「人材育成は現場が担う」、ISIDが目指す日本型人事管理の理想型とはタレントマネジメント製品紹介【第9回】

現場スタッフのパフォーマンス向上で組織力をアップする――電通国際情報サービスの「POSITIVE」が目指す人事管理は、現場に力点を置いた日本型のタレントマネジメントが特徴だ。

2012年10月09日 08時00分 公開
[吉村哲樹]

人事部だけのものではない人事システム「POSITIVE」

 「POSITIVE」は、電通国際情報サービス(以下、ISID)が提供する大手企業向け人事・給与・就業パッケージ製品。2002年に初代バージョンをリリースして以来、機能強化を重ねながら数多くのユーザーを獲得している。

 POSITIVEは、「人事管理」「給与管理」「就業管理」「従業員向けWebサービス」の4つの機能モジュールで構成される。これらのうち、人事管理は全ての機能のベースとなる人材情報管理の基本モジュールで、他の3つのモジュールは人材管理と組み合わされることで機能する。

電通国際情報サービスの佐藤博之氏 電通国際情報サービスの佐藤博之氏

 また従業員向けWebサービスは、各種申請や目標管理などのワークフローをWeb上で実行できる機能を持つ。ただ、Webに対応しているのはこの機能だけではない。POSITIVEの大きな特徴の1つは、人事管理や給与管理、就業管理を含む全ての機能がブラウザで利用できる点にある。ISID ビジネスソリューション事業部 BS営業ユニット ビジネスソリューション営業3部 営業1課 課長 佐藤博之氏は、POSITIVEが全面的にWebアーキテクチャを採用した理由を、次のように説明する。

 「POSITIVEを開発するに当たっては、人事部だけでなく業務現場でも広く活用できる人事システムを目指した。そのために、より現場で活用しやすいブラウザインタフェースで、全ての機能を利用できるようにした。現場に対して人材情報を広く可視化することで、マネジメント層は部下の情報を基に人材育成の計画を立てることができ、また現場の従業員も自身のスキルを登録して会社にアピールできる他、自身の現在の評価を知ることでキャリア形成のモチベーションを高めることができる」

 「人材情報の可視化」や「人材育成」といったキーワードからは、昨今注目を集める「タレントマネジメント」のソリューションが思い浮かぶだろう。POSITIVEもそういう意味では、タレントマネジメントソリューションだといえるが、ISIDではあえてタレントマネジメントという用語は使っていないという。その理由について、ISID ビジネスソリューション事業部 BS営業ユニット ビジネスソリューション営業3部 営業1課 シニアコンサルタントの角谷勝実氏は、次のように述べる。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。