TechTargetジャパン

技術文書
組み込み/IoT機器の開発で使える! Windows OS【前編】
 PC向けOSとして広く普及している「Windows」のバリエーションの中に、組み込み/IoT機器向けOS「Windows Embedded/IoT」があることをご存じだろうか? Windows Embedded/IoTとは、特定用途向けに提供されている組み込みOSのことで、世の中にあるさまざまな組み込み機器...(2016/9/14 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Windows 10移行、ウェアラブル端末、IoTまで見据えたデバイス管理の要件
 Windows 7の延長サポート期限が2020年に迫っており、今まさにWindows 10への移行を検討している企業も多いだろう。こうした新プラットフォームへの移行では、統合エンドポイント管理(UEM)ツールが効果を発揮する。中でもエージェントベースにもAPIベースにも対応した...(2017/7/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
これまでのWindows 10 Mobileスマホにはない「HP Elite x3」の強みとは?
 HPのWindows 10 Mobile搭載スマートフォン「HP Elite x3」には他のWindows 10 Mobileスマホにはない独自のポイントが多数盛り込まれている。 HP Elite x3は、スマートフォン、タブレット、PCという3つの形態を1つにまとめたデバイスだ。スマートフォンとして電話ができ...(2017/3/21 提供:KDDI株式会社)

技術文書
これで完璧、Microsoft Office 2013展開ガイドブック
 本ドキュメントは、IT管理者を対象に、Office 2013を展開する方法について詳しく説明したガイドブックだ。ボリュームライセンス認証から、クライアントPCへのセットアップ、他言語での展開方法まで手順とともに細かく解説する。解説には、ポイントをまとめた「メモ」や...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Computer Weekly製品導入ガイド クライアントアクセス製品導入戦略ガイド
 従業員は今、さまざまな経路で組織のITシステムにアクセスするようになった。本稿では、多様なアクセスに使われるさまざまな機器の構成、効率的な職場の実現、クロスプラットフォームアクセスによるOSへのプレッシャーについて解説する。 本PDFは以下の2つの記事で構成...(2017/5/31 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Android、ネットに接続するOSでWindows超え初のトップに──StatCounter調べ
 アイルランドのアクセス解析サービス企業StatCounterは2017年4月3日(現地時間)、インターネットに接続するOSに関する調査で、Googleの「Android」が初めてMicrosoftの「Windows」を抜き、トップに立ったと発表した。 StatCounterが発表した世界でのOSシェア推移、世...(2017/6/1 提供:KDDI株式会社)

製品資料
国内企業の4割以上がWindowsタブレットの導入に意欲的。その理由はここにある
 2014年のTechTargetジャパンによる「スマートデバイスの業務利用に関する読者調査」で、回答企業の43.4%が「Windowsタブレット」を今後導入したいと答え、iPadやAndroidタブレットを抑えてトップとなった。Windows 8.1の登場やWindowsタブレットの製品ラインアップが充...(2015/4/8 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
管理しきれないモバイル端末、複雑さを解消して先手を打つには?
 日々複雑化するモバイル環境に、企業は管理するどころか、全体像を把握することさえ困難になっている。変動要素の数が多く、最新の脅威を常に把握するのは不可能に近い。まして収集される大量のデータから意味を抽出し、データに基づく意思決定を行うまで手が回らない。(2017/7/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN
 システムを利用しているのが誰なのか、認証技術はセキュリティの基礎ともいえる。なりすましを防止しなくてはならない一方、ユーザーの利便性を損なわないことも重要であり、そのバランスは難しい。しかしIDとパスワードの組み合わせは、安全性向上のため長く複雑になり...(2016/12/2 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月8日号:PC&Windows時代の終わり
  Computer Weekly日本語版 3月8日号は、以下の記事で構成されています。■導入企業の90%がAIのメリットを活用できず、さらに懸念を抱えている現実■DNSの守り方──DNSプロキシサービスのススメ■NoSQLデータベース「Couchbase」がモバイル環境で愛される理由■IT部...(2017/3/8 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
クラウド基盤は何を基準に選ぶ?──IaaS・PaaS選びの「5つの要件」
 IoT、デジタルビジネス、ビッグデータ分析など、ビジネスにおけるIT活用が必須となる中で、オンプレミス環境のコストと運用管理、拡張性が問題視されるようになった。そのため、サーバやストレージ、ネットワークのリソースを月額や時間課金で利用できるIaaS(Infrastru...(2017/8/14 提供:日本電気株式会社)

プレミアムコンテンツ
孫正義が3兆円で買収した「ARM」、その強さの源泉と未来予想図
 2016年夏にソフトバンクが3兆円で買収したARM。「ARMはソフトバンクグループの中核中の中核になる」「シンギュラリティ(技術的特異点)を達成するために必要だった」とまでほれ込まれた企業であり、ARMが扱う「CPUの設計図」である「ARMコア」はスマートフォンに限らず...(2017/8/9 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
外でもノートPCでネットしたい! Androidスマホの「テザリング」基本ワザ
 ノートPCを外に持ち出して使うなら、外出先でもインターネットに接続したい。そのとき、普段使っているスマートフォンをモバイルルーター代わりに使えると便利だ。スマートフォンをモバイルルーターとして使えるようにするのが「テザリング」という機能だ。このテザリン...(2017/6/1 提供:KDDI株式会社)

技術文書
モバイルアプリ開発製品導入ガイド
 モバイルアプリの需要が爆発的に増大している。本稿ではアプリ開発に対するアジャイルのアプローチ、多様なニーズに応えるアプリの発見、顧客との関係を深めるアプリの利用について解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構成されている。■変化するモバイルアプリ開発■...(2017/6/28 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
なぜ、モバイル活用にEMMが必要不可欠なのか? 失敗しない導入ステップ解説
 EMM(エンタープライズモバイル管理)は、モバイルデバイスの業務利用をセキュアに実現するための統合ツールだ。その導入目的は、従業員が業務のためにデバイスを利用しても、自然に企業の運用ポリシーが守られ、セキュリティが保たれる運用環境を作ることにある。 従...(2017/5/19 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
iPhoneの容量不足を解決するテクニック10選
 PC並みのストレージを持つようになったiPhoneだが、その分アプリや写真、動画のデータ量もどんどん大きくなっている。iOSをアップデートするときや、写真や動画を撮影しているときに、「ストレージの空き領域がありません」と表示されたことはないだろうか。 肝心なと...(2017/6/13 提供:KDDI株式会社)

製品資料
VPNが不要になる? 次世代セキュリティツールが変えるモバイル戦略
 モバイルデバイスが不可欠なビジネスツールとして活用される一方で、その管理や安全性の確保にはいまだ課題が残る。スケジュールに迫られて、あるいは効率を考えて、従業員が社外秘のデータをモバイルデバイスで持ち出してしまうといった事態が、実際に多くの企業で起こ...(2017/4/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
Windows 10に震えるベテランユーザーたち
 このところ、Windows UpdateからWindows10への移行を催促されているユーザーも多いと思う。前世代のWindows 8とは違って、Windows 10の評判は“それほど”悪くない。新しいOSが登場すると必ず現れるのが「新しいものを否定する自称ベテランユーザー」だ。Windows 10に対...(2016/4/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
iPadでのWindowsアプリ活用、「見づらい」「操作性が悪い」の声にどう応える?
 スマートデバイスの業務利用を考える際、iPadは真っ先に検討したい端末の1つだ。操作性が高く、ビジネスアプリも豊富で、「Microsoft Exchange」などと連携したメール利用も問題ない。しかし、いざ導入してみると、業務での活用が進まなかったというケースが見られる。(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
Windows 10移行戦略ガイド
 Windows 10の登場によって、Microsoftのビジネスモデルと企業のデスクトップ戦略は大きく変わった。企業はこの新しいOSにどうアプローチするべきなのか? Windows 10時代のデスクトップ戦略、管理方法、そしてユーザー用アプリケーションの展開方法を大きく変える企業...(2016/1/27 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
設備資産管理を支える「EAM」の形――現場でも使われるツールに必要なこと
 企業設備資産管理(EAM)ソリューションは、文字通り、企業が持つ設備・資産の管理が目的だ。例えば、製造業の生産現場ではさまざまな設備・施設が使われている。それらが老朽化や損耗によって徐々に劣化し、保全管理が行き届かなければ生産遅滞や事故につながりかねな...(2017/5/31 提供:インフォアジャパン株式会社)

レポート
iPadは現場で真価を発揮する! モバイル活用ソリューションカタログ
製造、物流、医療など、あらゆる産業分野で「iPad」を中心としたモバイルデバイスの現場活用が積極的に行われつつある。手元で最新の情報や作業手順などを閲覧するだけでなく、高価な専用機器の代わりに製造現場で活用されるケースも少なくない。そんなモバイル活用ソリュ...(2017/5/26 提供:KDDI株式会社)

製品資料
「Oracle Cloud」を徹底解説――PaaSとIaaSはどう使い分ける?
 企業システムの構築・運用に必要となるさまざまなサービスを提供する「Oracle Cloud」。クラウドに注力するOracleらしく、その機能は多岐にわたり、その把握も容易ではない。そこで、あらためて同サービスの特徴・機能を確認したい。 Oracle Cloudの大きな特徴は、統一...(2017/4/3 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
生産性はJavaの3倍、ノンコーディングのアプリ開発で成功した19社の事例
 Javaの3倍近い生産性を実現し、マルチデバイス対応のアプリ開発ができるノンコーディング開発ツールの利用が拡大している。ツールの機能の進化とともに、パッケージソフト開発やクラウド環境への移行など、用途も多様化してきた。 例えば、池田糖化工業では、レガシー...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

レポート
Webサイトの75%で脆弱性を検出、企業がすぐに着手すべきセキュリティ対策は?
 近年、大規模なサイバー攻撃では、Webサイトの脆弱性を足掛かりにして、企業ネットワークへの侵入などを図るケースが多く見られる。このような攻撃の大部分は、インフラのメンテナンスで防げるはずだが、現実には定期的な作業を怠っている企業が多く、重要データの漏え...(2017/4/17 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

事例
VDI導入事例集:業種別デスクトップ仮想化活用法、大学・病院でも導入が進む
 「デスクトップ仮想化基盤(VDI)」は、さまざまな業種・業態で導入が進んでいる。デスクトップ環境(OSやアプリ)を仮想化し、ユーザーはネットワークを通じてサーバ上に仮想化された環境に接続できるため、データを端末に残さず、ユーザーには「情報漏えい対策」「ワ...(2017/4/10 提供:富士通株式会社)

製品資料
モバイル対応で過去の資産もムダにしない、資産管理システムの生かし方
 さまざまな設備や施設を効率的に管理することで、トラブル発生リスクや保全コストの抑制につなげるのが、企業設備資産管理(EAM)の目的だ。製造業の生産現場をはじめ、鉄道、道路、電気、ガス、水道など、さまざまな社会インフラで効果が期待される。 EAMの対象は、時...(2017/2/14 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
Office 365活用術:Box連携で業務生産性とセキュリティを同時に向上させる
 現在、多くの企業が「業務生産性の向上」と「セキュリティの強化」という、相反しがちな2つの目標に取り組んでいる。しかし、従来のオンプレミス型製品は、近年のビジネスに欠かせないコラボレーション機能などの面で制限があり、生産性が阻害される。 また、クラウド...(2017/3/14 提供:株式会社Box Japan)

製品資料
そのモバイル開発体制は大丈夫? モバイルアプリ開発のアプローチを再確認
 2017年までに顧客対応向けのアプリケーションは、100%モバイルファーストで開発されるという予測もある。ビジネスのスピード感が増し、IoT(Internet of Things)環境が進む中、必要なときに素早く情報にアクセスし、その場で簡単にデータや情報を確認したり、入力でき...(2015/12/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
悪用されるWebサイトランキング――セキュリティ脅威レポートの実態報告
 シマンテックが2016年に行ったWebサイト調査によれば、2015年における脆弱性の存在は78%、重大な脆弱性の割合は15%にも上った。その主な原因は、パッチ適用や更新がしかるべき頻度で実行されていない、という基礎的なものであった。 攻撃者はこうした脆弱性を見逃さ...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

Loading