TechTargetジャパン

製品資料
アナリティクス活用で意思決定を自動化――業務を効率化する8つの機能
 収益性や顧客満足度など、ビジネスの世界では、日々さまざまな業務に影響する多数の意思決定が行われている。その中で、分析モデルの展開を統合/効率化し、アナリティクスを活用して意思決定を自動化するアプローチが注目されている。これにより、業務プロセスの効率性...(2017/7/26 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
アジャイル開発で陥りやすい非効率なツールチェーン、アットホームに学ぶ改善法
 システムやソフトウェアの開発における、早期リリースと品質向上への要求は年々厳しくなっている。両立の難しいこれらの要求に応えるため、多くの現場が多種多様なツールを導入し、バージョン管理、CI(継続的インテグレーション)、プロジェクト管理などの効率化・自動...(2017/2/22 提供:リックソフト株式会社)

製品資料
膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法
 昨今のようにデータの量と複雑さが増大し続ける状況では、信頼できるデータ基盤がなければ、日々の意思決定を的確に行うことも、アナリティクスやレポートからビジネス状況を正確に把握することも難しくなる。しかし、スプレッドシート、電子メール、レポート、顧客情報...(2017/7/3 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
「Windows Server 2003以前」のユーザーはまだいる? ファイルサーバの今後を考える
 TechTargetジャパンは、2015年にファイルサーバの利用に関するアンケート調査をした。現在利用しているファイルサーバのプラットフォームについて聞いたところ、「Windows Server 2008」が49.3%と最も多く、「Windows Server 2012」が33.3%と続いた。一方、「Windows ...(2017/7/3 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
予測分析の根本課題を解説、データが正しい意思決定につながらない理由とは?
 分析モデルは、ビジネスの意思決定において中核的な役割を果たしている。しかし、分析モデルが標準化されておらず、事業ごとに独自に開発されていたり、ガイドラインが文書化されていなかったりするケースも見られる。こうしたバラバラなモデルによる分析結果を判断材料...(2017/5/23 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
ラックマウントサーバで構築するハイパーコンバージド――導入手法を徹底解説
 データセンター運用において頭が痛いインフラの複雑化。運用・保守を考えれば、データセンターの構成をシンプルにし、コストやスキルを要求されるSANなしに構築できることが望ましい。 そこで注目されるのが、仮想化環境の最適化や容易なリソース拡張が可能なラックマ...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

レポート
「Office 2007」延長サポート終了にどう備える? 知っておきたい3つの確認事項
 「Office 2007」は、2017年10月に延長サポート期間が終了となり、セキュリティ更新プログラムや有償サポートなどが受けられなくなる。サポート終了後の利用はセキュリティ上の大きなリスクとなることから、この機会にバージョンアップを図る企業が増えているが、移行に...(2017/4/28 提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)

講演資料
業界別API公開シナリオ──セキュリティと利活用を両立する仕組みの作り方
 自社のサービスと外部サービスの連携で、新しいビジネスの創出や顧客接点の拡大に取り組む企業が増えている。その核となるのが「APIの公開・活用」だ。例えば航空業界では、飛行機の発着情報を外部アプリにリアルタイムに提供することで、旅行者によるWebサイトへのアク...(2017/4/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
VPNが不要になる? 次世代セキュリティツールが変えるモバイル戦略
 モバイルデバイスが不可欠なビジネスツールとして活用される一方で、その管理や安全性の確保にはいまだ課題が残る。スケジュールに迫られて、あるいは効率を考えて、従業員が社外秘のデータをモバイルデバイスで持ち出してしまうといった事態が、実際に多くの企業で起こ...(2017/4/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「Oracle Cloud」を徹底解説――PaaSとIaaSはどう使い分ける?
 企業システムの構築・運用に必要となるさまざまなサービスを提供する「Oracle Cloud」。クラウドに注力するOracleらしく、その機能は多岐にわたり、その把握も容易ではない。そこで、あらためて同サービスの特徴・機能を確認したい。 Oracle Cloudの大きな特徴は、統一...(2017/4/3 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
企業の情報共有・知識継承に関するアンケート(2017年1月)
TechTargetジャパンとキーマンズネットは、会員を対象に「企業の情報共有・知識継承に関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、企業の情報共有・知識継承に関するツールの利用状況や検討状況が明らかになった。目的:TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会...(2017/4/3 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

製品資料
ナノ・ユニバースやアトレでも取り組むオーダーメイド型CRMの活用法
 顧客中心の経営戦略を支えるCRMにも、さまざまなタイプがある。例えば、従量課金型でスモールスタートしやすいが、機能が画一的なことも多いクラウドサービス。逆に、対象ユーザーを細かく設定できるが、多すぎる機能を持て余してしまうパッケージ製品。さらに完全スク...(2017/3/14 提供:株式会社フュートレック)

レポート
モバイルサイト/アプリ配信のユーザー体験を阻害する「5つの問題」
 モバイルサイトやアプリの最適化には、何が問題となっているかを見極め、複数の側面からの対策を講じる必要がある。しかし、こうした問題のそれぞれの原因は複雑で、解決方法も単純ではないことが多い。 例えば、接続の制限や制約が原因の場合、モバイル固有のパフォー...(2017/2/8 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

講演資料
コンテナの価値は突き詰めれば2つ「生成の早さ」「再現の高さ」
 クラウドが一般的になるにつれて、開発の基盤はハイパーバイザー型の仮想化ソフトウェアからコンテナに移行している。コンテナが評価されているのは、生成が早いためアイデアの実装に有利な点と、再現性が高いため大幅で試験的な変更も加えやすい点だ。 コンテナのメリ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
保管すべき証憑書類を85%削減、電子化で現場業務を簡単に
 稟議(りんぎ)申請や経費精算、振替申請、小口現金管理など、多岐にわたる現場業務。申請や承認の作業が煩雑化し、本来注力すべき業務の足かせとなっている状況も散見される。この改善を目指して、Web型のワークフロー申請システムを利用する企業は多い。 このシステ...(2017/2/1 提供:株式会社NTTデータビジネスシステムズ)

技術文書
iOS、Android をターゲットにしたモバイルアプリ開発の最新ガイド
 多くの企業がモバイル ファーストでのアプリ開発を志向しているが、モバイルアプリ開発において多くの企業は初期段階により多くの改善点を有している。ユーザーが目にするオフラインとオンラインは連動し、1つの体験でアプリの評価が下され会社のイメージが損なわれる場...(2016/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
社内ITサービスの省力化を極める、ハイブリッドクラウド環境下の高速デプロイ術
 社内ITインフラのクラウド化を考えるとき、複数サービスのメリットを取り入れられる「ハイブリッドクラウド」は非常に効果的な選択肢となる。しかし、ハイブリッドクラウドを導入しても、ITインフラの運用効率やビジネス部門へのサービス提供が改善されないケースも目立...(2017/1/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
モダンで堅牢な従業員/カスタマーサイトを直感的な操作で構築
 近年は社内向けポータルや顧客向けWebサイトで、さまざまなサービスやアプリケーションが提供されている。これらを利用するユーザーは、より多くの機能を活用したコラボレーションや情報共有を求める一方で、複数のID/パスワードの使い分けのような面倒なことは避けた...(2017/1/27 提供:株式会社イージフ)

製品資料
e-文書法対応はペーパーレス化だけではない――ワークフロー連携でさらに効率化
 2016年に行われたe-文書法の改正を受け、スマートフォンやスキャナーなどで領収書を取り込み、電子データとして保存できるようになった。これにより「紙の保管場所がない」「決裁済み書類が見つからない」といった問題が解消されるが、電子化のメリットはそればかりでは...(2017/1/23 提供:エヌシーアイ総合システム株式会社)

講演資料
DevOpsとテスト自動化の新常識、ツールチェーンで短納期・高品質のソフト開発
 急激に変化する市場や顧客ニーズに対応するために、開発チームと運用チームを連携させる開発手法の「DevOps」が注目されている。ただしビジネスとしての成功には、ビジネスの視点が欠かせないものとなりつつある。 このような開発・運用・ビジネスの協調により目指すも...(2017/1/10 提供:リックソフト株式会社)

技術文書
基礎解説:デジタルビジネスの成功に不可欠な「API公開」のポイントとは?
 あらゆる業種の企業で、モバイル、IoT、Fintechなどの新しいテクノロジーの活用により、人・デバイス・企業を結び付け価値創造するデジタルビジネスへの取り組みが始まっている。このビジネスモデルで欠かせない技術の1つとして脚光を浴びているのが「API」だ。 企業は...(2016/12/21 提供:株式会社オージス総研)

レポート
生涯顧客の育成という視点、クラウドの成功は長期的な二人三脚の関係
 クラウドサービスはもはやスタンダードである。企業の80%がクラウドを導入し、「関心がない」という回答は8%にとどまった、というIDCの調査報告がこれを裏付けている。目新しさの時期は過ぎ、高い価値を実際に生み出すタイミングに来ている。 ITソリューションプロバ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
2つのキーワードが事業を変える 成功企業のインタビューが示した道筋
 クラウドサービスで成功している企業へのインタービューで明らかになったことの1つが「テクノロジーや事業の特化」だとIDCは報告している。その分野は製造業や銀行業などの業種、会計や人事、マーケティング業務、あるいはシステム管理やERPなど多岐にわたり、特化を進...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Microsoftが教える、理想のクライアント/クラウド環境を実現する12のシナリオ
 セキュリティ動向や労働環境の変化は、ビジネスに求められるクライアント環境などの条件にも影響を及ぼす。近年では標的型攻撃の激化、労働人口の減少といった社会問題が、セキュリティやワークスタイル変革、コミュニケーションに対する要件を大きく変え始めている。 ...(2016/11/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
7つのトレンドで分かる、最良の顧客体験を引き出すコンテンツ活用法
 企業と消費者の接触機会は、屋外広告やカタログなどの従来型メディアを超えて、モバイルアプリやWebサイトにまで拡大した。これに伴い、アセットのクロスチャネルマーケティングへの活用が不可欠となってきている。 しかし、あらゆる場面において魅力あるビジュアルコ...(2016/11/21 提供:アドビ システムズ 株式会社)

レポート
「Windows Server 2003以前」のユーザーはまだいる? ファイルサーバの今後を考える
 TechTargetジャパンは、2015年にファイルサーバの利用に関するアンケート調査をした。現在利用しているファイルサーバのプラットフォームについて聞いたところ、「Windows Server 2008」が49.3%と最も多く、「Windows Server 2012」が(33.3%)と続いた。一方、「Wind...(2016/11/1 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
ストレージの基礎解説――オブジェクトストレージの活用法と効果
 モバイルの普及に伴い商業、製造業、研究調査、個人の日常活動などで生成される非構造化データ(テキスト、画像、さらにはセンサー情報など)の量は爆発的に増加している。こうしたデータの急増が、IT基盤運用において大きな負荷となっている。また、データを扱うストレ...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ECHONET Liteの技術的概要と認証プロセス
 電力自由化に伴いHEMSへの注目は高まっており、その標準プロトコルとして採用された「ECHONET Lite」は日本国内におけるHEMS機器開発に不可欠な存在となっている。 ECHONET LiteはOSI参照レイヤーのLayer5と6に相当する層について規定されたプロトコルであり実装柔軟性...(2016/10/6 提供:アイティメディア株式会社)

事例
ファンケルなど6つのファイル共有事例に学ぶ、身近な業務改善のヒント
 重要書類をメールで送ることのリスクは広く知られているが、いまだに多くの現場では添付ファイル機能が利用されている。中にはファイルにパスワードをかけてセキュリティ対策とするケースや、無料オンラインストレージを利用するケースなども見られるが、安全性や利便性...(2016/10/17 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
ダウンタイムのないプラットフォームへ移行する4つのステップ
 常にスイッチオンの状態でITサービスを提供するという発想から「Always-On」という言葉が使われるようになった。これが実現することで、顧客に対するサービスの収益が最大化され、組織内では常に最新のアプリケーションがユーザーに提供され、グローバルでのコミュニケ...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading