもたらされる利益を上回る。拡張性のあるUPSシステムは、容量の追加に伴うコストの発生を防ぎ、データセンター(電算室およびサーバルーム)やネットワークルームのインフ...(2006/2/10 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

技術文書
APC InfraStruXure 40kW UPS/PDUの信頼性分析
InfraStruXureは従来の電源保護方式に変革的なアーキテクチャを提供。MTechnology Inc.は確率論的リスク評価法の技術を利用し、その信頼性を評価する。この評価では理論上と実システム両方でInfraStruXureのパフォーマンスを分析した。さらに、想定した500kW のクリティカ...(2006/2/10 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

技術文書
VoIPとIPテレフォニーのための電源と冷却
VoIPとIPテレフォニーが従来型の通信とPBX(構内交換機)電話システムに取って代わるには、従来型のシステムと同等かまたはそれ以上の可用性を実現する必要がある。Voice over IP(VoIP)の導入に伴い、ワイヤリングクロゼットやサーバルームで電力や冷却に対する予期しない...(2006/2/10 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

技術文書
UPSの運転方式
市場では、UPSの運転方式とその特徴についての情報の混乱が生じている。さまざまなタイプのUPS運転方式の構成について正しく認識されれば、UPSの運転方式に対する多くの誤解が解決できる。一般にUPSには常時商用方式と常時インバータ(オンライン)方式の2種類のUPSの運転...(2006/2/10 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

技術文書
データセンター(サーバルームおよび電算室)の総冷却容量の検討
IT機器やネットワーク機器の発熱による、システムの障害を防ぐために、データセンター(サーバルームおよび電算室)に設置された機器は空調システムで冷却する必要がある。このホワイトペーパーでは、空調システムの規模を決定するため、IT機器やUPSなど、データセンター...(2006/2/10 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

Loading