2013年08月09日 17時00分 公開
特集/連載

真夏のタブレットOS最強決定戦! 最も評価が高かったOSは?週間記事ランキング

タブレット端末が市場に数多く存在する中、選定に失敗したくない人は各OSの特徴を熟知しておくことが大事です。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。

[TechTargetジャパン]

 今週最も多く読まれた記事は「Windows 8最強説も 個性光る4大タブレットOSを比較」でした。タブレットの使い勝手やできることは、OSによって大きく異なります。この記事では「iOS」「Android」「Windows 8」「Windows RT」について、それぞれの長所と短所を分かりやすく解説しています。その上で、タブレット用OSとして現在最強と評価したのがWindows 8でした。その理由とは? ぜひ記事をチェックしてみてください。

 2位の「『アングリーバード』仕掛け人に聞く、アプリで稼ぐ5大鉄則」は、累計ダウンロード数が17億件を超えたモバイルゲーム「Angry Birds」を開発した、フィンランドRovio Entertainmentの幹部ピーター・ベスターバッカ氏へのインタビュー記事です。“いかにヒット作を生み出す組織、チームを作るか”というポイントがまとめられています。

 3位には「私物スマートフォンを監視 合法と違法の境目は」が入りました。私物端末の業務利用(BYOD)を解禁することのリスクを解説しています。私物端末の監視は管理側としては当然必要なことですが、行き過ぎると社員からプライバシーの侵害で訴えられる可能性もあります。その境界線はどこにあるのか? 過去の判例を基にプライバシーやセキュリティに関する法的リスクを検証しています。

 5位の「米Appleになりたい? 米Microsoftの組織再編を深読みする」は、組織運営に関する記事です。従来の製品別から役割別へと組織を再編した米Microsoftの今後を業界アナリストが占っています。

 今週は、クラウド関連の記事も多く読まれました。4位の「本当に仕事に役立つのはどれ? 6つのクラウドストレージを比較した」、7位の「業界に広まる“クラウドアプリ格言集”から学べること」、10位の「クラウド業界を二分するオープンソース派と商用派、双方の言い分は?」がランクインしています。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...